2007/05/28

狭山湖

TOJの応援にも行きたかったが、なんとなくMTBに乗らないと不安なので一人で狭山湖に。

サドルが後退気味だったのでロードと同じに合わせ、フロントフォークのロックアウト/ブローオフの調整の仕方も覚えたので乗り味の確認。

ポジション出したから?GWに乗り込んだから?黒炭号に慣れてきた?
狭山湖の外周路をこんなに簡単に速く走れたのは初めてかもしれない。
給食センターから六道山公園まで10分、六道山公園から湖北周りで狭山湖堰堤まで15分。

CA330383_R.jpg

CA330384_R.jpg

今度はタイヤの空気圧を変えながら来た道を逆戻り。
2.25BARがベスト。


自転車乗り入れ禁止の頑丈なフェンス。
英語併記なのは外人ライダーも来てたからかな。
CA330388_R.jpg


スポンサーサイト
2007/05/20

大名栗2回目

2回目

さわらびの湯からく林道分岐までノンストップ。

CA330377_R.jpg
前日の雨で道の状況が気になったけど、走ってみれば埃っぽくない。
がけ崩れ通行止めにもなってたんでバイクも少なめでGood。

黒炭号はある程度のスピードに載せるととっても気持ちよく走る。
そんなことがわかって調子に乗ってたら、きくかわさんが止まっていた。
後続待ちかと思って「休憩はまだ先ですよー」といったつもりで抜かしてしまったが、実はパンクで止まっていたとのこと。
気がつかずすいませんでした。

その後、パンク修理して走行中に転倒までしてしまったそうで、左腿を打って自転車乗り降りもままならないといった状態。それでも自走で帰ったのだから恐れ入ります。
2007/05/19

新車選ばせ@なるしまー

こないだの多摩川オフのときにトラペジウムさん
「なるしまに行こうと思ってたけど臨時休業」
とのことだったので誘ってみた。
オイラも最近タイヤが減って(古くなって?)パンクが多くなったのでタイヤを買いに。

板に書いたら6人、飛び入りいれたら8人集まった。

本人は意外と背が低いと勘違いしていたらしく「サイズがない」といっていたが、採寸してもらったら意外と選り取りみどりなことが判明。結構いいやつを選ばれてました。ウラヤマシス。
2007/05/13

Fサイ多摩川オフ

金曜の晩は仕事で(いい意味で)脳が活性化してしまったため夜更かし。
翌日(昨日)は寝不足のまま祖父の三十三回忌に参列。
慣れないことをしたからか、夕方あたりから頭痛。

日曜の朝も頭が痛くてグダグダしてたら10時。
週末1日ぐらいは遠乗りしたいのだが、こんな時間だし、頭痛いし。
っつーことでFサイ多摩川オフに参加。

登戸は間に合わないので、電通大グランドあたりから多摩サイに出て上流を目指す。すぐにしんがりの古紙さんに追いついた。人も多いのでこのままのんびり府中まで。

昼食場所で14時までマターリしたあと、「走り足りないので大垂水へ」と言い残して単独で上流に向かうも、気が変わって野猿街道から津久井湖方面にルート変更。
走りながら「宮ヶ瀬まで行っちゃうかな、相模湖ピクニックランドから大垂水に戻るかな」とか考えていたら、川尻で後輪パンク。チューブ交換はしたけどパッチを持っておらず後がない。やる気もない。
戦車道路→多摩ニュータウン通りでおとなしく帰る。
2007/05/05

大名栗林道

(いろいろあって一週間遅れなわけだが・・・)

王滝対策・・・というわりにバイクの準備は適当だったりするのだが。

青梅集合。

駅前交番の前で準備していると、ものすごい勢いで、常連と思しき犬がおじさんを引っ張って交番の中へ。
ワンちゃんバケツの水をごくごく。今日は暑いからね。
CA330353_R.jpg

青梅から40分ほど、トンネルを3つ通って さわらびの湯 に集合。
車組と合流。

のんびり準備して出発。

有間ダムまで登って、名栗湖畔を少し走ったら右に曲がって林道へ。
ややきつめの登り一本調子。
前2日で舗装路の登りはおなかいっぱいだし、暑いので、川や沢などで休憩取りながら1時間ほどで登る。

林道入り口。
向こうから何台もオートバイが出てくる。
CA330360_R.jpg

最初は標高850~900ぐらいを登ったり降りたりが続く。
砂利道の登りは結構大変だ。

林道大名栗線はところどころ小倉山林道よりも砂利が深い。
これが王滝に似ているらしい(経験者macさん談)

後半は長い降り基調。

砂利が深くてタイヤを持っていかれる。
バイクコントロールが難しい。
CA330367_R.jpg

降りストレートでどっかりサドルに座れるフルサスはラクチン。
コーナー手前で思い切り減速してゆっくり曲がる走り方は、ディスクブレーキの制動力さまさま。
メカ万歳!

タイヤをスライドさせる感覚がわからず、コーナリングは全然攻められない。
オレが下手だからか?
嬉々としてどんどん先行してしまうtiktikさんが楽しそうでうらやましい。

山しか見えないんだけど、開放感のある景色がいいかんじなところもある。
自分の走ってきた道が見えるのがなんとなく嬉しい。
足下に名栗湖が見えるかなと思ったが、意外と見えないもんだ。
CA330368_R.jpg

途中、ハイキングコースと交差するところが水場になっていてハイカーと雑談したり。
CA330370_R.jpg
林道のすぐそばってことはハイキングコースも初級なんで、山深いシングルトラックとはまた違う感じ。

途中、rieさんが転倒しちゃうアクシデントがあったけど、大きな事故はなく完走。
青梅駅まで戻って、そのまま新奥多摩→玉川上水を自走で帰宅。

この時期になるとシングルトラックは虫とか蒸しとかで大変だけど、こういう林道ならMTBに乗れるので、王滝リハを口実にもう一度行ってみたい。

Time.5:32:00
HR Ave.119
HR Max.167
Cal.3887KCal
Dist.93.71km
Spd.Ave.57.3km/h
Spd.Max.16.9km/

後日、お腹にガスがたまるようになったのは、沢の水をガブガブ飲んでしまったせい???
2007/05/04

Eeeラン雛鶴

半年振りぐらいのなるしまのラン

いきなり遅刻。5分遅れで日野橋北詰に着くも、誰もいない。
同じく遅刻のK野さんと相談して、とりあえず一緒に相模湖あたりまで行ってみることにする。

途中でメールしたrieさんから折り返し電話。
方向が同じでちょっと先とのこと。
亀班が渋滞でスローになったところで追いついた。

今日の渋滞は高尾山口まで。
大垂水は登りやすかったが、昨日の疲れが残っていて会長の列車から抜け出すのはあきらめる。

今日はロングラン対策らしく、相模湖駅の休憩無し。
亀班のペースが微妙に遅いと感じたので、秋山CCの先からは先に出る。
鶴班に抜かれつつ、まんじゅう屋に到着。

今日は暑いのでコーラ2本。饅頭と夏みかん(?)
本隊は大幡峠で先頭折り返しだが、オイラは16時には帰らないといけないので、雛鶴を越えて禾生で離脱して、昨日とまったくおんなじ139号→20号で帰る。

途中の補給が饅頭だけでは足りなかったようで途中でエネルギー切れ。相模湖駅近くのコンビニでチョコモナカ休憩をとっていたら、大幡峠を越えてきたはずの神戸さんたちが走りすぎていった。
速すぎるよ・・・

そのまま大垂水越えて、高尾山口で挨拶だけして帰宅。

Time.6:37.42
HR %Ave.74%
HR %Max.97%
Cal.4291KCal
Dist.165.8km
Spd.Ave.25.2km/h
Spd.Max.59.8km/
2007/05/03

道志・道坂トンネル

なるしまBBQとか青梅とか楽しそうな企画もあったけど、なんとなく遠くに行きたくなって出発。

20号は西八王子から大渋滞。
大垂水で時間計測なんて状態ではない。
狭くなった路肩には、にわかサイクリストやらハイカーやらくるまから出てきた人がウロウロしているので、ずいぶん時間を食った。
相模湖駅前で休憩。
渋滞は相模湖インターまで。
そこから日連→牧野→道志ダムを眺めて、青根から道志みちへ。
CA330349_R.jpg

道志みちに入ってからはそのまま道志中央ヤマザキコンビニまで。
自転車バイク車が多い。
コンビニ駐車場は自転車とバイクの団体さんで満員。
落ち着いてご飯を食べられる感じではなかったので、おにぎりを買ってすぐ道坂トンネルに上る。
神地の信号からはみちがすごく広いのに、車もバイクもぐっと減って静か。
トンネル入り口手前でお昼ごはん休憩。
CA330351_R.jpg


道坂トンネルからは直滑降みたいな下りが8km
その後、都留から大月へ。
大月駅前の喫茶店で居眠り休憩してから、休憩1回だけとりつつ帰宅。

Time.7:39.44
HR %Ave.74%
HR %Max.111%(GPS併用なので異常値?)
Cal.4877KCal
Dist.181.8km
Spd.Ave.23.7km/h
Spd.Max.66.6km/h