2010/04/30

【予定】5/3 柳沢峠

ロード。自走。元気があれば塩山に下ってR20で帰ろうかな、と思ってるので、気持ち早めのタイムテーブル予定。
サムライさん同行予定。
スポンサーサイト
2010/04/30

【予定】5/5 ONGR林道

もともと行こうと思ってたのですが、4/29にまったく走れなかったので、往復コース。
10時さわらびの湯スタート。3時間ぐらいで戻ってくる予定。
2010/04/30

ONGR中止6トレ

10時、さわらびの湯前の駐車場スタートの予定が、9:50頃突如のにわか雨。
この雨はみんな予想外だったらしく、周辺では沢山のサイクリストが雨宿りをしていた。

ウェザーニュースの10分天気予報には「雨ザーザー」で報告。
天気予報では2時間ぐらいやみそうにないので、ONGRは中止。
実は、2時間ぐらいしか寝てないし、準備不足なので、すこしほっとする。

6トレに移動してみると。
ピーカン。

今日はまさに練習って感じのメンバーが集まった。レベル高いっす
IMGP0985_R.jpg
一番右がおいら。今日は初めて魔理沙ジャージ。
・・・製作者のチャリモさんは、無事片道500kmを走って京都で修学旅行しているだろうか

6トレはマターリ走る場所
新緑がきれいっすなぁ
IMGP0986_R.jpg

前日が雨だったので、いろんなところが「ツルッピー」
IMGP0988_R.jpg

林道仕様のミブロマラソンは全く歯が立たず。
6に来るつもりならミブロできてたからしょうがないとはいえ・・・
IMGP0998_R.jpg

そろそろつつじの季節
IMGP0990_R.jpg

お団子休憩の後「王滝っぽく走れるところ」ということで、北の林道に行く。
あー、そういえばさむらいさんが「水たまり優先だから!よけちゃいけないから!」って言ったら、ソロの人が先頭で逃げて全体のペースが上がって、水たまりをよけずに集団で林道をぶっ飛ばす展開に。
シングルトラックで森ガールに遭うが、とてもナンパなどできないドロオヤジの集団になってしまった。

どうやら王滝参加歴はやましたさん、オイラの順らしいのだけど、データ取りはオイラが一番らしく、参加予定のみなさんにいろいろ聞かれた。
・・・皆さんは、メカトラがなければ完走は全く問題ないでしょう。

黒炭号、貼り直したリアのブレーキワイヤーで引きはとっても軽くなった。
ミドルにチェーンを掛けるとクランクの回転にあわせてガラガラ音がする。直さねば。
こういうトラブル出せたのは一応は成果かな。

Time.2:14.56
HR Ave.71%
HR Max.90%
Cal.1324KCal
Dist.30.7km
Spd.Ave.13.7km/h
Spd.Max.36.8km/h
2010/04/25

【予定】4/29 ONGR林道

王滝練第1弾
やましたさんと車で行きます。
さわらびの湯 10:00スタートできるように集合
車はもう一人一台乗れます
2010/04/25

GW予定

4/29 ONGR林道(王滝練
5/1,2,3? ロードでどこかへ
5/5 ONGR林道(王滝練

ONGR林道は2回行きますが、48kmの往復と、30kmのONGR→西NGR林道の周回コースのどちらか。
同行希望者がいた場合、メンバーによって決めます。
ちなみに、下り好きと初心者は往復推奨。

5/2はマイミクさんの三浦半島があるのですが、どちらかっていうと山方面に行きたいし、部員でもないので。
奥多摩周遊か道志道か・・・
2010/04/25

真っ赤なハブ毛

駅前のセブンホームセンターの自転車用品売り場でハブ毛を見つけた。
ハブ毛は自転車乗りの身だしなみ、でも赤じゃない・・・染めQを一緒に買ってきた。
IMGP0980_R.jpg

染めてみる・・・WOW!赤黒になたーよ!!
IMGP0983_R.jpg
ちなみに、染めQ、匂いはヤバいです。

内装3段用、ということで、後輪用が長い。これはリア20mmアクスル対応の赤鉄零のハブにちょうど良い!
2010/04/24

A山

午前中に歯医者と家の片づけ(黒炭号とか草津とかで散らかってるので)を済ませて、お昼から軽くA山。
黒炭号のサスペンションセッティングの準備に手間取り、少し遅れて到着。

ガレ道を行ったり来たりして、前後のバランスはだいたい合わせた。でも、やっぱり長い林道走らないとわからないや。

ちょっと水たまりがあるけど、それよりこわいのは湿った赤土。
MIBRO for Marathonでグリップしない赤土を悲鳴を上げながら走った。

凸凹道は気を使うので、無理せずコンクリ坂で遊ぶ。
IMGP0971_R.jpg

帰り道、稲城大橋。
天使の梯子
西の方から天気が悪くなるかと少し心配したけど、雲がいいものを見せてくれた。
IMGP0979_R.jpg

都心の方はもくもく雲。季節が変わってきてるね。
IMGP0978_R.jpg

今日初めて生で見ることができた、きくかわさんのスカルペル。
IMGP0974_R.jpg

IMGP0975_R.jpg
変な・・・いや、面白い構造だなぁ
2010/04/19

ツール・ド・草津 リザルトまとめ 2010まで

年、タイム、旅館、天気、一言
2003 0:59:41   旅館ふじ重 霧雨 有視界50m
2004 ???     ホテル松巳 快晴 抽選会は中川さん圧勝
2005 0:56:40.02 飯島館(笑)
2006 1:08:46.60 ペンションクリハラ ワラちゃん晴れ女の奇跡でキャバクラご招待ゲット
2007 0:50:12.51 酒仙の宿 晩 晴れ
2008 0:59:25.88 酒仙の宿 晩 曇り極寒、ベルツ大混雑←閉会式全部出るとこうなるらしい
2009 0:55:06.36 ペンションレザン 快晴 すごく暖かい、たった3人(´・ω・`)
2010 0:59:45.16 ペンションらんぶる、晴れ時々曇り強風極寒、パレードランなし、大人数そろった(゚∀゚)


MTBでもあまりタイム変わってないなぁ・・・
2010/04/19

ツール・ド・草津2010

59分45秒16
ふた家族込み総勢10人以上とか、パレードラン無しとか、MTBで参加とか、いろいろな転機があった今年でした。
IMGP0961_R.jpg

前日は出発が遅くなり、代理の受付をお願いして、夕方に草津に到着。ついてほどなく夕食
晩御飯のデザートを改造してamazonっぽくしてみる。
IMGP0909_R.jpg

お土産買いに行くついでに湯畑
IMGP0910_R.jpg

当日
タイムスケジュールが変わったので、どう動いていいかわからない。
出発が遅くなり、スタート地点から1.3km離れた駐車場にバルシーラされる。

前日の雪は問題ないが、山頂の気温はマイナス2度だという。
今回はゲストの栗村修氏がいろいろしゃべってる。
IMGP0924_R.jpg

最初はそれほど寒くなかったが、殺生河原を過ぎたあたりから風が強くなり始め、最後は強風が吹いていた。体感温度はものすごく低い。2007年の大会よりも薄着だったので、寒さが堪えた。
IMGP0937_R.jpg

IMGP0941_R.jpg

寒いけど、景色はいいです、今回は。雪が多いので。
IMGP0947_R.jpg

遠めにみるとスワロフスキーみたいでギャルっぽいって言われたよ
IMGP0951_R.jpg

寒くて先に下った人もいる。
IMGP0949_R.jpg

ずいぶん待ったけど、全員完走。
強風に耐えてよく頑張った、感動した、おめでとう!

Time.0:59:16(レースリザルト)
HR Ave.80%
HR Max.96%
Cal.1149KCal
Dist.26.8km
Spd.Ave.16.8km/h
Spd.Max.65.9km/h
2010/04/13

新生!黒炭号

再塗装が終わった黒炭号を組み上げ完了。
最初の走りは、30kmほど舗装路を自走しての7トレ。
感想は「最高の1台ができた」
性能を金で買ったけど・・・高かったけど・・・よかった!
IMGP0886_R.jpg

IMGP0887_R.jpg

IMGP0888_R.jpg

IMGP0889_R.jpg

もはや舗装路での比較対象はロードレーサーのヨロイ号。
漕ぎだしは重量分の重さがあるけど、速度が乗ってからは、やましたさんの30km/h巡航にも付いていける。
これはホイールのなめらかなベアリングとエアロスポークおかげだろう。

山道では、Fフォークとショックユニットの進化を体感。
ショックの収まりがいい。
リアショックRP23のセッティングはまだちゃんとできてない。
納得いくセッティングにできれば、下りもかなり早く走れるはず。コーナーはあまり速くないけどね。

乗ると大違いの黒炭号だけど、遠めに見えると赤が大きく入ったホイール、乗ってるときはFサスのピカピカしたロックアウト&TALASレバー以外は見慣れたパーツ構成なので、意外と見た目の新しさは感じなかったりする。
ボロボロだった塗装は丈夫になって、これで妙な心配(フレームの傷み)を気にしなくてもよくなった!


ワイヤーの潤滑にWAKOSバイダスドライを使ったが、これは失敗。
素直にシリコングリスがいいようだ。
シフトもブレーキもわずかに引きずりが感じられるので、もう一度やり直そう・・・。
2010/04/11

7トレ

前回、23トレで1本だけ走った7トレ。ちゃんと走ってきた。

行きは、新小金井橋でやましたさんと、箱根ヶ崎で侍ジャイアンツさんと待ち合わせて自走。
高速自走erお二人と一緒ではあったけど、ロードのように走るニュー黒炭号ならなんとか付いていける。
(やましたさんには「ギア1枚分下げてください」ってお願いはしたけれどwww)

7トレについたら、koutaさんguttusanと合流。
道が判らないので、道を知ってる人について走る。
6トレ、A山に比べると距離が長いし、2トレより標高差がないので、MTBで走りまわるにはゴキゲンな山だ。
IMGP0892_R.jpg

IMGP0896_R.jpg

IMGP0900_R.jpg

他にも沢山のMTBerと出会う。
guttusanの知り合いの若い29er乗りIronHeart君とか、ミカミのLOOKのMTBの方とか、S-WORKSのアウェーの人とか、S-WORKSのエリートっぽい人とか、昼食時に日向で昼寝しているサイクロンさんとか。

やましたさんの新兵器。
IMGP0882_R.jpg
周りの音も、音楽も両方よく聞こえる。
そして中の人のいい仕事が素晴らしい。

登りでみんながハイになったとき→佐野元春「SoneDay」→合唱www
休憩中にハイカーのお姉さまに遭遇→プリキュア戦闘シーン
気持ちよくシングトラックを走ってるときに→トライアングラー
これなんですか?とのぞきこまれたとき→プリキュア
高速自走中→ドリカム→体が心拍を上げるのか下げるのかわからず混乱

何かと異次元体験ですた

4本走って、15時ごろ雨がパラついてきたので帰る。
帰りは侍さんに青梅街道の岸交差点まで引いてもらう。

帰りに小金井公園に寄り道。
ちょうど天気が荒れ始め、見事な桜吹雪が見れた。
IMGP0905_R.jpg

Time.4:54.43
HR Ave.68%
HR Max.92%
Cal.2660KCal
Dist.87.1km
Spd.Ave.17.8km/h
Spd.Max.41.8km/h
2010/04/10

物見山

今週からPJでもお世話になってるT島さんが「土曜日物見山行かない?」と誘ってくれたので、行ってきた。
IMGP0875_R.jpg


前夜の残業の合間にルートを調べたら、道は簡単だが片道50km。
自転車で群馬方面というと、川越と渡良瀬遊水地にしか行ったことがない。
ちょっと遠いね。まあ2時間ってとことか。

当日は朝8時に出発。
全般に道は空いてて気持ちよく走れる。

一番よかったのは、日光街道、入間バイパス~坂戸バイパス間の桜並木
IMGP0866_R.jpg

10時集合だったが、車のT島さんが道に迷ったので、走り始めは10時半。
1周7km弱の周回コースは、反時計回りに走ると、一気の下り→花がきれいな田舎道→広くて車の少ない上り坂。
IMGP0870_R.jpg

IMGP0878_R.jpg
ふらりと来て練習するにはいいコースかもしれない。
ふらりと来るには少し遠いんだけど。
逆回りにすると、坂が少しきつくなる。

T中さん、勉強熱心なのか、GPSのこととか、引き足の使い方とか、登りのケイデンスとか、いろいろ質問される。
走りは我流なので、あまり参考にはならないかもしれないけれど・・・。
IMGP0880_R.jpg

T島さんは上り坂できつそうだったけど、春先のGoodコンディションの中でのサイクリングでご機嫌だった。
IMGP0881_R.jpg

3周走って、うどんを食べて解散。
往路2時間のコース、車が多くて復路は3時間かかった。

Time.4:58.59
HR Ave.73%
HR Max.115%?
Cal.3090KCal
Dist.119.1km
Spd.Ave.24.0km/h
Spd.Max.58.1km/h


より大きな地図で 物見山 を表示
2010/04/04

花見ポタ to 6公園

10時半に出発。
武蔵境Emioのおこわ米八で桜おこわ、多摩湖自転車道沿いで露店販売している玉川屋さんで桜餅を買う。
IMGP0845_R.jpg

寒いので、多摩湖自転車道は意外と人が少ない。
IMGP0847_R.jpg
花小金井~小平のの間でもこの程度。

多摩湖周辺、満開。
IMGP0849_R.jpg

IMGP0851_R.jpg

6公園も気持ち人が少ないかな。

仕事やらなんやらで仲間が見当たらないので、ぼっちでお茶会。
IMGP0854_R.jpg
ぼっちでお茶会ってツイットしたらぼっちクエストで「キングぼっち」にされてしまった。

13時ごろから急に気温が下がり始め、みんなぞろぞろ帰り始める。
4本ぐらい下って、少し探検して、ノンビリ帰宅。

33回転。マイナーチェンジ。
流行を取り入れてみました。
IMGP0858_R.jpg
オレンジのバンダナはただの目くらまし。

Time.3:42.18
HR Ave.--%
HR Max.--%
Cal.----KCal
Dist.55.6km
Spd.Ave.15.0km/h
Spd.Max.35.8km/h
2010/04/03

【予定】4/4 花見ポタ to 6公園

多摩湖自転車道の露店で桜餅や赤飯を買い集めて、6公園でマターリします。
10時武蔵境スタートで、公園にはお昼頃到着予定ですが、多摩湖自転車道は人出がすごいことになっていると思いますので、どうなる事やら。

6公園は桜まつりが開催中で、ステージ前やいつものテーブルは大賑わいだと思いますので、広場の西側で場所を探します。

季節ものなので、あまり走らないかと思います。
2010/04/03

黒炭号 フレームまで組み立て

イオンコートワックス施工して、フレーム単体売り状態まで組み立て。
IMGP0822_R.jpg
新品同様だね。

無彩色でステッカーチューンもしてあります。
IMGP0825_R.jpg
差し色はなるべくパーツで入れるつもり。

白く目立つブッシュは、、0.3mmステンレススペーサーを挟んでリアスイングアームに圧入&接着、摺動面はシリコングリスではなくWAKOSバイダスドライ(デュポン社のフッ素系乾式潤滑、DryFilm配合)で処理。ここは泥の汚れに晒されるので、乾式にした。
IMGP0826_R.jpg
このあと、ピボット部用のマッドガードを作成して、組み立てに入ります。
2010/04/03

花見ライド1

すでにアプローチで前を通ったICUの正門で桜が満開。wktkしながらA山へ。

三沢川の桜が満開
IMGP0834_R.jpg

IMGP0830_R.jpg
橋を一つ一つ渡って右岸・左岸と走って行ったので、A山まで1時間かかった。

今日は天気が良かったけど、MTBerには遭わなかった。
お散歩の人も少なかった。
時間が遅かったからかな?

妙見寺の桜。
IMGP0838_R.jpg
コンクリ激坂は難なく登れた。

IMGP0839_R.jpg

エントリー坂もだが、ノンビリ走ってると体が軽かった。
サスケ坂は登れなかったけど。

帰り道。母校の看板が新しくなっていた。
UEC=Univercity of Electoro Communicationsなんだけど、新しいうコピーはなかなかいい。
IMGP0842_R.jpg
オイラが通ってた時よりも、あかぬけてるのかな・・・
2010/04/03

多摩川かぜのみち 段差舗装(New

京王閣前に作られた新たな段差舗装。
某ミク○では、危ない、と盛り上がり中。
IMGP0828_R.jpg
前に歩行者がいたら、この段差に躓くかもしれないので、注意。

まあしょうがないと思うよ。
無法な自転車乗りを放置したツケだよ。
連帯責任だよ。

でも、自転車でここを通っても平気でしょ?
オイラなるしまロングランで高さ5cmのでっかい連続キャットアイに30km/hで突っ込んだけど大丈夫だったよ?
暴走ローディーを確実に仕留めるためには、もっとえげつない舗装でもいいんじゃね?

注意喚起の対象が全然わかってないなぁ、と思う道路標示。
ノーハンド直立状態の目線でこれだから、前傾してたら読めないだろ。
IMGP0827_R.jpg
2010/04/01

黒炭号 塗装仕上がり

Z-WORKSさんにお願いしていた塗装が仕上がった。
今日はなんとなく早く帰ろうと思っていたので、仕事が終わってから回り道をして受け取りに行ってきた。

初めて乗る舎人ライナーで扇大橋下車、ezナビウォークが無いと道に迷いそうな住宅街を抜けて、工場を訪れた。19:30をまわっていたが、ご主人は作業の真っ最中。

仕上がったフレームを見せてもらっていると、おじさんが工場に入ってきて、塗装されたフレームを1本持って行った。後で「kiyo」の宮沢清明さんだと教えられた。なんかすごいところに来てる気がするぞ。

工場を見学させてもらったり、お話を聞いたり。
やっぱりモノづくり系の工場見学は楽しい。
(自分のフレームの仕上がりでドキワク状態だったので、落ち着きが無かったのだけど)

工場には作業中のフレームが何本も並んでいる。
これだけやってれば、自転車のこともよーくご存知なので、いろいろ安心です。
赤いのはkiyoのケイリンフレーム。携帯カメラなので伝わらないが、キレイな色なんだこれが。
IMAGE_022_R.jpg
奥から2番目にBOMAのフレーム。
BOMAからのっぺらぼうのフレームがやってきて、Z-WORKSさんでカスタムペイント、なんてのもあるそうで。
「あ、そうそうこんなのも・・・」といって、これから塗装される某有名人お忍びのフレームなんてのも見せてもらいました。写真は非公開。

オイラの黒炭号「やっぱり焼付は危ないのでウレタンで塗りました」という話から、焼付塗装についていろいろ教わった。
普通のカーボンは焼付塗装できないのは、空隙が熱膨張してフレームが破裂するからだそうで。
オイラの黒炭号は、TREKが「空隙が全く無い!」と謳っているOCLVカーボンだけど、ホントかどうか確かめる術がないので・・・焼いてフレームが逝けばわかるんだけど。
BOMAのカーボンフレームは空隙が無いので焼付塗装をしてしまうそうだ。
焼付塗装はどうやるの?と聞いたら、「あれに入れます」工場に釜がありました。

ステッカー作成もできるとのことで、いろいろ聞いてきた。
軽車両隊のステッカーもここに頼むぞ~。

仕上がったフレーム
フレーム保護が目的、と伝えてあったので、フレームに入った傷などは埋めないでそのまま塗ってもらっている。でも、ワンオーナーの中古でこいつがウチに来た時より、確実にツヤツヤだ。
IMGP0807_R.jpg

もとのFuel98は「スタリーナイトブラック」という細かいラメの入った黒だったんだけど、今回フレームをソリッドブラックにするので、ロゴは粗めシルバーメタリックのキラキラにしている。
IMGP0810_R.jpg

IMGP0811_R.jpg

IMGP0812_R.jpg

IMGP0814_R.jpg
良く考えてみたら、この場所はリンクで隠れちゃうんだよねwww

IMGP0816_R.jpg

IMGP0818_R.jpg
このフレームを見ながら喰うメシがウマかった!

これから、徹底的に手をかけて組み上げだ!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。