2010/09/28

SDA王滝2010年9月 写真

オールスポーツでSDA王滝の写真が公開された。
最初、パスワードがわからなくて困った。

001.jpg

002.jpg

王滝手拭い、見た目いまいちだなぁ。
次はジャージの中に入れて走ろう・・・
スポンサーサイト
2010/09/27

奥武蔵某峠

奥武蔵山系はほとんど走ったことがないので、楽しみにしていた。
同行者 masaさん、白マグさん、スギィさん、nodasyuさんARAさん

「シゲピンちゃん前行って」といわれると、後ろからヘッドカムで撮影してもらえます。
どうやら隊長は、無謀にもハードテールで参加したオイラのクラッシュシーンを狙っているようですwww
期待には応えたいが、痛いのはイヤです。
100926_08.jpg
実は、先頭は蜘蛛の巣ジゴク。

季節か土地柄か、蜘蛛がまあまあ大きいので、巣も大きくて丈夫です。
目の前に蜘蛛がいるのがわかるのですが、見ないようにしますwww
通り過ぎると「ミチミチミチ」って音がします
数えきれないほどの蜘蛛の巣を壊しました。
蜘蛛さんごめんよー

bloggieを持って行ったけど、走行中に撮影などできるはずもなく。
バイクマウントを作らねば。

DSC00104.jpg

DSC00110.jpg

DSC00126.jpg

000000900.jpg

今回は、ハンドルを幅600mmのライザーバー、タイヤをMAXXIS ARDENT 2.25にした33回転で初山。
前半はフィーリングの違いに苦しみ、上手な皆さんについていくのに苦労した。

ハンドルが軽さに慣れてないので、フロントの接地感がないような錯覚に陥って限界がわからない。
ハンドルバーが上がって、フロント荷重の感覚がわからない。
終盤、ハンドルの幅は慣れてきたけど、ハンドルのライズはもう少し小さいほうがいいみたい。
ステムはMAXまで下げてるので、15mmライズがよさそう。

転倒足つきでまた右足首ヤっちゃいました。
山走りのときは、足首の可動域を狭めるハイカットシューズにすべきかなぁ。
2010/09/25

動画編集に必要なもの

王滝、富士山と動画をとってきた。
再生はできる。

Windows Liveムービーメーカーで、編集にトライ。
動画の撮影終了を、カメラのレンズ収納で行っているので、動画の最後はぐるりと視界が回っている。
必ずトリミングせねばならない。


動画を取り込んでみる。
PCがウンともスンとも言わなくなる。

CPUのメーターが振り切っている。
CPUをAthron x2 BE2350から、Phenom 9350e に変更。

Windows Liveムービーメーカーで、動画を取り込んでみる。
PCがウンともスンとも言わなくなる。

今度はメモリフル。
2GBではメモリが足りないらしい。

余ってるメモリ4GBに取り替えてみる。
A-DATAという怪しいメーカーのもの・・・不安だ・・・

再び動画を取り込んでみる。
無事取り込み完了。

よしよし

タイトル入れたり、
クロスフェード設定したり

PCがSTOPエラー(いわゆるブルースクリーン)で落ちる。

PCに使ってる部品がどれも怪しすぎて、何が悪いんだか切り分けができない。
おとなしくメーカー製のPCでも買いますかね・・・。

動画編集してる皆さんは、どうしてますか?
2010/09/25

三度/^o^\フッジサーン

またまた行ってきた。
スバルライン。

今回は軽車両隊。
オイラは王滝の疲れが抜けてない。あれから3日目なのに。
他のメンバーは最近あまり自転車に乗ってない。
半数はこのルート初めて。
休憩をトリトリ3時間かけて5合目まで。

マイカー規制の時に、何度行っても雲の中だった4合目大沢駐車場はピーカン。
IMGP1860.jpg
山頂がくっきり見える。
こんなの見たことない!

5合目手前の路傍駐車場からもくっきり、すぐに行けそう。
IMGP1863.jpg
富士山の山肌って、赤いんだね。

5合目は観光客がいるけど、夏登山シーズンが終わって6合目から上には行けないので、登山客は少ない。
IMGP1864.jpg
LOOKに乗っているフランス人が声をかけてきたので、軽くお話ししました。
私もLOOKのバイクを持っているよ、765だ
っていってたけど、そんなモデルあったっけ?
あーもうちょっと英語しゃべれれば楽しかったんだろうなぁ。

翌日の天気予報は雨。
北東の空には大きな雲ができていた。
IMGP1866.jpg

この時期にまさかこの天気、この日差し。
油断してアームカバーしていかなかったので、日焼けしてしまった。
2010/09/23

山DH【THE VOLCANO】ムービー公開

昨日行った山を下ってきたときの映像。
山DH【THE VOLCANO】ムービー公開

赤のFOXジャージがオイラです。
妙に前傾しているなwww

ビデオで見るとすいすいまっすぐ走ってるように見えますけど、足元の溶岩砂礫が柔らかくてタイヤが埋まるので、まっすぐ走るのもやっとなのです。

ビデオを見ると、もっとこうしたい、ああしたいって思いがどんどん湧いてきます。
またいきたーい
2010/09/23

SDA王滝2010年9月 反省

サイコン・ハートレートモニタのデータ
最大心拍の設定を間違えていたらしい

Time.9:13:31(サイコンのRideTimeは7:57:52)
HR Ave.89%←そんなはずはない
HR Max.105%←そんなはずはない
Cal.6857KCal←もう少し少ないはず
Dist.98.2km
Spd.Ave.12.3km/h
Spd.Max.46.8km/h


通過時刻、去年との比較
CP1 35分遅れ
50km地点 50分遅れ
CP2 50分遅れ、さらに休憩20分
CP3 70分遅れ

ペースの比較
2010年
20100919スピード

2009年、7時間32分で完走したが、この年は前半コース変更
20090920スピード

パッと見、あんまり違わない様に見えるが、登り平均速度が1km/h違う。

とにかく、前半で一気に35分の遅れを作ったのが痛い。
撮影ポイントが伝上川くらいなので、ここで頑張るべき。
でも、7時間台ペースで走ろうとすると伝上川から見る御嶽山はまだ日影なんだよね・・・

登りで平均速度が1km違うと、平らなところがほとんどない王滝では30分~1時間の差になる。

去年はピークのてっぺんでは必ず停車休憩していたので、それに比べれば停車回数は減っているはず。
でも、サイコンの走行時間とGPSの所要時間を比較すると、停車時間は1時間16分ぐらい。
確かに、CP2のように停車した時は割とのんびりダラダラしてました。

撮影してるから???
・・・動画撮影は乗車中のものが多いので、実はあまりタイムロスになってないはず。
2010/09/21

SDA王滝2010年9月100km

タイムは8時間58分ぐらい(公式タイム未確認)
初の8時間台・・・ってタイムに関連する反省は後日別の機会に。
今回はめっちゃ楽しんだ。
動画も撮ったけど、編集するので後日公開予定。

9/19
東京脱出に4時間かかる。

17:00 松原スポーツ公園着。
IMGP1788.jpg
例年に無く遅く、往路で温泉にのんびり浸かる余裕などなく。

明日の準備などていたら、競技説明が始まる。
掲示板に何も書いてなかったので、大きなコース変更はないと踏み、遅れて会場へ。
いつも見るとテンションが上がる2008年秋のビデオは、機材トラブルで再生中断した模様。

宿に行って、夕食、21時には就寝。
同じ宿の食卓でベロロ軍曹の名前を発見。どうやら同じ宿だと分かったのは翌日。
大又山荘の旧館はぼろい。
歯ぎしり?いびき?は耳栓で防御できるが、廊下を人が歩く振動は如何ともしがたい。
ともあれ、寝不足でない程度には寝られた。

9/20
3:30 起床
4:00 宿を出発
4:20 自転車整列。時間は同じぐらい、5月よりもやや後ろ。 

IMGP1793.jpg

準備していたらあっという間にスタートの時間。

6:00 スタート

ペースの遅さが気になる。
でも、今回は前にガンガン行ける脚がない。体が重い。
山下さんはスイスイと前へ。
IMGP1794.jpg

不可止さんに声をかけられる。
IMGP1795.jpg
途中までは割と近くを走る。

2007年5月は背筋が痛くて最初の休憩をとった場所。
止まるほどではないが、早くも背筋の痛みを感じ始めている。
IMGP1797.jpg

20km地点付近。
伝上川へのダウンヒルの途中で、ショウさんがベソをかいて止まっていた。
「サドルバッグが壊れちゃったー」
サドルバッグのマウント部分が捥げてます。
数日前にやまゆきさんのblogに書いてあったこと、そのまんま。
相変わらず真面目にやっててネタを拾ってしまうショウさんは引き強すぎ。

実はオイラ、サドルバッグなくても行けたんだけど、外すのめんどくさくってそのまんまつけてきた。
中にはウィンドブレーカーと2本目のチューブ。
バックパックに全部入るので、中身を抜いてショウさんに貸してあげた。

ショウさんを見送って、タイムロスを挽回じゃ!と思ったらこの景色。
おおおおお、今回は空気の透明度が高いんじゃない?
むしなんかできない。いちいち止まります。
IMGP1800.jpg

IMGP1802.jpg
伝上川を渡る橋では二人ほど撮影もしてあげました。

伝上川からちょっと進むと、今度は濁川を渡る。
ここから見える御嶽山は、地獄谷が見えてまた違う荒々しい姿をしている。
IMGP1804.jpg

林の中のダブルトラックになってから、
ペースが遅いなぁ、
でもおいらもペースあげられないなぁ、
と思いながら走る。
IMGP1805.jpg

9:19 第2CP
IMGP1807.jpg
とりあえず、7時間台はないな、と認識。

第2CPの先でまた不可止さんと会い、湖あたりまで一緒に走る。
湖までの下りが調子が良いことに気が付く。
不可止さんいわく、オイラの後ろについてた人はコーナーでコケてたらしい。
いやー、全然攻めてないんだけどな。悪いことしたな。
(何気に自慢かよ感じ悪ぃな俺)

それを見ながらついてくる不可止さんもなかなか速いんですけどね。

湖畔の50km地点で4時間15分。
後半ノントラブルなら8時間台で行けるだろう。
と話をした後、やる気の不可止さんについていけなくなり、湖畔の平坦路で見送る。

湖から登り始めのところで、やまゆきさんLiLiSukeさんに遭遇。
IMGP1808.jpg
登りで声なんてかけてしまったものだから、あちらもこちらも余裕がなくてトークどころではない。
平らになったら話そう・・・と思っていたら、置いて行かれました
orz

そろそろ日差しが強くなって暑さを感じたので、休憩。
IMGP1809.jpg
ちょうど皆さんきつくなってくる頃なので、頭にかけたり、顔を洗ったり、疲労した筋肉を冷やしたりしている。

無限坂で蛇がぐったりしてました。
IMGP1816.jpg
まあしょうがないよ無限坂だからね。

とにかく空気が澄んでいて景色が良いので、休憩しまくり。
IMGP1810.jpg

IMGP1817.jpg

IMGP1819.jpg

IMGP1820.jpg
うーん、御嶽山の山頂には雲がかかってるなぁ、惜しい。

無限坂からひどいガレ道を下るあたりから、下りで腕が上がってしまうようになる。

下って42kmとの合流点に第2CPが・・・ない。
IMGP1821.jpg
「え?なんで??」
「聞いてる?」「聞いてない」
「ちょっと先にあるよね?まさか計測終わりなんてないよね?」
「ダメだー心折れた」
なんて声がwww

ありました。
IMGP1824.jpg
広いスペースに移設というのはナイスな改善だけど、ドエムなリピーターには味な演出ですなwww。

一桁ゼッケンの人がいたので、
「すごい番号ですねー」
「目立って大変です」
そりゃーそうだろう、でもおいしいだろ

係りの人が水タンクをよいしょよいしょと持ってきたので
「ご苦労様です」と言ったら
「あ・・・はい、みなさんもご苦労様です」
「あー、お互いご苦労様ですよねー」
なんで和みの会話をしてみたり。

あなごいぬさんに声をかけられる
「えらいくつろいでまんなぁ」
「ちがうちがう、腰が痛くて動けないのよ」
「んじゃ先行きますわ、後から抜かしてください」
「あー、どーぞ、ゆっくりねー」
・・・結局、抜かせなかったようです。

12時を回ったころにいは御嶽山の雲も晴れ、絶景キタコレ。
IMGP1827.jpg
8~9時間台で走るとこんなにイイことがあるのだよハッハッハ・・・

この写真が撮れた瞬間、オイラの王滝はめでたく終わりそうになりました。
まだ20kmぐらい残ってるんだけどね。

IMGP1829.jpg

IMGP1831.jpg

第3CP手前の黒っぽい砂利は楽しく下る。
なんだかフロントフォークのフィーリングがすごくいい。

第3CPの後、登りは背筋がつらくて超ゆっくり。
8時間半を過ぎている。
過去に7時間台と9時間台で走っているので、どうせなら8時間台のリザルトがほしいよね。
(なんか純粋に9時間切りたいといって走っている人には申し訳のない動機だな)

14:40に下り始めて、14:58にゴール。
IMGP1832.jpg
最後の下り、瞬間最大でも40km/hは出してないので安全運転です。
たくさん抜かしたけど。

背筋は痛かったけど、脚はちゃんと使えて疲労度MAX。
表彰式が終わるまでダラダラ片づけてたら、こんな夕焼けが見れました。
IMGP1833.jpg
スローな王滝を満喫しましたよー
2010/09/20

王滝2010年9月100km 帰ってきました

往路は渋滞にはまり9時間。
復路は温泉・車中泊などで12時間。

タイムは8時間58分ぐらい。
撮影した動画12分+画像46枚。

ネタもたくさん・・・本編はこれから書きます
2010/09/17

王滝2010年9月100km 準備中

ドロヨケ装着
IMGP1786.jpg
やっぱかっこ悪いなぁ。

帰りにヨドバシカメラに寄ったら値段が下がってたので買ってきた。
動画用カメラ。
IMGP1787.jpg

今回はカメラ2台持ちで行きますよ
2010/09/17

王滝2010年9月100km 真・持ち物チェックリスト

こちらが本物www

■大事なもの
□参加案内(封筒)
□財布
□携帯電話
□デジカメ(□電池 □メモリーカード)

■バイク回り
□バイク
□ライト(□電池)
□GPS(□電池)
□サイコン(□電池)
□インフレーター
□ドロヨケ

■サドルバッグ/ツールカン
□携帯工具
□タイヤ補修用具
 □チューブ2本
 □タイヤレバー
 □チューブパッチ
 □ガムテープ
□チェーン補修用具
 □チェーン切り
 □アンプルピンx2
 □チェーン切れ端
□ブレーキワイヤー予備
□シフトワイヤー予備
□チェーンオイル
□タイラップ

■車載機材
□工具
 □アーレンキーセット
 □ニッパー
 □フロアポンプ
□バイクスタンド
□洗車用品
 □ブラシ
 □バケツ

■ウェア
 □ヘルメット
 □シューズ
 □グローブ
 □アームカバー
 □サングラス

 ※宿へ持っていくもの
 □心拍計トランスミッター
 □ジャージ
 □インナーシャツx2
 □ソックスx2
 □レーパン
 □ウィンドブレーカー
 □王滝手ぬぐい

■装備品(バックパック中身など)
 □ボトル
 □バックパック
 □ハイドレーションパック(□ホース、□飲み口)
 □携帯財布
 □エイドセット
  □ばんそうこう
  □ガーゼ
  □包帯
  □消毒液
  □コンタクトレンズ
  □目薬
  □痛み止め
  □ポイズンリムーバー

■宿泊用品
 □お泊りセット
  □替え下着x2
  □タオルx2
  □バスタオル
  □髭剃り
 □着替え

■アウトドア
 □水タンク
 □チェア
 □シート
 □コンロ
 □コッヘル
 □箸・スプーン
 □皿
 □寝袋

■食品類
 □携行用
  □ショッツx12
  □塩熱サプリ
  □MUSASHI NI
 □朝用 
  □レッドブル
  □麦茶
  □コーヒー
 □アフター用
  □カップめんx3
   
2010/09/17

王滝2010年9月100km 持ち物チェックリストwww

王滝民族な方、準備してますか?
2chの王滝スレからコピペ貼っておきますね


俺用忘れ物チェック表(2009年9月版)
★必須
□自転車
□参加証
□ヘルメット
□グローブ
□SPDシューズ
□ボトル
★準必須
□ウィンドブレーカー
□サングラス
□フロアポンプ
□携帯ポンプ
□チューブレスパンク修理セット
□チューブ1個
□タイヤレバー
□携帯工具
□ライト
□アンプルピン2個
□アミノバイタルプロ4袋
□ボトル形工具入
□バー型補給食2袋
★その他、宿泊用品等
□ミネラルウォータ2Lx2
□前日、当日朝のご飯(前日にコンビニで購入)
□トイレットペーパー
□タオル大小x2セット
□寝袋
□着替えx2セット
□パンティ
2010/09/12

ONGR

SDA王滝前のONGRライド。

IMGP1782.jpg

練習が足りない人は練習
たくさん練習した人は気分転換
SDA王滝対策したバイクのテスト
バイク、装備の相談
アプローチの作戦会議
・・・

7時にやましたさんをアテゴンでピックアップ。
中央道とR20府中付近は大渋滞。
地元のやましたさんのナビで迂回したが、ヤマさんとGAGAさんは渋滞にはまって集合が遅れてしまう。

SDA王滝の1週間前だからMTBerたくさんいるだろうなぁwktk

・・・駐車場についてみたら、がら空きですた。
IMGP1780.jpg

大幅に遅れたGAGAさんを置いて9:50スタート。
林道に入る前のアプローチでGAGAさんカーとすれ違い。

林道に入ると、兎班3人(N峰さん、侍ジャイアンツさん、やましたさん)、亀班(ヤマさん、ショウさん、オイラ)の2グループに分かれる。

体調がおかしい。
暑さはさほど気にならないが、心拍数がいつもより5ぐらい高く、負荷を上げると目が回る。
疲労と寝不足と治ってない風邪のせいかな。
(前日は息つく暇もない勤務を15時間、テンションが上がりすぎて睡眠3時間)
塩熱サプリと、ショッツと、大量の沢の水を流し込んで少しだけ復活。

ヤマさんは初ONGRなので、沢で待ってくれる。
ショウさん熊遭遇トラウマで単独走を避けるため待ってくれる。
IMGP1783.jpg
休憩を多くとったために、林道24kmに2時間50分かかった。

次の林道の前に休憩していたら、GAGAさん&S澤さんが追いついてきた。
休憩中は、ショウさんのホイールについて対策会議。

NNGRの下りは、最後尾でゆっくり下らせてもらうが、大分慣れてきた。
IMGP1784.jpg

本日の収穫
体調が悪くても、ペースを維持すればダラダラと走れる。
水分補給は、真水と塩熱サプリ(ミドリ安全)でOK。
軽いヘルメット(OKG MSTRO)は明らかに首と背筋への負担を軽減している。キネシオテーピングはいらないかな・・・
日当たりのいい仮想無限坂は、通気性のいい2XUのアームカバーがよさそう。
下りを攻めないなら、アイウェアのレンズは濃いめでOK。
前の変速がよくない。要調整。

本日の反省
あまり頭が回っていなかったので・・・
途中でやっぱりおなかがすいたけど、ショッツしか持ってなかった
作戦会議で自分の行動の決まり具合がはっきりしなかった
帰りの車の中で、やましたさんのお題「グレンラガンのあらすじを10秒で説明せよ」ができなかった
帰りの車の中で、「日高のり子が演じたチョイ役」が思い出せなかった
帰りの車の中で(ry
2010/09/09

王滝2010年9月100km コースプロフィール準備

王滝といえば、LiLiSukeさんのホームページで公開されているプロフィールマップが名物(?)

とはいえ、オイラは GARMIN eTrex Legend HCx を装備しているので、Saved Trackとルートデータを作成してGPSに入れておく。
昨年はコース変更のため変則コースのデータを作った。
ことしは通常コースで大丈夫かな?



ファイル(アップロードのために拡張子gpx→xmlに変えてあります)
SDA王滝Track
SDA王滝Route

SDA王滝Track



簡易版コースプロフィール。
ポイント/距離/標高
P00/05.5/1144=林道入り口
P01/11.2/1520
P02/19.2/1365
P03/26.5/1550
P04/33.5/1560
CP1/34.0/1550
P05/35.8/1590
P06/39.8/1530
P07/43.5/1485
P08/54.6/1445
P09/62.0/1615
CP2/63.5/1470
P10/65.2/1570
P11/68.6/1620
P12/71.4/1650
CP3/77.8/1220
P13/80.6/1430
P14/84.5/1415


2010/09/08

自作GPSマウント

先日のライドで「よく吹っ飛ばないね」と言われた自作のGPSマウント。
富士見でもぶっ飛ばなかった優れもの。

材料
・RAMマウント ホルダー(各機種対応)
・CAT EYE ヘッドライト用マウント?
・靴修理用ゴム板
・強力両面テープ
・皿タッピングビス
・瞬間接着剤

作り方。
1.RAMマウントのホルダーは、背面のねじ止め用の出っ張り部分を切り落とし、4か所ぐらいネジ穴をあける。
2.適当な大きさに切ったゴム板とRAMマウントのホルダーを両面テープで固定し、ねじで留める。
3.CAT EYEのマウントをゴム板に接着し、ねじで留める。接着するとき、取り外し用のつまみを接着してしまわないように注意。

PA311498.jpg


PA311497.jpg
2010/09/07

【予定】9/11(土)ONGR林道

王滝練習の名を借りた、林道ツーリングです(?)
9/11(土) SWRBの湯 駐車場 9時スタート

登りで追い込むもよし、
下りの感覚を取り戻すもよし、
機材のテストをするももよし
2010/09/07

王滝2010年9月100km 目標下方修正

気温が高いのは間違いなさそう。
「7時間切り」なんてたゆまない上昇志向は最初から否定しているけど、真面目に頑張っても熱中症との戦い、引き際の見極めが重要になりそうな予感。

暑さはとにかく苦手。
過去3回の9月王滝で、最初の2回は、日差しだけでも暑くて、木陰で休憩していた。
いずれもタイムは9時間台。
今年も気圧配置からして雲は少なそうだし、気温が高ければそれだけでつらいだろう。

水の余裕と背中の日よけのために、今回もバックパックは背負っていく方向で。
2010/09/05

芙蓉峰巡礼?

普段の山とは全く違う。
異世界。

ハイキング。
IMGP1721.jpg
思いのほか体が温まるwww

標高2000mまで登り、あまり使われない登山道を通る。

柔らかい砂礫が積り、「速度を出さないとタイヤが沈む」と警告を受けていたが、いきなり前輪が埋まって前転する。
前輪を埋めず、操舵力を確保する荷重配分を心がける。
ステアリングは、舵を切って曲がる感覚。
バイクを傾けて、後輪をスライドさせて曲がる感覚。
避けるべき岩を注視すると、バイクはまっすぐ岩に向かって走る。
自分のラインを見極める、そんな当たり前だけど難しいことができないと、走れない。

練習なんて・・・と思ってこちらに来たが、深砂利コースの練習になったかも。

だんだん乗れてきたかもしれないオイラ
100905_048.jpg
溶岩はぶつかるとやばいので、プロテクター装備。

ここはどこの砂漠ですか???
IMGP1766.jpg

荒涼としていて、これだけ広い景色の中に立つのは生まれて初めてかもしれない。
こんなところまで来れるのは、機動力に優れたバイクだからこそ。
IMGP1753.jpg

IMGP1767.jpg

後半は、森林を抜けて下界まで。

下界は灼熱。
車回収に行く道すがら、エコサイクリングの参加者がヨロヨロ走っていました。
2010/09/05

ハッピーバースデー俺

39
サンキューサンキューいっていこうと思います。

そろそろ折り返しか?

知り合いの方数名からメール・メッセージいただきましたが、プロバイダのメールサーバーがダウンしていたので、オイラの受信トレイはさみしいものでしたよ(´・ω・`)

芙蓉峰の雄大な景色がプレゼントになりました。
2010/09/02

NewタイヤGet!

タイトルは某氏の真似です。全角「!」まで。

こないだ青梅のヤマを走った時に、なんかグリップが物足りないなぁと思った。
ふじてんで「なんかカツカツだなぁ」と思った。
今度の山行きの準備をしていたら気が付いた。

「タイヤが細いんじゃねー系?」

以前、FR対応?で太さ2.35のタイヤを使ってたことがあるんだけど、今は二つのホイールセットとも2.1。
またやってみるか、ということで、買ってきた。

MAXXIS ARDENT 2.25

IMGP1719.jpg

重量 620g
2010/09/01

甲斐の国霊峰へ

エントリー?しちゃった。
こんな場所みたいです。

タイヤ太いほうがよさそうだなぁ。

そういえばホイール2セットともタイヤの太さが2.1だ。
それに遊び用バイクのタイヤはもう少しタイヤ太くてもいいよな。
KLEIN DEATH GRIPとっておけばよかった。
(あれ、またタイヤ探すの???)

ローカットのシューズだと靴の中が砂礫だらけになりそうだけど、ハイカットのシューズ持ってないんだよなぁ。
シューズカバーでも履くか。

今からドキドキです。