2017/03/20

Surface Pro2 メインマシン化とミニディスプレイポート-DVI変換アダプタの不具合

Surface Pro2とドッキングステーションを持っています。
cbd72e83.png

性能はそれなりに悪くはないので、メインマシンにしようかと思ったこともありましたが、インターフェースの問題があり、実行できずにいました。
最近、パソコンの使い方が変わってきて、
  • 動画編集をやらなくなった
  • 音楽再生環境を、(クソ重い)iTunesからMusicBeeに移行した
といった使い方の変化が出てきて、残る課題は外部ディスプレイ接続でした。
Surfaceは、本体およびドックにミニディスプレイポートがあり、外部ディスプレイ接続が可能です。
cde8d19d-301c-47e2-a002-0f0697f96574.png
 a39f35c2-b64e-4dda-b466-6ea0f1e9eed1.png
早速、ミニディスプレイポート→DVI変換アダプタを介して、手持ちのディスプレイ(三菱 RDT233WLX)に接続しました。
すると・・・
画面が暗転する不具合に見舞われました。

動画再生をすると、画面の輝度変化や複雑な画面変化の時に
Officeなどのアプリを使っていると、頻繁に
画面が点滅します。

ハッキリ言って使い物にならない。

Surface側のビデオデバイス側の過負荷と考え、買い換えも検討しましたが、お金がないのでポンポン買い換えるわけにもいかず、棚上げになっていました。

ふとした業爆のある夜、職場PCを持ち帰って接続したところ、同じ現象が発生。
ここで、本体側の問題ではないことが切り分けできました。

まさかアダプタか?ということで、
エレコム ELECOM  AD-MDPDVIBK [Mini DisplayPort用 DVI変換アダプタ ブラック]
100000001002293234_10204.jpg
を買ってきたら、全く問題なしでした。

PCを自宅に持ち帰ったときもつなぎたいのでもう一個
100000001003370191_10204.jpg 
左から、ミヨシ、ELECOM、ノーブランド(不具合品)
DSC00882_R_20170320113221bda.jpg 

DSC00883_R_201703201132224ef.jpg
実はELECOMのケーブルだと、ほとんど気にならないレベルだがノイズによる画面の乱れが出ます。
ミヨシのアダプタの方が、フェライトコアの効果か、ノイズが皆無なので、ミヨシ製を常用します。
スポンサーサイト
2016/11/11

いろいろ更新

先日、それは綺麗な紅葉を見てきたのですが、blogに書こうとしたら、画像加工ができない(保存ができない)。
で、いろいろ調べたら、NASのファームウェアがだいぶ古かったので、更新。
NAS.jpg 
スマホもバージョンアップが来てたので更新。
DSC00526_R.jpg 

ついでに、PCに入れてる音楽ソフト itunes、Media GO を更新
いろいろ設定を弄っていたら、プレイリストでファイル行方不明で「!」マークばかりになっていたのが直った。

作業再開

2011/12/10

スマートフォン祭

手元にあるデバイス
DSCN2063.jpg
スマートフォンじゃないのが混ざってるけどw

au IS11CA(上段中)
メイン機
アンテナの性能か、通信し過ぎて規制受けるのか、電車で移動中のハンドオーバーがうまくいかないのか、通信がよく切れます。
すでにいろんなところに連れて行って、ボロボロになってきてます。

EMOBILE S21HT Touch Diamond(下段右)
USBテザリング&会社メールチェック用に利用。
電池の持ちが悪すぎるのと、画面が割れたので、2年縛り終了を持って退役。

EMOBILE S41HW(下段中)
Pocket WifiとUSBテザリングと、サクサク動くのでとても良い。
ボタン・タッチキーの配置が独特なので、操作でちょっと戸惑う。
薄型軽量だけどバッテリーはまあまあ持つ。

だけど、会社のExchangeに接続できませんでした。
Exchange ActiveSync Policyで決められた機能に対応してないようです。

EMOBILE S31HT Aria(下段左)
S41HWで会社のメールが使えないので、社内で利用実績のあるモデルを選択。

日本語入力でWnnに慣れてないのでATOKを入れる必要があったけど、それ以外は俄然使いやすい。
レスポンスもいい。

アンテナが弱い。
窓が一つもないプロジェクトルームに押し込められてからは、ドアが開いたときにしか電波が取れない。
Touch Diamondはかろうじてアンテナ1本は立ってたのだけど・・・
2011/08/01

MSX2 SANYO WAVY23

遅ればせながら、扇風機を出そうと押入れをゴソゴソしていたら出てきた。
MSX2、WAVY23。
DSCN2015.jpg
これでBASICから初めて、PSGやFM-PACをMMLで鳴らしてみたり、マシン語でシステムコールしたりいろいろ勉強しました。

こいつでプログラミングを覚えたころを妙に再現している歌。

2004年にこんな曲作ってるMOWAIC.WAVって神でしょ。
2011/07/30

液晶ディスプレイ購入

お仕事のお勉強で、Windows系のサーバーを4台同時進行で構築しています。
仮想サーバはウィンドウサイズを1024×768で開いているので、ウィンドウをデスクトップ上に重ねて並行作業します。さらに、待ち時間に別の(私的、息抜き的な)作業もするのですが、画面切り替えているうちになんだかわからなくなります。

・・・「画面が狭いな」と思いました。

これまで使っていたのは、解像度1280×1024の17インチ液晶ディスプレイ、SONY SDM-73S。
2003年発売のモデル、8年ぐらい使ったか。
SDM-S73_HCR.jpg

液晶ディスプレイの最近の製品動向なんてわからなかったので、少しお勉強。
パネルの種類やら、最近はバックライトがLEDになってるやら。
画面サイズはいろいろあれど、ワイド型だと解像度は1920×1080、ドットピッチが違うだけみたい。

で、吉祥寺ヨドバシカメラに行ってTN液晶、VA液晶、IPS液晶を見比べて、IPS液晶のRDT233WLXを買ってきました。
RDT233WLX.jpg
オイラはスピーカーは外付け派なので、スピーカーなしモデルが希望でしたが、そうなるとローエンドかハイエンド両極端になってしまいます。
このモデルは、ショボイ存在感ナッシングなスピーカー内蔵なので、スピーカーが邪魔にならなくてGoodです。

よく考えてみたら、TVもPCディスプレイもSONY一筋だったのですが、今回初めてSONY以外の「画面」になりました。

机の上に置いたらこんな感じになりました。
DSCN2014.jpg
入力がD-SubのアナログRGB、KVMスイッチを利用、ディスプレイケーブル長めなので、ちょっとぼけてしまってます。
LEDバックライトのせいもあって色味に違和感を感じているので、しばらく使いながら調整だ。
2011/02/19

ASUS P5Qシリーズがゴミマザーボード過ぎるので撤廃

以前、我が家のPC2台のマザーボードを、ASUS P5Qシリーズに入れ替えたのだけど・・・

「仮想箱庭」Core2Quadに16GBメモリを搭載して、仮想サーバをたくさん動かすPC。
IMGP1883.jpg
常用後しばらくして、突然のシャットダウンを繰り返す。
CPU、メモリ、電源を交換しても直らないので、マザーボードを交換。
Intel DG43GT
DG43GT_sm.jpg
BIOSを最新にしたら安定しました。

「メインPC」
たしか、動画編集のためにPCをスペックアップ→MiniITXで冷却が追いつかないのでMicroATXに変更。
といういきさつで、かなり適当にパーツを選んだと記憶している。
USBにデバイスを接続していると起動しないことがあったのだけど、PCを常時稼動しているので気にならなかった。
ところが、今月のWindows Update自動更新による再起動に失敗して、一日ハングアップ。
こんな不安なシステム使えるか、ということ、マザーボードを交換。

Intel DG41DN。
DG41CN_lg.jpg
基盤が黄色いと、安物っぽくて萎えます。
でも、BIOS最新にしたら安定。

なぜかYoutubeの動画再生が安定した。
前は、こんなHDのAMVなんて転送レートがた落ちで再生できなかった。
ネットワークが遅いものだと思ってたのだけど、マザボ側のオンボードNICの問題だったみたい。

ちなみにこれは、海外版MAD、2008年Japan Expo、AMVコンテスト1位、お気に入り。

P5Qシリーズがゴミ過ぎるので、ASUSはもう買わない。
2011/01/23

Windows Storage Server 2008 インストール

今度の仕事でMicroSoft Failover Cluster(MSFC)を構築しますー。
クラスタを自分で構築するのは多分7年ぶりです。
当時はMicroSoft Cluster Service(MSCS)って呼んでいたかと思います。

(そういえばあの時の顧客=某旅行会社の担当者(女性)どうしてるかなぁ・・・)

インストールの練習したいので、自宅で検証用の鯖を立てます。

昔は物理サーバでこんな構成を作らなければならなかったんです
仮想箱庭WSS01-SCSI
(・・・つくりましたよ。当時でMicroATXで使い物になるママン板がなかったので、ATXのママン板のPC組んでたから場所とりました)

今は仮想サーバで全部作れる。素敵。
仮想箱庭WSS01-iSCSI
いい時代になったものだ。

まずは自宅の検証サーバ「仮想箱庭」に、Windows Storage Server 2008(WSS)をインストールします。

作り方は懇切丁寧な他のblogをググってらうとして。
おぼえがき。

2011年1月22日時点で、MSDN Subscriptionに Windows Storage Server 2008 R2 Multi Language のISOファイルがリストされているけど、Bootableではないようだ。これからBootしてインストールはできなかった。

仮想マシンにメモリ1GB割り当てだと、Windows Update→Service Pack2インストールの途中でエラーが発生して、サーバの動作が不安定になった。2GB割り当てたら安定した。常用稼働時にどれだけメモリがいるのかはこれから検証。

WSS2008はAdministratorのパスワードにデフォルト値が設定されるので、みんな初回ログオン時に驚くと思う。
別のインストールイメージ Windows Storage Server 2008 Tools に含まれている WSS2008_OEMGUIDE に記載されている。

WSS2008本体のインストール後、Windows Updateを繰り返し、5時間ぐらいかかってまだ終わりません(´・ω・`)

参考
CPU Core2Quad Q9560(VMへの割り当て=1Core)
RAM 16GB(VMへの割り当て2GB)
HDD eSATAポートマルチプライヤ経由外付けディスクアレイ(RAIDなし、1スピンドル占有、)
2010/12/19

PC更新

2ヶ月ほど前に、PCの更新に関するエントリを書きましたが、自宅用メインPCを更新。

昔買ったNLXという規格?のPCケース。
今から10年ぐらい前、職場で使っていたもので愛着があった。
NLX_FRONT.jpg
当時のデスク。
DSCN0012.jpg

いわばPCの青春号です。
これにmini-ITXのマザーボードを入れて使っていた。

でも、最近のPCはCPUとチップセットの発熱が増えているので、PCケース内の排熱にFANの増設が必要。
これがうるさかった。

近頃、息継ぎのようなフリーズが多発。
なんの前触れもなく文字入力中に10秒ぐらいPCが固まる。
これはかなりのストレス。

blog更新中のデスクトップ。
全画面キャプチャ 20101219 163000
twitterクライアント、IEブラウザは4画面ぐらい、iTunesで音楽かけっぱなし。
こんなんで重いわけない。

PCの構成は、
CPU: AMD Phenom 9350e
RAM: 4GB
チップセット: nVidia 6100
SSD: Intel MLC 80GB

CPUは遅くないが、マザーボードが旧世代のローエンド。
そこで、、PCを組みなおすことに。

近頃はすっかりAMDのCPU対応マザーボードはAM3に移行してしまっていて、AM2なPhenom対応のマザーボードは新品での入手が困難、というか見つからない。mini-ITXとなるとなおさら。
そこで、CPUは先日Hyper-V検証機からはずした Cpre2Duo E8500を使う。
時代はCore iだということはわかっているけどね。
Intelでもmini-ITXは選択肢が少ないので、microATXに回帰。
ASUS P5QPL-AMを選択。
P_500.jpg


ケースはmicroATX対応静音キューブケースの定番?
Antec NSK-1380も気になったが、特殊形状の電源が故障しやすいと知ったのでこちらを採用。
SilverStone SG02F
4997401140168_02l.jpg
ケースのいたるところメッシュ上でスカスカなので、埃フィルタと遮音のための目張りをする。
前面のアクリル製パネルは作業しただけで小キズだらけになってしまった。

ケースFANにSANYOの8センチ800rpmをひとつ追加。
OSはWindows7 Ultimate。
枯れた部品構成なので安定している。
3Dゲーミング以外の用途なら十分。
DSCN1965.jpg
本体はほとんど無音。
一番左のRAID-1な外付けHDDの音だけが聞こえる。
2010/10/15

Windows 2008 Server on Dell Latitude E4300 デスクトップ使用断念

ハイパーバイザーが動いて、仮想マシンを稼働できるようになったDell Latitude E4300です。
やっぱり休止状態がつかえないのは致命的。
サーバーOSなのでしょうがないのですが。
PCを落として、移動して、PC立ち上げて会議・・・なんてやっていると、PCでメモをとれるまでの間に議題が一つ終わってしまったり。

それに、サイドバーがつかえないのも不便。

OSはWindows 7に戻して、VMWare Workstationで運用することにしました。
また環境の移行か・・・。
2010/10/09

BIOS setting for Hyper-V on Dell Latitude E4300

解決

Virtualization Support
全部 Enable は NG。

VTx=Enable
VTi=Enable
Trusted Execution=Disable(!)

ハイパーバイザーが動くと、Hibernationがつかえない(ようだ)。
この状態で使用3日目だが、かなり不便。
プロジェクトに入って会議が増えたらかなり困りそう。
VirtualMachineのラボは家で作って、外からリモートで使う方がよさそうだ。