2008/09/28

エンドルフィンが切れた?

実家と合流して墓参する予定を寝坊ですっぽかす。
とりあえず一人でも墓参はしとこうと、自転車で小平霊園に向かうが、ヘロヘロ。
自転車整備用に工具を買い足して帰宅するもしばらく疲れて動けない。

「疲れが出る」って状態なのだけど、今日のガックリ具合にはほどがある。
連日のほぼ徹夜で防衛のためにエンドルフィンがでていたのが、2日休んで急に不要になっちゃって反動出てるのだろうか。
運動と一緒で、クールダウンが必要ってことかな?
休みすぎはよくないってことか。
スポンサーサイト
2008/09/27

SDA TRY BIKE イン 王滝 100km 2008秋 リザルト

王滝のリザルトが出た。
公式タイム9時間5分。順位は100km完走600人弱で500番台の前のほう。

完走率は7割ぐらい。タイムがいいJJさんに「完走するだけでもすごいんだよ」と言われたけど、完走がやっとのオイラへの慰めというわけではなく、実際に完走は容易ではないということを物語る数字だと思う。

王滝を終えてからの2週間は体調を崩したチームメンバーの穴埋めで休み無し。今日は限界に近かった。でも、ちょっと寝て頭を休めればすぐ復活。これも体を鍛えている賜物か。自転車っていいwww
2008/09/15

SDA TRY BIKE イン 王滝 100km 2008秋

出場3回目。100kmを9時間2分ぐらいで完走。
背筋が痛くてたまらなかった初出場より20分ほど短縮。
そんなことより、天気が良くて、景色も良くて、走っていて(苦しいけど)楽しい9時間だった。
dscn1399.gif
奈良県のサイクルショップ「シルクロード」の店長さんが撮影された写真にたまたま自分が写っていたので、画像を拝借。
----
朝4時に起床して準備をし、朝ごはんの代わりに宿にお願いしていたおにぎりをもらって出発。
4:30に宿を出たのに、駐車場は満杯、スタート待ち列はかなり後方。
DSCN1792_R.jpg


6:03、スタート。ゲート通過は2分後の6:05。
6:35、林道に入る。

ここでマイナートラブル発生!ハイドレーションシステムの飲み口からドリンクがダダ漏れwww。腿のあたりがドリンクでベタベタ。飲み口の改造に失敗したらしい。

7:05、最初の天然エイドステーション(鈴が沢東股)通過。ジェル1個補給。去年はここで既に背筋がダメポだったが、今日は全然平気。

8:07、濁川到着。写真を撮るが、橋は日陰、御嶽山は日向、コントラストが強すぎて色がいまいち。ジェル補給してさっさとスタート。
DSCN1793_R.jpg


9:06、120km周回コースとの合流地点。パワースポーツのビデオカメラマンに併走される。
「松葉選手のアドバイスどおり、ジェル補給しながら走ってるからまだまだ元気ですよ~」
まだジェル2つしか摂ってないんだけどね。
果たしてこの映像はプロモビデオに採用されるか?

途中の林道合流点で休憩。

9:35、第1CPに到着。ボトルに水補充。ハイドレーションはダダ漏れしつつも残っているのでそのまま。ジェルを補給してさっさとスタート。BMCジャージの女子(山本選手かな?)がすごいスピードで通過していった・・・速いよ。

日向のガレ道は強い陽射しでホワイトアウト、沢沿いの道はぬかるんで、登り返しが続いて疲れも出てくる・・・「そろそろ危ないな」と思ってたら、降りで転倒落車続出。オイラは、ブヨに刺された腕が振動で痛いので降りは抑え気味。三浦湖までは前にちょうどいいペースの女子がいたので追い抜かずに走る・・・女の子のお尻を追い掛け回していたわけではないぞ。

10:33、三浦湖沿いに出ると、ほっとしてペースが落ちる人が多いようだ。気を引き締めて、ポジションも引き締めて走る。背筋は全然大丈夫。

三浦湖を離れるとまた登り。日差しが強く、ガレ道で速度も落ちる。暑さが苦手なオイラには厳しいコンディション。
暑い→日陰で休もうか→風が吹く or コースが日陰になる→もうちょっと走るか・・・の繰り返し。
この辺で別の牛ジャージに「頑張ろうね」と声を掛けられる。軽く雑談するが、登りではあまり余裕が無い。

12:14 第2CP。1分後に120kmのJJさんが通過したらしいのだが、水補給に夢中なオイラはまったく気がつかず。ジェル補給。チェーンオイルが切れたので注油。上空をヘリが飛んでいる。救護か?

非常にいい天気。登り返しの頂上がビューポイントなところも多く、周りのバイカーも休憩を入れながら御嶽山を眺め、時折感嘆の声を上げている。オイラも御嶽山を眺めながらジェル休憩を入れる。
DSCN1796_R.jpg DSCN1797_R.jpg

第3CPまでは長い下りが続くが、新しく撒かれたらしい砂利が深くて危ない。

13:51、第3CP。写真を撮っているおじさんに時計を見せられて、タイムアウト直前だったことに気づく。もっとも2007年6月は2分前だったから、5分タイム縮めたことになる。このあと、タイムアウトギリギリで多くのバイカーが飛び込んでくるが、話によると途中で落車が起こってたらしい。必死で気がつかなかった。

再び300mぐらいの登り返しを2回こなして、10km弱の降り。あれ、腕痛くない。やっぱり脳内麻薬でてるね。ぶっ飛ばして何人もゴボウ抜き。

15:08、ゴール。手元の走行タイムを見る限り、9時間を1~2分越えたようだ。
DSCN1802_R.jpg


Time.9:02ぐらい
HR Ave.162
HR Max.192
Cal.6678KCal
Dist.102.71km(コース自体は98kmぐらい)
Spd.Ave.??? km/h
Spd.Max.50.8km/h

----
松原スポーツ公園に戻ると、30分前にゴールしたJJさんがちょうど洗車を始めたところだった。
オイラも洗車をして、表彰式が終わる前に退散。

R19号で飯を食べるところを探していたら、名物?の蕎麦屋は軒並み17時で閉店。結局、眠い&ひもじいまま塩尻まで。
塩尻のロイヤルホストで、満腹中枢が壊れたJJさんと反省会。

途中で仮眠をとったら諏訪SAの温泉の営業時間に間に合わなかったので、風呂は断念。
帰り道の小仏トンネル渋滞は、深夜12時でもまだ17km。事故まで発生し、夜中の2時ぐらいまで続いた。これは想定外。
渋滞解消までPA/SAで仮眠とりまくって3時ごろ帰着。

■GPSのポイントの入れ方
今回、登り返しの頂上を繋いだルートデータを作っておいた。ポイントの名前に標高を入れておいたので、あと何m登れば頂上か分かるのは精神的にはとっても楽だった。

■ポジション
登りで前乗りすると背筋にこない・・・登りに限らず、サドルはもう少し前のほうがいいみたい。
乗鞍でも延々前乗りだったので、要するにポジションが変わっているのだろう。

■バイクの種類
いろんなバイクがいるなぁ、と見回すと、TREK、SPECIALIZED、GIANT、GTの順に多いような気がする。近場の山でも仲間内でもこんなにTREK乗りはいない。KONAはルックスが里山フリーライダーそのもの。変り種はトライアルフレームをXC仕様。シートポストが超長い。いいトライアルフレームは硬いだけじゃないそうだけど、どうなんだろう・・・。
2008/09/13

王滝にきたよ2008年秋

のんびりお昼前に家を出たのに、連休初日&事故渋滞2箇所で東京を出るまで3時間ぐらいかかった。

松原スポーツ公園に到着したのは17時。

超久しぶりにmacブラザーズに遭遇。
「これまで仕事が忙しくて凸凹にカキコできなかったけど、落ち着いたから王滝から復活しますよ」
楽しみですな!

今回はヘルメットにパワーバーのステッカーを貼ってパワージェルをもらった。

受付をしてたらすぐウェルカムパーティが始まった。

村長さん「いっぱいお金落としていってください」判りやすくてよい。別にお金儲け主義とかではなくて、逼迫しすぎた王滝村の財政を何とかするために村長さんになったような人だから、これでいいのだ。

TREKの松本駿選手。今年の初めに交通事故で膝を複雑骨折したが、復帰して王滝を走れるのがうれしいといっていた。こっちもうれしくなった。
松本選手のアドバイス「写真はほどほどに」。6月は遅いくせに御嶽山の写真を撮りすぎて足きり食らったので、今回は気をつけるぜ。

ではそろそろ寝るか。
2008/09/13

王滝に行ってくる2008秋

だいぶガツガツしてないので、マターリ準備して昼頃出発。
足きり喰らわず完走が目標。

お天気が心配。
降雨量が少なければ、気温が低くなければ出ると思うけど。
2008/09/10

黒炭号 ピボットメンテ&補給食

もう、王滝の準備しか頭にない。


黒炭号で近所を走ったら、リアサスのピボットから軋み音が出てるので、イロイロ考えてメンテした。

TREK Fuelの最近のモデルはピボットにベアリングが入っているが、おいらの2003年モデルはナイロン軸受け(もしかしてデルリンかな)。これまでDURA-ACEグリス(リチウム系)を使っていたのだが、樹脂パーツに吸われるのか、耐水性がよくないのか、潤滑が切れやすい。そこで、シリコングリスを使って組み直してみた。
DSCN1786_R.jpg

王滝用の補給食。
パワージェル(梅、ライム、気分転換にトロピカル)
カーボショッツ(コーラ)
パワーバー(チョコ、食べにくいので非常用)
クリーム玄米ブラン(ブルーベリー)
SAVAS WATER(レモン味)

DSCN1790_R.jpg
2008/09/07

消息不明

金曜にとあるPJメンバーから「具合が悪いので午後から出社する」と連絡があったきり丸1日以上音信不通。もし週明けまで2日半放って置くいて氏んでしまったら大変なのでとりあえず連絡待ち。土曜夕方に人事の人がお宅訪問して無事を確認。



・・・まあ、何もなくって良かったよね。



王滝の前の週ということで、自転車の様子見で走りたかったんだけどね。
2008/09/05

ハッピーバースデー俺

37

今年も忙しくて、今日はなんかヘロヘロだ。
例年もう少しすると夏の疲れが出て寝込むが、王滝があるので健康維持気をつけねば。
2008/09/05

乗鞍リザルト&王滝参加証キター

乗鞍のリザルトが公開された。
1時間41分47秒。
ちなみに去年は1時間43分、一昨年は1時間38分。

王滝の参加証が届いた。
番号から見て、追加募集でも定員には達しなかった模様。
2008/09/03

第23回マウンテンサイクリングin乗鞍 当日

当日は走行中は曇り、終わったら晴れという絶好の天気。
なんかまだ公式リザルトが出てないのだが、多分去年とタイムはほとんど変わらないと思う。
走りについてはマンネリ化してきた気もするけど、タイムはその年の調子の比較になるのでいいか。



前日結構雨が降ったが、当日は朝から雨は上がっていた。

今年のNORIKURAガールはべっぴんさんだった。
CA380110_R.jpg
先にスタートする皆さんをスタート横でお見送り。

去年よりも三本滝まではずいぶんいい感じ、位ヶ原山荘手前でちょっとタレたが、森林限界上ではそれほどペースが落ちなかった。で、手元の時計で1時間43分ぐらい。

CA380123_R.jpg

CA380131_R.jpg

下りは雲が上がってきてダイナミックな景色だった。

オフィシャルが「1列で」というのでおとなしく人の後ろを降っていたのだが、並走やキープレフトしないで遅い奴とかの後ろで我慢できなくて結局カッ飛んでしまった。
そういえば今年はパンクとか道端で停車とか蛇行とか、初心者っぽい人が多かった気がする。

CA380132_R.jpg

チョコソフトウマー

CA380133_R.jpg

宿に戻って帰り支度してたら、カンカン照りになったが、やっぱり東京に帰ってみたら大雨だった。
2008/09/03

第23回マウンテンサイクリングin乗鞍 1日目

野麦峠サイクリングを計画していたが、雨で中止。
でも宿とかダム見学など、全体で遊びと見ればなかなか充実していたと思う。



前夜から激しい雷雨。

途中で見つけたひまわり畑
DSCN1772_R.jpg

野麦峠サイクリングをもくろんで奈川渡ダムに11時に集まるが、ついたとたんに雨が降り始めたのでダム見学に変更。
DSCN1775_R.jpg

DSCN1779_R.jpg

太平洋沿岸では連日の豪雨なのに、山のほうではそれほど雨は降っておらず、ダムの基準水位115mを切ったんだそうだ。奈川渡ダムは揚水発電ダムなんだが、日中に「揚水」するんだとかで、揚水発電機をの揚水待機試験をしていた。

DSCN1783_R.jpg

ダム見学を終えて、13時半という今までにない早い時間に受付が済んでしまう。
売店に興味もなく、15時ぐらいにチェックイン。
前日2時間しか寝てなかったので速攻で寝てしまう。
起きたら飯、風呂、買出し、ちょっと飲んで喋って寝る。