2010/05/30

SDA 王滝 100km 2010年5月

SDA王滝、逆まわりコース。
いろいろ成果が出た。
IMGP1202_R.jpg
御嶽山に、ちょっと雲がかかってたのだけが残念。

今回は、ショウさんの車に乗せてもらう。
途中、やましたさんと双葉SAで落ち合ってランチ。
おいらのわがまま?で、真昼間に日帰り温泉せせらぎの四季に寄り道。
IMGP1182_R.jpg
おいらが道を少し間違えて時間がないので、カラスの行水。
だけど、お湯が柔らかくて、まったり浸かるのにはおすすめ。

松原スポーツ公園についたのは16時ごろ。さっさと受付。
IMGP1183_R.jpg

オイラの宿はいつもの大又山荘。車で10分。
木曽福島に宿をとったやましたさん、朝の場所取りを考えて9ちゃん(やましたさんのバイク)を預かる。
IMGP1184_R.jpg
ショウさんの車、そのまま3台積み余裕。スゲェ。

18時から、まいどの競技説明。
やけに補給食チックなケータリング。
IMGP1186_R.jpg

王滝ビデオでモチベーションが上がり、今年は、例年に無くガレているときいてかなりwktkしてくる。

一通り説明を聞いた後、宿へ。
晩御飯。
IMGP1187_R.jpg
いままで一人で行ってて、ほかの参加者としゃべってたけど、同行者がいると楽しくていいね。

残念なことに、夕食後10時ごろまで仕事して、就寝。
翌朝は3時起き、3時半出発、4時前には駐車場入り。
やましたさんのバイクを置いて場所取りしてたら、一人釣れました。
さすがblog有名人。

4時半きっかりにバイクを並べに行って、この位置。
IMGP1189_R.jpg

5時に42kmスタート地点に向かうショウさんを見送り、まったりコーヒーなど飲んで時間をつぶす。

6時スタート
IMGP1194_R.jpg

道は確かにガレてる。去年のONGRぐらいか。
山が崩れて道が狭くなってるところとか。
IMGP1201_R.jpg

小休止しまくり、写真撮りまくりの「ウサギさん走法」、牛ジャージなのにwww
真面目に走るNしまジャージのY崎さんを抜いたり抜かれたり。
うっとおしくてすいません。
IMGP1205_R.jpg

御嶽山はきれいに見えるが、ちょっと雲がかかってる
IMGP1209_R.jpg

50km地点で9:55ぐらい。
IMGP1214_R.jpg
計算だとゴールは7時間台かな。

こんな山ん中で交通安全ののぼり。
IMGP1216_R.jpg

第3CP。11:15ぐらい。
IMGP1217_R.jpg
10分ほど昼寝。

濁川を渡った。一昨年にタイムアウト、去年はコース変更でこれなかったところ。
IMGP1224_R.jpg
ただ、御嶽山は雲に隠れて見えなかった。
目標達成ならず。

最後のピーク周辺は、地味な登り返しが繰り返し。
下りマダー?とブツブツ言いながら走る。
IMGP1225_R.jpg
最後の下り、あんまり人がいなかったから抜かせなかった。

松原スポーツ公園に戻ってきて、ペヤングときつねうどんを一気食い。
去年は箸を忘れてこれができなかったんだ。

ショウさんは42km女子総合2位。すごい。
IMGP1229_R.jpg

レース中、写真は40枚。

Time.7:24.52
HR Ave.78%
HR Max.88%
Cal.4891KCal
Dist.98.0km
Spd.Ave.13.7km/h
Spd.Max.63.9km/h


より大きな地図で SDA王滝2010年5月 を表示
スポンサーサイト
2010/05/29

王滝に行ってくる

お天気微妙だぬ。
御嶽山見えるかなあ。
14時間労働を4日やった後なのでヘロヘロ。
今日、どれだけ眠れるかが勝負?
2010/05/23

王滝準備 ツールカンの中身

携帯工具を買ってきた。
ツールカンの中身。
IMGP1181_R.jpg
タイヤをMAXXISのフライウェイトにして、工具も小さくなったら、ツールカンがスカスカに。
スキマに軍手でも入れておくか。
2010/05/23

携帯工具 テスト→失格

王滝のために、ツールカンの中身をチェック。
チェーンのコマとかピンが全然入ってない。
チェーン切れたらやばい。

あ、そうそう、携帯工具でチェーン切れるよね?大丈夫だよね?
ということで、テスト。
IMGP1177_R.jpg

メリ、と変な手ごたえ
IMGP1178_R.jpg

ダメだこりゃ
IMGP1179_R.jpg

ちなみに、この工具、プラスチック製のタイヤレバーも付いてるんだけど、外でパンク修理してるときに折れた。
そういえば、携帯工具でちゃんとチェーンを切れたためしがない。
これでは御守りにもなりゃしない、ただの重り。

LIFUのチェーンカッター買ってこよう。
2010/05/23

33回転 久々に6トレ

33回転をメンテして乗りたくなったとか。
ここんとこ黒炭号ばっかりだとか。
やましたさんと○○の取引とか。

武蔵村山 本町のコンビニで、6公園で食べようと、チョコモナカを購入。
やましたさんから下山メールが着たので、で休憩しながら待つ。
やましたさんと合流して、取引がてら駄弁ってたら、サイクロンさんにも遭遇。
20分ぐらいおしゃべり。

解散して、6公園へ。
IMGP1172_R.jpg
そういえば、ONGR中止6トレ以来、3週間ぶりだけど、木々が茂って鬱蒼としてきている。
おとといの雨のわりに、南側はマッドではない。

ご褒美のチョコモナカ。これからの時期は欠かせない。
IMGP1173_R.jpg
食べるまでに時間がかかったので、モナカの中はクリーミーw

まだ、噛んだり刺したりする虫にはあわなかったけど。
欄干に手をかけようとしたら、こんなのが。
IMGP1175_R.jpg
2010/05/23

プーリー( ゚д゚)y━

2chのプーリースレの1

未曾有のロードバイクブーム
健康を求める人々が店に押し寄せ
スポーツタイプ全般が売れに売れ
取り扱い店舗の利益率は半期ごとに記録を更新。
ただバイクは売れ、ロングライドと称したイベントも多いのに
一向に売れ行きの伸びないプーリーやクリーナー。
哲学的。


まあ、哲学かどうかはさておき

黒炭号、33回転と、立て続けにリアディレーラーのプーリーを交換。
ちょうど、ほかにもプーリーを交換した方や、プーリーの歯が欠けた方もいるので、時事ネタ。

こないだまで、BAZOOKAのセラミックベアリングプーリーを使ってた。
b257s.jpg

ベアリングの回転は、セラミックベアリングそれなりの滑らかさ。
ただ、シマノの特許?であるユニグライド(UG)システムがないので、シフトの調整がシビア。決まり具合がイマイチ。

ユニグライド(UG)・・・ガイドプーリーが左右方向にカタカタ動く仕組み。あれはガタじゃないんだ。

黒炭号は、DURAの新品に交換。
33回転は、ガイドプーリーだけを黒炭号のお古のシマノXTR純正にした。

ちなみに、取り付けて手で回してみると、その滑らかさは
新品DURA-ACEプーリー=使い古しのBazookaセラミックベアリングプーリー>使い古しのXTR純正プーリー

参考
黒炭号のプーリーを交換したときの画像。
右の黒いのがDURA-ACEのプーリー。
IMGP1082_R.jpg

ガイドプーリーのベアリングは、オレンジ色のコンタクトシール。
これならユニグライドだし防水・防塵性も安心。

テンションプーリーのベアリングは、黒色の・・・非コンタクトシール?
非コンタクトシールだと、防塵効果しかない。水を防げない。

※コンタクト・非コンタクトシールのベアリングの違いは、ググれ

XTRのプーリーも、テンションプーリー(右)のベアリングは、シールが黒いから非コンタクトシールかな。
p4280347.jpg
※画像はやましたさんのblogから勝手に拝借

シマノはワイヤーのアウターをロード用・MTB用を分けるなど、MTBならではの耐久性をよくよく考えてくれてるのだが、これでいいのか?いや、ちゃんとメンテしろ、マメに交換しろってことと解釈。
個人的には、防水性もあるコンタクトシール型セラミックベアリングを使った、他社製ので行きたいと思う。
2010/05/23

33回転 久々にメンテ

曲がっていたチェーンリングを交換。
IMGP1169_R.jpg
LX/SLX→XT。

旧XT(FC-M752)は、チェーンリングのアウターとミドルをわざわざ専用にするいやらしい設計。
現行のFC-M770用のミドルチェーンリングをつけようとすると、赤矢印のところを少し削らないといけない。

で、削ってわかる、チェーンリングの硬さ。
これなら簡単には曲がらないでしょう。


いろいろ点検してたら、リアディレーラーハンガーの取り付けネジが緩んでたので、ネジ止め剤を入れて再固定。

写真がないとわけわからないなぁ。でも、忙しい上にデジカメの電池が切れたので、省略。後から見直したらわかりにくそうだけど、御免
2010/05/20

王滝準備せねば

いくら鍛えても、登り時間が長いと脊柱起立筋が痛くてどうにもならない。
先日の富士見で、筋肉の痛み止めを使ったが、まったく効果なかった。


キネシオテーピング
が気になっている。最近、してる人多いよね。
リンパの流れを確保して疲労回復に効果があるという。
日曜日はテーピングして長い坂を上りに行こうかと。

あと、カーボショッツを買いだめしないと。
通販で買ってもあまり安くないので、近所のOSHMANSで買い占めてこようかwww
2010/05/18

第7回 アドベンチャー・イン・富士見(当日)

4時半起床。天気がいいぞ。
IMGP1107_R.jpg
ちょうど権現岳・赤岳あたりから日が昇る~

朝ごはんは、S澤さんが用意してくれた牛丼。
これでスタミナはばっちり

6時。スタート位置にバイクを並べる。
IMGP1114_R.jpg
前方にはエキスパートや50+RUN10kmの人たち。
オイラはMTB50kmの前から4列目!

ちょっと後ろには、S.M.Cのtakuroさん&しげさんのバイク。
IMGP1115_R.jpg
明るい色が目立つね!

7:30スタート
IMGP1122_R.jpg
ほぼスタートしたときに位置のまま、いきなり3.8kmで標高差120mの下り。
スタート位置がすぐ後ろだったショウさん。真後ろにはGAGAさんもいたはず。
IMGP1121_R.jpg
のどかに見えるけど、大集団の中で30kmぐらいで坂を下ってます。

4kmぐらいから、舗装路の登りが始まる。
途中で未舗装路になって、18kmまで。

スタートから10km地点のエイドステーション
IMGP1126_R.jpg
こんな写真を撮ろうと、ジャージのポケットからカメラを出したりしまったりしてたら、ジャージに貼ったゼッケンが取れてしまった!ちょうど後ろでGAGAさんが拾ってくれて、ほかのライダーが「ゼッケン取れましたよ!」って教えてくれたのですぐ回収。二つ折りにしてジャージのポケットに・・・(伏線?)

15km過ぎ、南東向き斜面をだいぶ上まで上がったところ。
雪を冠する南アルプス。駒ケ岳と鋸岳、かな?
ここは普段は閉鎖されている林道なので、この景色は普通は見れません。
今回のお目当てのひとつ。
IMGP1130_R.jpg

IMGP1132_R.jpg

この後、斜度がなだらかになり、北東斜面に回りこむと、道端に雪が。
そんなところで、佐々木選手と竹谷選手が追いついてきた。
IMGP1139_R.jpg
佐々木選手もゼッケン取れちゃってる。
「やっぱ取れちゃいますよねー、安全ピンでとめないとだめですねー」なんて会話しながら少し併走。

このあと竹谷選手、左手に見える雪の上にバイクで突っ込んでいた。
何事かと思ったら、こんな写真をとってた。
強さ故の余裕で、MTBを楽しみまくってる竹谷選手。かっこいい。

程久保山から小黒川へ下る途中の、カラマツ林?植林?自然の中に突然の幾何学模様。
IMGP1141_R.jpg
しばらく山腹を走った後、小黒川まで激下り。40km/hぐらい出る砂利道は怖い。

小黒川に出たところで、GAGAさんに追いつく?
あれ、いつ抜かれたの?(第2エイドで抜かれてたらしい)
IMGP1144_R.jpg
何回かツーリングできたことのある道。だけど上るのは初めて。
ちなみに、長谷村から上ってくると30kmぐらいになるから、遠すぎる。

いつもの「あけたら閉めてね」ゲート。
今日はあきっぱなしなのでちょっとつまんない。
IMGP1145_R.jpg

このあと牧場に出ると、下り基調の舗装路。
エアロポジションを取ってクランクまわしていく。
どんどんスピードが上がる。

そのままのテンションで池ノ平に突っ込む。
草の生えたダブルトラックをおかしなテンションで突っ走る。

途中で急にシングルラックの部分があって、落っこちそうになる。
IMGP1150_R.jpg

最後の地獄。Cコース手前の激坂。
IMGP1152_R.jpg
今回は足を付かずに上れたけど、もう上りたくない。

このあとはCコース。
アイウェアのレンズをハイコントラストに変えて、TALASを140mmまで延ばしてから突っ込む。
でも、半年以上ご無沙汰のCコース、試走もしてないからジャンプで飛べないしコーナーでラインに乗れない。
しかもすぐに誰かに追いついてしまうので、フラットアウトできたところはほとんどない。

下りきって、ゲレンデをちょっと登って、シングルトラック走って、スタート地点に戻ってゴール。
ゴールタイムはたぶん3時間20分15秒ぐらい。
ただし、センサーが反応しなかったので機械によるタイム計測はエラー。
ゼッケン二つ折りがいけなかったらしい。
後日ビデオ判定でタイムが出るらしい。

データ上、ゴールの記録がないので、14時ごろ安否確認の電話がかかってきますたw

先日のONGRでご一緒したショウさん、なんと女子で50km優勝。
IMGP1160_R.jpg
高原野菜ゲットおめでとーございますwww

もらったトロフィーの天辺についてるオブジェはピストバイク。
「私こんな自転車持ってない」とあきれていたけれど・・・
IMGP1158_R.jpg


より大きな地図で アドベンチャーin富士見 を表示

レースのアフター

富士見まで来て、Cコース一本で帰るのはもったいないよね、と一人居残り。
IMGP1162_R.jpg

IMGP1164_R.jpg
人がぜんぜんいないCコースを、じっくり確かめるように走ってきた。
実は勢いに任せてぶっ飛ばすほうが簡単だったりするだけど。
2010/05/18

第7回 アドベンチャー・イン・富士見(前日)

平日は仕事が忙しく、午前中は歯医者。
12時 準備を開始
13時 出発、とちゅうでお買い物
14時 高速に乗る
出足が遅すぎる。

天気がすごくいい。

小淵沢ICで降りると、眼前には駒ケ岳。
IMGP1092_R.jpg
この時点で16:08。もうCコースの試走はムリ。

駐車場について、10分前に受付完了。
S澤さん、GAGAさん、T原さんの車&タープを見つけて待っていると、Cコースの試走を終えた3人が戻ってきた。

IMGP1093_R.jpg

黒炭号。
(ちなみに、黒炭(こくたん)です。黒墨でも黒檀でもありませんwテストに出るかもよ)
IMGP1094_R.jpg
フレームはXCフルサスだけど、MAVIC CROSMAX XL、IRC MIBRO 2.1、フロンとフォークは140mmまで延ばせるFOX TALAS。一応「Cコース攻めるぜ!」仕様。

T原さんのCANNONDALE RUSH SL。
IMGP1096_R.jpg
T原さんは始めてのMTBの大きなイベントとのこと。

GAGAさんのGARYFISHER MANBA。
IMGP1097_R.jpg

S澤さんのGIANT MCM。10年もの。
IMGP1098_R.jpg
Nしまジャージに恥じぬ登り速度を持つS澤さんだったが、Cコースを試走して勝負は捨てたようなことをいっていた。
確かに機材がものをいうDHでこのバイクは不利。

晩御飯は、S澤さんが用意してくれたキムチ鍋。
日が暮れてきて冷えてきたけど、すごくあったまった。
お肉もたくさんで、おなかいっぱい。
IMGP1105_R.jpg

寝床はアテゴン。
断熱シートで窓を目張り。
IMGP1099_R.jpg
おかげで快適に寝られた。
カーステを大音量で鳴らしながら2時ごろにやってきたハゲに起こされたけど。
2010/05/15

アドベンチャーin富士見に行ってくる

歯医者に行って、お昼ごろから出発。
なのに、朝になっても準備といえばGPSデータを作ったのと、多少の食料を買っておいたぐらい。
仕事が大変だったので、体のメンテナンスどころか、ちょっと神経痛が出てたりする。
まあ、今日のうちに富士見についてCコースかっ飛ばせば直るでしょう。
とりあえず現地行かないと。
2010/05/15

ESET NOD32が重過ぎる

PCを交換してOSから入れなおしたときから気になってるんだけど、NOD32が重い。
NOD32のプロセス(ekrn.exe)のCPUの使用率は常に50%近い。
VistaFaceはいつも怒った顔になっている。

20100515.jpg

一度ウイルスパターンが更新されて落ち着いたことがあったので、環境変えたのが原因なのか、パターンが原因なのかわからない。
プチフリよりはマシなんだが、それでもPCが変に遅いと、動作を待っている間にいろんなことを忘れてしまうので困る。
2010/05/12

SDA王滝2010年9月 当選!

キタ━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━!!!

もう!今週末は富士見、月末は5月王滝だってーのに。自転車ばかりで困っちゃう!
2010/05/10

OGR山

GAGAさん、やましたさんと、ニュータイヤKENDA KARMAを林道でテストライド。

橋の下に車を止めて、やましたさんがスペアとして購入していたタイヤを譲ってもらい、その場で赤鉄零に装着。
ちなみに、やましたさんもKARMAの新品、GAGAさんはASPENというニューモデル

少し舗装路を走って、林道に突入。
IMGP1084_R.jpg
いたるところ水が出ていてびちゃびちゃなので、降りはゆっくりめ。

途中、RiseRideの店長さんに会う。やましたさんが気がついたんだけど、よくご存知ですね。
往路のくだりで、GAGAさんとやましたさんがBikeを交換。
やましたさん「タイヤでか!」
GAGAさん「小回りきく!」
小回りの件は、GAGAさんの29erはアンダーステア気味だたらしいのだけど、前のタイヤ空気圧を下げたら、同じように曲がるようになったそうです。

基本的に眺望がない道だけど、たまに足元の相模川が望める。
IMGP1087_R.jpg

林道の往復、取り付きまでのアプローチを含めて24km。
ONGRよりちょっと短いぐらいだけど、意外と楽しめる。
ONGRが、仮想王滝の最初の10kmや無限坂だとすれば、OGR山の雰囲気は王滝川北側の山麓に似ていると思う。

KARMA@林道は、2.4Barでいい感じだが、2.2~2.5で結構乗り味が変わった。
エアゲージの誤差でも乗り味が変わるので、エアゲージを使ってきちんと管理したい。
・・・どれだけ覚えているか判りませんが、とりあえず決意だけ表明。

Time.1:32.44
HR Ave.71%
HR Max.85%
Cal.914KCal
Dist.24.2km
Spd.Ave.15.6km/h
Spd.Max.38.8km/h

タイヤ周長をあわせてないのだけど、サイコンが示す速度は、GPSのそれよりも0.2km/hぐらい低め。ということは、KARMA2.0の周長はMIBRO2.1よりも長いんだね。

プーリーをBAZOOKAのセラミックベアリング入りからDURA ACE 7900のに交換。
シフトがきれいに決まる、走ってる途中でシフトが変わらない。
やっぱりシマノの変速性能は世界一イィィィィィ。
IMGP1083_R.jpg
2010/05/08

KENDA KARMA

やましたさんから借りたKENDA KARMA 2.0 DTCのインプレ
karmas_R.jpg

DCT(デュアルコンパウンド)のセンター部分は固目といっても、MAXXISの70コンパウンドよりは柔らかいと思う。
IRC MIBROのコンパウンドよりは粘っこい。
特筆すべきは、タイヤの外側のコンパウンド、Stick-E。。
MIBROはセンターとサイドの間にグリップの谷間があるから、あまりバイクを倒さないように曲がるのだが、KARMAだとグリップ抜けの不安がなかった。

タイヤのショルダーの柔らかさ、シンプルな形状のノブが醸すのり味、ラウンド形状からくるバイクを倒したときのグリップ変化は、IRC SERAC XCに似ている。
IRC SERAC
最近はSEARACがすっかり入手困難であきらめていたのだが、こんなところに似たタイヤがあったとは!
SERACはノブの角を落としてあるから、硬い路面では滑らかに走れたのだけど。
KARMAはブロックがただの四角なので、転がるときにブロックの角が当たる感覚。これはちょっと残念。

タイヤがぺらぺらなのでパンクが心配だけど、ローカルで利用者が増えてるけどパンク頻発ってわけではないし、おいらはあまりパンクしないほうなので、大丈夫でしょう。

走りの軽さは、わかりません。
だって、やましたさんはチューブドタイヤをチューブレスにして使ってるんだもん。
軽いに決まってる。
自分用のは普通にチューブ入れて使うので、そこで判るでしょう。
2010/05/08

KARMAお試しライド@A山

ONGRのときに、フロントタイヤにサイドカットがあるのが判っていたので、タイヤを買うつもり。
でも、KARMAにしようか、やっぱりMIBRO for Marathonにしようか。
ウダウダ考えていたら、やましたさんが中古のKARMAを貸してくれるという・・・。

ということだったのだが、
「中古っていっても山はだいぶ減ってるんだよね、タイヤの性能を試すなら新品のほうがいいでしょ」ということで、
タイヤを交換したばかりのホイールごと借りることに。

やましたさまはかみさまです(ー人ー)

IMGP1072_R.jpg

ホイールがライトシルバーで、少し清楚になりました。今日一日だけ。
IMGP1071_R.jpg

A山を軽く一回り。
IMGP1075_R.jpg

印プレは別のタイトルで書きます。

タイヤロックさすなよ、道が傷むからな
IMGP1077_R.jpg

A山を出た後、チューブだけ買ってきた。
MAXXISのフライウェイト。
もう交換準備万端

Dist.40.5km
2010/05/08

勝間・ひろゆき対談

ひろゆき日記@オープンSNS。
勝間さん対談の睡眠不足の反省と、幸福論

勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
ひろゆきさんとの対談について、心から非礼をおわび申し上げます

やや散文的な感想。

勝間の非礼な態度と、謙虚でヘラヘラした博之の態度が印象に残ったけど、それはその場の空気の話であって、後でこのようなフォローをすることからも、双方の本質的な部分は悪くないと思う。
(裏に大人の事情があるかもしれないけど、そんなことはどうでもよいし、詮索しないのが大人でしょう)
時間に縛られないコミュニケーションを可能にしているネットというメディアはすばらしい。
普通の人にとって、TVの時間の枠は、ものを考えるには短すぎると思う。

価値観が違うのだから分かり合えるはずもない。
それは悪いことだと思わない。

勝間が前提として語る事柄に「なんで○○なんですか?判らないんですけど」と聞き返すひろゆきの反応。一緒に仕事をしているAccentureのコンサルタントや、手ごわいお客さんだった大手出版社の人たちに似ている。一見素朴なリアクションではあるけど、これに答えるためにはテーマに関する事実の完璧な把握が必要。勝間は相手が悪かった。勝間の「クロストーク」はたまに見るけど、あまり投稿者のFeedbackを取り込める人ではないようだ。

ちなみに、私はこの手の議論はまったくだめ。
持ち前の細かさと気づきを武器に培った経験しか強みがないので・・・。
2010/05/07

【予定】5/9 林道でテストライド

王滝用のミブロマラソンがやばいです。
パンク寸前のタイヤカットが何箇所も。

で、やましたさんから5分山のKENDA KARMAをもらえることになりました。
これで日曜日、どこかの林道に行きたいですけど、行き先決めてない。

候補
中津川林道(片道3時間、ちょと遠い
白金林道(ガレ道はあまりないので、はっきり行って王滝の練習にはならない
OGR山林道(近いけど短い。長いこといってない。通れるのかな?
ほかにも白石峠周辺にも林道があるとか・・・
2010/05/05

ONGR

ONGR練。4/29は雨に降られてDNS。そのリベンジ。
11人でワイワイライド。
IMGP1054_R.jpg
この季節は新緑と山桜がきれいだー

林道基点から1kmはアスファルト舗装。
IMGP1044_R.jpg
これは、去年から工事やってたから了解

最初の沢ポイントでいきなり休憩。GAGAさんを見送る。
IMGP1046_R.jpg
GAGAさん、本番に向けてbike改良に余念がない。

簡易舗装がだいぶ進んでいる。
IMGP1047_R.jpg
林道基点から8kmあたりのガレたヘアピンなんかすごく走りやすくなってしまって、王滝の練習には物足りなくなってしまった。

9キロ地点あたりからは軽くガレてきた。林道始まったな。
病み上がりで写真撮りながらユルライドのS澤さん。
でもやっぱり登りは速いんだ。
IMGP1056_R.jpg

いつものエイドステーション。欠かせない。今日は乾燥しているので、水がんまい!
IMGP1058_R.jpg
おいらはいつも飲んでるから平気ですが、皆さん、おなかは大丈夫でしたか?

沢の先は、えらいことに!
IMGP1061_R.jpg
折れた木には申し訳ないが、こういうの見るとワクワクする。

後半はいつもどおりのガレ道。
タイヤが薄い人はパンクで苦労したようだ。
本番の王滝はこんな感じなんで、薄タイヤは危ないかも。

林道終点の全員到着を待って、NNGR林道。
IMGP1062_R.jpg

こちらも一部は工事できれいになってるけど、全般的にいいガレっぷり。
降り先頭隊長を仰せつかり、ぶっ飛ばす。

ショウさん、いいSmileでてます
IMGP1064_R.jpg

GAGAさん、侍ジャイアンツさん
IMGP1066_R.jpg
GAGAさんこのあとタイヤ空気抜けでタイヤベコベコ

やざきさん
IMGP1067_R.jpg
あ、おいらもたまにはEランジャージ着てみようかな・・・

bさん、青Trekさん
IMGP1068_R.jpg
同じTREKでも、フラッグシップのFuelに乗るオイラより、ミドルグレードの4500に乗る青Trekさんのほうが断然速い。orz

きくかわさん、ヘルメットご愁傷さまです
ながみねさん、パンクの神様に愛されすぎでしたね
IMGP1069_R.jpg

やましたさん、しんがりお疲れ様でした
IMGP1070_R.jpg

収穫
カーボショッツ信じてるので、飲んだだけで体が楽に。プラシーボ効果もあり。
リンク周辺の異音は、ワイヤーアウターがシートクランプにあたる音だった。まったく問題ない。
サスのストロークにあわせてギアが変わることがある。ワイヤリングを修正しないと。
降りで飛ばす感覚が少し戻ってきた。目線は遠くになってきた。でも、まだバイクの上で体が硬い。

Time.2:17.50
HR Ave.78%
HR Max.104%
Cal.1577KCal
Dist.33.9km
Spd.Ave.14.8km/h
Spd.Max.51.7km/h
2010/05/05

7トレ コソ錬

7トレで黒炭号のサスセッティング。
IMGP1035_R.jpg
一人で黙々と走りながら。
道は乾いているところが多く、タイヤはアドベン富士見の下り対策でミブロなので、グリップは十分。
グリップするタイヤだとこんなに楽しく走れるんだな。
基本装備はミブロでいいんじゃね?と考えてみたりして。

だいぶ虫が増えてきた。
トンボ発見。
暑いアスファルトの上で元気がないので、水の近くに移動してやった。
IMGP1037_R.jpg

落し物
IMGP1038_R.jpg
飲むのは怖いので、洗車に使わせていただきました

馴染んできたのか、サグがとりやすくなった。
これでサグを取り直してみたら、空気圧は前後130(lb/in^2)→100まで落とすことになった。
これで乗り味はかなりやわらかくなった。
ただし、リアサスがよく動くようになって、ロッカーリンクから軋むような音が出やすくなった。
ネジの締め付けトルクを上げて様子を見よう。
2010/05/05

車中泊練www

昨日の柳沢峠で、山梨のほうの山は新緑がきれいだった。
ドライブも楽しそうだな。

自転車イベントに向けて自転車に乗ってるといろいろ問題発覚。
アドベン富士見は車中泊の予定だけど、ちゃんと寝れるかな?
ということで、車中泊の練習をしに、三富にいってみた。
三富であることに、あまり意味ない。
あえて言うなら、すごく山奥だけど設備がまあまあいいから。

結論から言うと、窓を全部断熱して暖かくすれば寝れそう。
朝ごはんも、どん兵衛うどんなんかを持っていけば余裕。


雁坂みちでちょっとすごいものを見た。
対向車線に、車に轢かれたでっかい鹿(の死体)
対向からコンパクトカーが下ってきた。
こっち車線に出てきてよけるだろうと思ったら、そのまま鹿に乗り上げた
跳ねる車、轢き摺られる鹿。

これのせいで、寝つきはすごく悪かった・・・(;´Д`)
2010/05/03

柳沢峠

侍ジャイアンツさんと「たまにはロードで走りましょう、ゆるく」という企画。
走力差があるのは判ってたのだけど、補給に失敗した。
orz
IMGP1032_R.jpg


侍さんと待ち合わせるだけなら拝島あたりが都合がよかったんだけど、他の参加者が拝島の駅だとイマイチらしいので、実質的な集合場所は青梅駅になった。

青梅周辺はお祭り
IMGP1014_R.jpg
車両進入禁止の青梅街道を走る地元の車を追い払う警官の、ヒトを殺しそうな目つきが印象的ですた。

新緑がきれいで、大変すごしやすい。
自転車もバイクもたくさん来てた。
IMGP1020_R.jpg
休憩は長めになってしまったかもしれないが

奥多摩周遊に向かうPedalFarジャージな3人(Inagaki.Mさん、きくかわさん、rieさん)と別れ、侍さん・中川さんと柳沢峠を目指す。
IMGP1027_R.jpg
新緑がきれいだー

落合の手前1キロ付近からちょっと様子がおかしくなる。
落合で休憩して少し持ち直すが、どんどん力が出なくなり、柳沢峠2.5km手前から吐き気や寒気がして、7km/hでしか走れなくなる。
・・・
命からがら?柳沢峠に到着。
バイクの爆音とライダーの一服の煙が堪える。
顔とアームウォーマーが塩気でじゃりじゃり。
・・・ああ、これは塩分不足の熱疲労だね。
日よけのつもりのアームウォーマーで暑くなかったので油断した。
補給もカロリー重視でミネラルとか考えてなかったし。

スポーツドリンクと持っている食べ物を全部食べて少し回復。
塩山に下ってコンビニでカップラーメンを食べたらだいぶ回復。

いつもの脊柱起立筋が痛くて、熱疲労のダメージで頭痛も出始めたので、旧笹子峠はあきらめて笹子トンネルを通り、大月でリタイヤ。
帰りの中央線でさっさと帰れると思ったら、人身事故で電車は遅れ、家に帰ったら18:30。

富士見、王滝の前にやってよかった

Time.5:50.06
HR Ave.72%
HR Max.102%
Cal.3500KCal
Dist.143.4km
Spd.Ave.24.6km/h
Spd.Max.68.6km/h


より大きな地図で 柳沢峠、大月まで を表示