2017/06/04

ホイール塗装

DIYせずにいられない性分です。
自転車で遊べないので、車を弄ります。

ジャッキアップします。
ホイールを全部外してジャッキスタンドに乗せます。
生まれて初めてのジャッキアップは、1時間ぐらいかかりました。
DSC_0899-001_R.jpg 
ジャッキはやましたさんからかりました。
ローダウンしてないのに、前はジャッキが入りませんでした。

ホイール外して、綺麗にして、
DSC_0901_R.jpg

ラバースプレー(剥がせる塗料)で塗装。
DSC_0902_R.jpg
液だれしないように薄く塗っていたら、表面がいまひとつテカテカになりませんでした。

渋くなりました。
DSC_0915_R.jpg

折角ホイールを外したので、キャリパーも塗ろうと思ったのですが、日が暮れてしまいました。
スポンサーサイト
2017/04/21

バンパー交換

穴が空いたバンパー。
お客さんを乗せるのに「運転大丈夫???」と言われたので、要らぬ不安を抱かせぬように、交換しました。

交換後。


交換前。

バックでフェンスに押しつけちゃいました。
バンパーの内側のステーが少し曲がっていて、まっすぐにするには板金といわれたんだけど、そこは直さなくても走行には支障ないっていわれたので、そのままです。
2016/12/31

撮り鉄、JR飯田線、秘境駅

既に休みに入った人も多いTLをちらっと眺めて、ふと思い立ちました。 

酷道ドライブでR418、R512を走ったときに、鉄道が通ってるのは知ってたのですが、秘境駅でマニアに有名らしい。

で、車でさっと行って見てきました(片道4時間ですが)

JR飯田線、為栗(してぐり)駅。
車では、天竜川の対岸までしか行けない。
駅に行くには、徒歩で吊り橋を渡る。
DSC_0516_R.jpg

DSC_0510_R.jpg

ちょうど、郵便局の方が来たので、まさかと思って声をかけてみた。
配達だそうだ。
胸ポケットに年賀ハガキが見える。
徒歩で片道50分かかるらしい。
一緒に行くか?と誘われた。
ハイキングの人など全然来ない山なので、道が悪いから素人にはお勧めできない、といって、線路の横の踏み跡みたいなところを歩いて行った。
DSC_0507_R.jpg

飯田線の秘境区間は、天竜峡から新城の間。
列車に乗れば1時間半の行程。
山で隔てられたR151からR152を行き来するし、道路に面してない駅が多いし、県道が通行止めで凄く遠回りしないといけないなど、車でのトレースは困難。
全部回りたければ、秘境号にのればよいのだけど。

2016/11/23

伊豆ドライブ

急に寒くなったので、あったかそうなところに行ってみました。

伊豆、明け方の車が少ないうちに、海沿いの道をひた走って、弓ヶ浜。
DSC00668_R.jpg 
東京は天気が悪かったみたいですが、晴れ間が見えます。

天城峠を通って、西伊豆スカイライン。


「誰か!」

アクサダイレクトのCMのマネです

風邪がものすごく強いですが、寒くはないです。


土肥港から駿河湾フェリーに乗ってみようと思って降りますが、山道が長すぎて疲れたので、あきらめました。


途中で見かけたビート軍団


ちぎられました。

2016/11/12

酷道ドライブR405、R353,R292(滋賀草津道路)

賀草津道路がそろそろ冬期通行止めにはいるので、直前に行ってみましたが
DSC00639_R.jpg 
既に通行止めになっていました。

先に、酷道R405,群馬県側、野反湖
むっちゃ寒いです。


キツネがいました。


このカーブが、R405の群馬側端点です。


戻る途中で、間違えて簡易舗装の林道に入ってしまい、ドロドロに。




なんだか物騒な名前の滝。

寒いし怖いので行きませんでした。


R292どんな感じか見に行こうと、草津まで。


殺生河原までで通行止めでした。


今度は、同じく群馬県側で切れている国道。R353。酷道ではありません。
奥四万湖の公園。




2016/11/06

酷道ドライブR352、枝折峠、只見湖、尾瀬

紅葉狩りにちょうどいい酷道はないかと調べていたら、R352が11/10から冬季閉鎖されるということで、行ってきました。
素晴しい紅葉でした。
DSC00589_R.jpg 

夕方に東京を出て、10時頃に小出ICに到着。
しかし、周辺で食事と車のチェックが出来そうな場所がなかったので、なんとなく都市部=柏崎移動。
柏崎から戻る途中で都内で見慣れた地名を見つけたので、思わず記録。


道の駅ゆのたに深雪の里で車中泊。


通行止めの掲示。今日はR352を通れる今シーズン最後の週末。


道の駅は、9時になると面白そうなお店が出ていました。

切り出し買おうかなと思ったけど、やめときました。

道の駅近くの井口新田交差点あたりからスタート。


最後のガソリンスタンド。

本当にこの先、檜枝岐まで90km近く、ガソリンスタンドはありません。
もっとも、柏崎で満タンにしてあったので、給油はしません。

県道518との分岐。
ここからいわゆる酷道区間が始まります。


ちょっと標高が上がると、山が紅葉で染まっている。
テンションが上がる。


ガードレールはありますが、落ちたら死ぬような崖っぷちです。


枝折峠。
霧で視界がほとんど効きません。


景色が見えないし、寒いので、枝折峠をそそくさと出発します。


霧で向こうが見えないスノーシェッド
何かかっこいい。



只見湖に近づくと、更に山が真っ赤です。


山を下りてくるときに三角屋根が見えたので、寄ってみました。
銀山平。

こういうところに止まってみたいなぁ。
1人で一棟借りるとさみしそうだけどwww

小出から枝折峠に向かう途中でも、積雪注意が出ていたけど、まあ、大丈夫でしょう・・・


只見湖


途中で、奥只見ダム=ホワイトアウトのロケ地で、日本一高い重力式コンクリートダムと教えて貰った。
<
でも、ダムは湖の反対側で時間がかかりそうなので、あきらめました。

紅葉が見事。



洗い越しが沢山あります。


金泉橋。新潟・福島県境。


湖を離れ、むしろ狭くなった道をダラダラと走っていると・・・


道路に雪が!
ノーマルタイヤ、タイヤチェーン無しなので、焦ります。


尾瀬

前回の立山といい、ここを目指して観光に来る日とが沢山いる場所なのに。
なんとなく来てしまって、とてももったいない。

只見湖よりこの辺りの方が寒いのか、山は「枯れ木も山の賑わい」状態でした。


七入

たまにカラマツ林があって、見事な黄金色の紅葉。

ここまで山道を100km程走って、だいぶ飽きてきましたwww

湯西川ダム


この後、東北道で50km渋滞に行く手を阻まれ、栃木から加須まで下道を通ったりして、夜遅くに帰宅。
2016/10/22

酷道ドライブR471、安房峠

前回、パンクで撤退した酷道峠に再挑戦。
今度は逆から。
紅葉が綺麗でした。
DSC_0370_R.jpg

金曜日に夜のうちに、安房峠の手前、道の駅 風穴の里に移動して仮眠。
結構寒かったです。
 

安房峠旧道。紅葉が綺麗です。


峠まで行くと、紅葉は終わっていました。


国道158~471を通って、古川まで移動。
昼飯を探してる途中で見つけた自分と同じ名前の地名。

行ってみたけど、地名表示が全然なく、何の変哲もない集落でした。

いよいよ再挑戦。


紅葉が綺麗でテンションが上がりますが、道は狭くて荒れているので、ゆっくり走ります


峠のお地蔵様


紅葉が綺麗なので、秋っぽい場所を見つけて写真を撮ってみました。


動画


この後、次なる紅葉を求めて、湖に行ってみましたが

日が暮れてしまいました。

2016/10/16

酷道ドライブR299 険道93号

タイヤを交換、ドラレコに偏光フィルタを追加。
相変わらずチャリに乗れないので、ドライブ。

天気は良いけど、空気は涼しくて、とても気持ちが良い。


今日は車が少なかったです。


ただ、運転の方は、何かぎくしゃくして、イマイチでした。
タイヤの感覚になれてないのかな・・・

車載カメラの映像はとても見やすくなりました。


帰り道は険道93号を通ってみたけど、何もない只の山道でした
2016/10/01

酷道ドライブ R471 楢峠

次なる酷道、楢峠。
パンクで撤退となりました。

金曜の夜中に出発。
SAや道の駅で仮眠をとりながら、400km移動。
中央道→伊那IC→R361→高山→R158→飛騨清見IC→東海北陸自動車道→砺波
開田高原や、合掌造りで有名な白川郷などがあったのですが、真っ暗だしスルーです。
もったいない。
こんなことなら、さっさと高速使って移動すればよかったです。

明け方に、富山県砺波市に到着。
早速R471に突入します。

R471に入ります。

朝で寝ぼけているのか、そういう土地柄なのか?近づいても動じない鳩に通せんぼされる。

この先にも鳩やら轢死体やら何羽もいました。

道の駅利賀 TOGA みどりの一里塚
静かで涼しかったので、ここで追加の仮眠&朝食。


一度大きく北向きに戻って、R472と合流して、楢峠に向かいます。


富山市21世紀の森 から、一気に道が狭くなり、酷道の様相を呈します。

ここからは動画で。


民家もなにもないところで人が歩いていて、その先に前輪がパンクした所沢ナンバーのデミオがとまってました。
帰ってからtwitterで検索したら、この方でした。


富山・岐阜県境。


峠から1.3km手前で左前輪がパンク。


タイヤサイドが割れていました。
擦り傷がなかったので、リム打ちかもしれません。
パンク修理キットでは直らなかったでしょうが、テンパータイヤがあるので自走できます。


スペアタイヤに替えて、ナビを確認したところ、峠まで1.3kmだったので、峠までは行ってみることにしました。


楢峠

県道でもこのレベルはなかなか無いのではないかという、山奥感。

スペアタイヤで400kmは走れないし、岐阜側に降りても215/45R18なんてタイヤは無いと思ったので、富山に戻ります。

さっきの車。

所沢ナンバー。同じ関東から来て、物好き&災難なことです。
シルバーのマツダ車ということで人ごとに思えません。

まだ歩いてたら拾って上げようかと思いましたが、ロードサービスに無事回収されたとのことでした。

携帯がつながるところまで戻って、自動車関係のお店に電話して、スーパーオートバックスにサイズの合うタイヤがあることが判ったので、交換してもらいました。
これで、タイヤ3モデルちゃんぽんになってしまいました。

DUNROP SP SPORTS MAXX(純正)
KUMHO ECSTA(正月のパンクで交換)
DUNROP LE MANS LM704 ←NEW


なぜか、ナンバーフレームを衝動買い。


帰りは、R360を通りました。
所々狭いけど、綺麗で走りやすかったです。


最後に、R471の岐阜側をチェック
国道なのに、行き先案内が消されている、不気味な案内標識。


この後、R471でSUVと先行後追いバトルしたり、平湯温泉で一休みしながら帰宅しました。
山梨からは眠くて覚えていない・・・
2016/09/23

酷道ドライブR418(岐阜県恵那市~福井県大野市)

いよいよ、R418の未走区間です。

岐阜県~静岡県は、注意報・警報が出るほどの雨だったので、傘置きダムを見に行きました。凄い水量でした。


笠置ダムからのR418不通区間を迂回して、付け替えられた新しいR418に入ります。


美濃加茂の辺りで車が多くなりスピードが落ちる。

山県市葛原に入って、集落の中の狭い道を走る。
道が狭いので、自転車と歩行者は山側を通れという看板が出ている。


葛原の集落を抜け、登った先は尾並坂峠
景色も何もない


樽見でR157に合流。
方向案内に、温見峠が出てきました。

アタック前に、道の駅うすずみ桜の里 ねお で休憩。


お昼御飯は、岩魚の親子丼。
色が綺麗です。
味は淡泊です。
身は歯ごたえがあります


郷能。大型車の最終転回場。
ここから道が細くなります。


郷能の集落を進むと・・・


「落ちたら死ぬ」
これを見に来ました。


狭い。


洗い越し


道の様子は動画参照



温見峠に着いたとき、ちょうど霧が出てきて、視界が悪くなってきてしまいました。


下ります。


温見ストレート


下りの様子も動画で。


下っていくと、広い対向2車線道路に出て、麻那姫湖の通ります。


R418の起点は、福井県大野市神名町だったが、道路の付替で起点が変わったらしい。
R157とR476の交差点が起点の様だ。


それに気がつかず、R157をひた走って、石川県まで行ってしまったから、帰るのが大変でした。