2008/07/28

KORG DS-10でNintendo DSがシンセサイザーに?

KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売)
Amazonを眺めてたらこんなものを見つけた。
・・・これはやばいぞ。

最近、職場で音楽やってる人orやってた人で話が盛り上がったり、シンセの演奏動画を見て何かを買ってしまったり、という状態だったので、即注文。

昔「MML」というほとんどプラグラムのような打ち込みをやっていたおいらに、はたしてタッチスクリーンの中途半端なアナログ操作系が扱えるのか、が最大の不安要素。
スポンサーサイト
2008/07/27

FOX TALAS フォークオイル交換

マムアンドポップスの正規輸入品ではないオイラのFOX TALAS。基本的に自転車弄りはDIYでもあるので、自分でフォークオイルを交換した。

交換後にロックアウトが効かなくなった。
これについては、ブローオフが作動した後、サスを動かしてダンパーカートリッジにオイルを回さないとロックアウトが効かなくなるってことを知らなかったのが原因なのだけど・・・

自分なりに工程を見直したので、ここに書き残しておく。字ばっかりだけどオンラインのサービスマニュアルだけでは語られていないちょっとしたコツと、最後の動作確認方法を追加している。

オイラはバイク屋で買ってきたMOTOREXの7.5WTフォークオイルを入れている。これは実はFOX純正フォークオイルの10WTぐらいの動粘度らしい。

■ダンパーユニット取り外し
1.ダンパー側トップキャップのダイアル類を取り外す。
2.正立状態でダンパー側トップキャップを少しだけ緩める。
3.倒立状態にしてダンパー側ボトムのロックアウト ブローオフダイアルを外す。
4.深ボックスレンチでダンパー下側のボルトを、ブローオフ調整シャフトが隠れるまで緩める。
5.ダンパー下側ナットをプラハンマーで叩いて、ロワーレッグに嵌まり込んでいるダンパーカートリッジを外す。
6.ダンパー下側ナットを外す。
7.オイルパンをダンパー側の下に置いて、正立状態にする。
8.ダンパー側トップキャップを完全に緩め、引き上げる。このときオイルが下から抜ける。

■ダンパーカートリッジのオイル抜き。
1.カートリッジを正立状態にして、カートリッジ下側の穴に細い棒を突っ込み、ブローオフバルブを押し開ける。
2.ブローオフバルブを押し開けた上体で、シャフトを上下させてカートリッジ内部のシリンダーをゆっくり動かす。速く動かすとトップキャップからオイルが噴出する。トップキャップは手などで全部覆ったほうがいいかも。

■カートリッジ組み付け
1.カートリッジからシャフトを伸ばして、ロワーレッグに慎重に差し込む。
2.ロワーレッグのボトム側の穴からカートリッジ先端が出たら、カートリッジを回して嵌まり込むポイントを探す。嵌まり込むと、カートリッジは回転しなくなる。
3.クラッシュワッシャー入れ、ダンパー下側ナットを締める。このときカートリッジを押し込んで嵌まり込みを抜いてしまうとカートリッジが空転してボルトが締まらないので注意。締め込みトルクは5.6N/m
4.トップキャップ側から7.5wtのフォークオイルを160cc入れる。
※容量はモデルによって少しづつ違うのでサービスマニュアル参照。
5.トップキャップを締めこむ。

■ダンパー調整ダイアル組み付け
1.ダンピング調整ダイヤルを「載せる」
2.ロックアウト調整レバー内側に出ているボール3個をなくさないように外しておく。
3.ロックアウト調整レバーを載せて、時計回りに動かなくなるまで締めこむ。
4.ロックアウト調整レバーを外し、ボールを仕込んで組み付け直す。レバーは乗った状態のときに6時5.の位置になるように。
6.芋ねじを締めて、レバーを固定する。3本のネジの締め込みは均等に。締めすぎるとレバーが回らなくなるので、適当な締め具合で。
7.リバウンドダイヤルを取り付ける。

■動作確認
1.ロックアウト解除(レバー12時方向)する。
2.ダンピング最弱(ダイアルを半時計周りに回しきる)にする。
3.リバウンド最速(ダイアルを半時計周りに回しきる)にする。
4.ブローオフ最強(ダイアルを下から見て時計回りに回しきる)にする。
5.サスを30回ぐらい作動させる。
6.ロックアウト有効(レバー6時方向)にして、ロックアウトが効くことを確認。
7.ロックアウトを解除して、ダンピング・リバウンド調整が効くことを確認(サスを押してるだけではわかりにくいかもしれないけど)
2008/07/21

GIANT STP KING「王様」

クロカン&ロード乗りなオイラがプレイバイクを組んでみた。

DSCN1697_R.jpg
DSCN1699_R.jpg

ツールを見ながら手持ちのパーツをくっつけてみただけなのだが、なんかクロカンっぽいなぁ。おかしいなぁ。

それっぽくセッティングしてみる。
DSCN1704_R.jpg
ただし、サドルの水平だけは絶対に譲れないwww
---
里山とXC的な走りはTREK Fuel98「黒炭号」で全部まかなえてしまうので、セッティングを遊び用に振ったハードテールが欲しくなった。TREK 6700はやっぱりジオメトリがXCでイマイチだな、ということで、知人から格安で譲り受ける。
パーツはほぼTREK 6700からの移植。

こだわりポイント
リアディレーラーはXTに105のプーリーケージを組み合わせてショートケージ化。
DSCN1702_R.jpg
何かが3倍アレになる真っ赤なハブ毛。
DSCN1700_R.jpg
高感度磁気型コンパス。
----
フロントフォーク ROCKSHOX PSYLO XC(2002)
クランク シマノ XT(M752)170mm
チェーンリング(ミドル) ENVY EXO 36T
バッシュガード un authorized products MUSCULAR 38T
Rディレーラ シマノ XT(M760)+105用プーリーケージ
Fディレーラ シマノ DEORE(M530)トップスイング
カセットスプロケット シマノ XT(M760) 11-34
STI シマノ XT(M750)
ブレーキ AVID BB-7
ハンドル iCON ライザーバー
ステム FSA FR200 50mm
ヘッドパーツ TIOGA ゼロスタック
グリップ un authorized products FULL THROTTLE
サドル VELO METRO XC
シートポスト FSA FR-250
ホイール シマノ XT(M765)+DT チャンピオン2.0+アラヤ TM-840F
タイヤ KLEIN DEATH GRIP
ペダル Wellgo MG-1

o .*kg
2008/07/20

洗車、買い物、HUBでツール観戦

梅雨が明けたというので、洗車をしてみた。
ピカピカになったので気持ちいい。特に屋根とホイールがピカピカなのがうれしい。
暑い中良く頑張ったので、記念に1枚。
CA380096_R.jpg

コイン洗車場というのにはじめていったのだけど、洗うのにコツがいると思った。
600円水洗いコース2回だけでは足りず、バケツで水汲んできて拭いては流すの繰り返しで仕上げる。帰り道に通りかかったガソリンスタンドの洗車も1000円ちょっとなので、今度はプロに頼もうかな。

----
洗車後、一息ついてから自転車の部品を買い出し。「王様」の部品と、「黒炭号」のステム。
----
お買い物中、bさんからお誘いがあり、新宿HUBでツール観戦。
でかい画面の傍らでちょっと見にくいが、ビール2パイントのみながら楽しく観戦。
----
2008/07/20

THOMSON ELITE STEM

自転車ショップをうろうろしていたら、トンボを見かけた。ここは新宿3丁目。
CA380091_R.jpg

結局、物欲を喚起するブツはないので、おとなしく家に帰ってメンテの続き。

今夜のうちに終わったら富士見に逝こう・・・と思っていたら、なんとTHOMSON ELITE STEMのクランプにクラックが!
ステムのスペアなんて持ってないので、富士見は断念。
多分、組み付けでねじ締めすぎたんだろう。オレにこのステムの組み付けは無理ってことか。

CA380093_R.jpg

CA380094_R.jpg

THOMSONはパーツだけでも買えたはず・・・と思ってネットで調べてたら、衝撃ニュース発見。
25.4mmハンドルバー対応のステムが廃盤になるんだそうだ。
リンク先のブログのコメントを見るに、トレンドはオーバーサイズみたい。これを機にハンドルバーをオーバーサイズ化するかな。
2008/07/19

否定派

最近人と話していてすっごく気になるのが、話し方が否定形な人。

「それは違う!」と人の意見を否定する人。オレのちょっと先輩に多いし、オレにもそういうところがあるかもしれないけど。
お題の答えがひとつじゃないか、そもそもお題を無視してあさってのことを言ってるか、言ってることの本質は同じ、ってことが多いことに最近気が付いた。
いずれの場合でも「それは違う」といってること自体が違っていることが圧倒的に多いし、そのほかの言動から見ても頭が老化している人に見られる傾向なので、やらないように肝に銘じたい。

ただし、本当に相手が間違っていると考えたら、全力で潰すが。

「できません」という逃げ腰な人。まあ、部下に多いんだけど。
勝ち組になるため的思考は「どうやったらできるか考えよう」なんだが、これはきれいごと。
オレ的思考、まず「やらなくてもいいんじゃね?」と考える。
ただし、判断はあくまで客観的かつ論理的に。答えが「やらなくていい」なら、やらない。ただし、やらなくていい理由を論理的に説明できなければならない。「やっぱやらなきゃ」って結論がでちゃったら、もうそれは自分で自分に「できない」ではダメってことを納得させた状態。そしたらたいてい答えは出ちゃうんだよね。


なんてことを考えながら、ボロボロな黒炭号のメンテをしていますwww
2008/07/12

成木プチ4峠→川越帰宅ルート復習

武蔵境→五日市街道→青梅街道→箱根ヶ崎→岩倉街道→吹上峠→松ノ木トンネル→小沢峠→山王峠→クリーンセンター→岩根橋→加治橋→阿岩橋→中橋→豊水橋→入間川左岸から川越狭山自転車道→初雁橋から入間川右岸→釘無橋→宮元町から川越市街→県道6号(川越所沢線)→小手指から国道463号線→県道4号→所沢街道→田無→武蔵境

ALPSLabにルートをUploadしてみた。

掲示板で朝に参加表明をいただいたtiktikさんといってきた。

今日はとにかく暑かった。
成木を走っているときから暑さで気持ち悪くなったり、水を飲んでも飲んでも汗が出なかったり、走ってる最中に眠気が来りいろいろとあったが、多目の休憩、さらには昼寝までして帰ってきた。

一番暑さが酷かったのは川越と所沢の間。所沢を通過したのは、最高気温34.1℃を記録したぐらいの時間だったのだが、これでも「お、ちょっと涼しくなったか?」と思っていたので、もっと暑かったんだろう。

成木4峠はアプローチ含めてノンビリ走れるのでいいかもしれない。
同じようなコースを走っている人が他に何人かいた。

川越からの帰宅ルートは、14時に釘無橋南詰のコンビニをスタートし、武蔵境に帰着したのがちょうど16時。暑さのため休憩はちょっと多目。先日の一都六県の帰宅コースよりもずっと走りやすかった。家の方角と実際に走っている方角がほとんど変わらない、という所沢街道は、埼玉方面への行き返りに活用すべきかもしれない。

Time.5:32:11
HR Ave.74%
HR Max.96%
Cal.3750KCal
Dist.121.3km
Spd.Ave.21.9km/h
Spd.Max.58.6km/h
2008/07/11

成木プチ4峠→川越帰宅ルート復習(予定)

箱根ヶ崎→笹仁田峠→吹上峠→小沢峠→山王峠→加治橋→豊水橋から入間CR→釘無橋→川越→所沢→田無

つまんないみちですよ、ええ。
途中でつらくなったら峠はしょります。

日曜日は多摩川オフがあるので、土曜日の予定。
予想最高気温31度なので朝早く・・・と行きたいところですが、前日飲み会なので無難に朝9時集合で。
2008/07/06

成木プチ4峠→川越帰宅ルート復習、DNS

川越からの帰宅ルート復習込みで約100km、暑いので楽に走れそうな成木周辺ぷち4峠コースを考えてみたのだが・・・朝起きてみたら喉の痛みと微熱があったのでDNS。世間では風邪が流行っているらしいね。

予定コース
箱根ヶ崎→笹仁田峠→吹上峠→小沢峠→山王峠→加治橋→豊水橋から入間CR→釘無橋→川越→所沢→田無

過去のブログを見たら、川越からのルート確認は前にもやったことがあるのだけど、全然覚えてなかったらしい。学習機能がかなり弱っている模様。