2005/10/24

たいへんだ!

玉虫号バラシ中、トップチューブからワイヤー抜いちゃった!

KLEINのワイヤーがトップチューブ内蔵式のやつは、中にガイドがあるわけではないので、一度抜くと通す、というか出口からチューブの外にワイヤーを出すのが大変。

ちなみに、ふつうはインナーワイヤーにライナーかぶせてチューブ内を貫通させ、トップチューブのワイヤー出入口にワイヤー通路を確保してからインナーを抜くのだが。
自転車いじるのが久しぶりなのでつい・・・。

いろいろ考えたあげく、先っぽをカギ型に折り曲げた銅線を、反対側から通した銅線の輪っかで「釣る」ことで解決。

字で書くと何が何だか判らんな。

スポンサーサイト
2005/10/23

自転車再塗装入門(青春号レストア)

ずっと前に青春号を再塗装したときの工程を覚え書き。
そろそろ忘れそうなので(w

写真撮っておけば良かったな。

【準備】
スクレーパー(塗装はがしへら)1本
真鍮金ブラシ(たわしサイズ、歯ブラシサイズ、各1~2本)
Holts 塗装はがし剤
Holts プラサフ(サーフェーサー) スプレー1缶
Holts カーペイントスプレー(300ml缶2本~、お好みで)
Holts ウレタンクリアコート(お好みで)
Holts コンパウンドミニセット

ヘラとブラシはDIYショップで、Holtsのはカー用品店で手にはいるでしょう。
あと、ブルーシートとか新聞紙とかもあった方がいいかも。

【工程1.塗装剥離(荒削り)】

この作業が一番大変かもしれない
塗装を荒く削り落とす。
フレームに塗装はがし剤を塗る
2~3分たったらヘラで荒く削り落とす

塗装が柔らかければはがし剤はいらないかもしれない。
塗装よっぽど薄くなければ、サンディングは効率最悪かもしれない。

コツ
ヘラの角度は浅め、あまり力は入れない。
力を入れないと落ちない塗装は後工程にまわす。
はがし剤が乾き始めると塗装がとれにくくなるので
一度にはがし剤を塗る範囲はフレームのチューブ片面15cmぐらいにしておく。
細かい削り残しはキニシナイ。

【工程2.塗装剥離】

ヘラで落としきれなかった塗装を落とす。
フレームにはがし剤を塗り、金ブラシでこする。
フレーム中央部は大きなブラシでやると効率がいい。
ラグなど細かい部分は小さなブラシでコシコシやる。

はがし剤の残りを拭き取ったあとは、400番ぐらいのヤスリで磨いたのと似たような状態になる。
鏡面なるぐらい磨いてもいいのかもしれないが、めんどくさいのこのまま塗装にはいる。

【工程3.下塗り】

はじめに持つところを作るために、木でT字型に作った「足」をシートチューブにつっこんだ。
これで仰向け自立&フレームに直接触れずに作業できる。

プラサフを塗る。
おいらは重ね塗り2回。
地の色が見えなくなったら1回目終了。

コツ
スプレーの吹き始め、折り返し、拭き終わりはフレームに塗料がのらないところにする。
フレームの上はスプレーが通り過ぎるだけ。
こうしないと塗りムラができる。
スプレーを大きく振り回すことになるから、作業は当然屋外。

【工程4.塗装】

プラサフと同じ要領。
薄く塗って1時間乾かし、を繰り返す。
厚く塗ると、泡が出たり、液だれしたり、乾かなかったり、ロクなことがない。
おいらはパールホワイト2回→パールホワイト上塗り2回→クリア2回で1日がかりだった。

実はウレタンクリアコートは使わなかったのだけど、2液性ウレタン塗料は塗膜が非常に硬くなるので、最後の仕上げにはイイと思う。

【工程5.磨き】
ヤスリ&コンパウンドで磨く。
時々削りカス・コンパウンドを拭き取って様子を見ながら進めるのがよい。

1.2000番紙ヤスリで全体にうっすら削る。
力を入れるとクリアの下まで削ってしまうので注意。
ほんとにこするだけ。
時々削りかすを拭き取り、細かい傷がムラなくつくまで削る。

2液性ウレタンで塗った場合は、硬いので力を入れないと削れないかもしれない。

コツ
塗装面の凹み部分には削り傷が付かない。がんばって削るとまわりの塗装を削ってしまうので、適当なところであきらめる。
凸凹が目立つときは後でパテなんかを使いつつタッチアップする。

2.ラビングコンパウンドで磨く。
最初に粗目で磨く。ヤスリで削った傷線が消えて面が薄曇りになる。
一度では加減が判らないので、コンパウンドを拭き取って、ムラなく薄曇りになるまで繰り返し。
次に細目で。要領は同じ。

コツ
ここではピカピカにしない。
ムラのない曇りができるように。

3.マイクロコンパウンドで磨く
ここでがんばって磨き込む。

コツ
ちょっとずつ磨きだしてはコンパウンドを拭き取って確認。
ピカピカになってくのがうれしくてやる気が出ると思う(w

最後にワックスでもかけてできあがり。

2005/10/22

トランシーバー

前から自転車で走りに行く時用にトランシーバーが欲しいな、と思っていて、
先週「イニシャルD」を見て、耳の後ろに「クルクル」がついてるイヤホンが耳が軽そうでイイなぁ
とおもっていたら見つけた。
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/79687318

ようするにイヤホンのアタッチメントなわけだ。

2005/10/16

頭文字D THE MOVIE

もうやってる映画館が少ないので、上野で見てきた。

配役・ストーリー進行は原作&アニメと違うことに文句をいう向きもあるようだが、そんなことは(゚ε゚)キニシナイ!!
ハマっていたゲームの方なんて原作全く関係なかったし(w
アレは香港映画だし

実写で見るとスケール感がリアル。
ガードレール10cmなんて映画でもそうそうできるものではないのだなぁ、とか
自転車で榛名山から伊香保に下ってみたいなぁ、とか(w
あと、香港製のくせに日本の伊香保や渋川あたりの雰囲気がちゃんと出てるのがおもしろかった。

吹き替え版を見たのだけど、声優はアニメ版と同じ人を当てて欲しかった。
あと、オヤジ出過ぎ。おもしろいからいいけど。

2005/10/02

1ヶ月ぶりのロード

なるしまEeeランに誘われたのだが、朝起きると珍しく腰痛だったのでDNS。 ふて寝して10時過ぎに起きたら良くなっていたので、軽く60kmほど多摩サイを流してきた。 40kmを超えるまでは足がだるくて重くてつらかったけど、それから後はやっと足が回るようになってきた。 TS320008_2.jpg 途中、移転したY'sParkに寄った。広くてイイじゃないですか。 あと、店内に駐輪スペースがあるのがいい。 隣がセブンイレブンなのもイイ。ただ、うちからは遠くなっちゃったけど。
2005/10/02

KLEIN attitude 変身計画

KLEIN Attitude「玉虫号」が硬くてしんどいので、長距離・担ぎ対応・レース用に1台こさえて、玉虫号は里山遊びように変えていこうと思う。

手始めにタイヤをKLEIN標準の太さ2.30の「Death Grip」に変更。
太い割にタイヤ重量は軽いし、ラウンドタイプで接地面積が大きくないので軽くていい感じ。グリップ感は乏しいのは気になるが、横方向のグリップがちゃんとあるのでスリップするわけではなし。とりあえず@山を何周かして、2.0気圧でいい感じが出てきた。

しかし、フロントをインナーに入れるとタイヤがディレーラに干渉するという不具合発生(w
調整で直るかなぁ・・・。これ以上チェーンライン外に出ないからなぁ。