2010/11/29

野川・自転車屋・浅川ポタ

左ももがすぐ攣るけど、平地だったらどのぐらい走れるのかねー、と思ったので、青春号でフラフラ走ってみた。

出発→野川公園→野川
→R20→電気通信大→神金自転車商会サイクリー世田谷店
→仙川
→二子玉川から多摩川右岸→メガネナカジマ(中野島)→是政橋から多摩川左岸
→府中四谷橋から浅川→高幡不動尊(折り返し)
→府中四谷橋から多摩川左岸→Y's road府中多摩川店(折り返し)
押立→天文台通り→東八道路→スーパーオートバックス三鷹店→帰宅

秋らしくなった野川
IMGP2149.jpg
サイクリングしてる人がたくさんいました。

神金自転車商会
IMGP2153.jpg
名前は前から知っていたが、実際に見たのは初めて。
大きくてきれいなお店だ。
前は何度もとおってると思うんだけどね。

サイクリー世田谷店で、TREKのトートバッグをゲット。

仙川
祖師谷あたりがとてもいいかんじ。
IMGP2157.jpg
川を眺めていたら、川にいたアオサギがあくびをしていた。そのぐらいのどか。

二子玉川にでて、有料になった焼肉村を見る。

中野島のメガネナカジマによって、レンズセットのメガネをオーダー。

多摩川・浅川をユルユルと走って、高幡不動へ(最近怪我が多いのでなんとなく)
IMGP2162.jpg
ライトアップされた五重塔、きれいねー。

浅川の道の通行帯は、対向車や人を避けるときに戸惑うが、このぐらいの方がスピード出せなくていいのだろう。

Y's roadを冷かす。
冬用グローブいいのないかな、と。

暗くなった多摩川で、向こうから来た部活帰りの中学生が「片手ゲッツ」のポーズで卑猥な言葉を叫んだ!
爆笑。
言いたくってしょうがなかったんだろう。
まあ、そういう時期ってあるよね。

ロードで練習している方、フラッシュのようなライトをハイビームっぽく照らすのやめてください。
目がくらんで突っ込みますよ。

スーパーオートバックスに寄ってアテゴンのタイヤ交換について相談。
TOYO PROXES T1Rを勧められる。
そのまま家に帰って、みんからでレビューを見たら悪くないので、その日のうちにタイヤ交換。

67.5kmぐらい、よく走ったな。
スポンサーサイト
2010/11/28

腰痛その後

先週の山で攣った脚のうち、左腿だけ痛みが引かない。
最近は、寝ているときと、力を込めてじっとしているときに攣るようになってきた。

腿の痛みで腰痛がわからなくなってきてるのかとも思ったけど、なんか症状が「芍薬甘草湯」が処方されるときそっくりだ。

整形外科ではなく、整骨院にいってみよう。
2010/11/21

東京都最高点

jobeさんに企画していただいたライドについて行った。
ここは昨年の今頃にプランしたが天気が悪くていけなかった山。

朝、集合。
スタート地点気温7℃。それほど寒くない。
山頂の予想最高気温5℃。
標高差1500m。
何を着ていけばいいかわからない。
IMGP2124.jpg

兵(つわもの)揃いのパーティー。登りはオイラがビリだった。
IMGP2126.jpg
人数が多くて、今回初めてお会いした方の名前は覚えられませんでした。
すんません。

新しい油圧ディスクブレーキ。
blogでいろいろ騒いでいたので、見せて回る。

初山だけど大丈夫か?
大丈夫だ、問題ない。
IMGP2125.jpg
組み付けには細心の注意を払っているし、油圧ディスクブレーキの構造はほぼ理解した。

ウィンタージャケットに長袖アンダーは暑過ぎ。
ジャケットを脱ぐと寒い。
パーティーのなかには、気温一桁でも半袖vs半ズボンの対決?もあったぐらいなので、もっと薄着でも良かった。

「割と乗車して登れる」と言われていたルートだったが、おいらには無理。殆どバイクを押していた。
IMGP2131.jpg
山ラーするぞとコンロと水を持っていたが、そんな余裕は無かった。もっと荷物は減らすべきだった。

IMGP2132.jpg

高度を上げていくと、日陰には雪。
下山してくるハイカーの中には、アイゼンを携行している人もいたな。
IMGP2133.jpg

尾根。
防火帯になっているので大きく開けている、初めて見る景色。
「いよいよきたな」と感慨に浸るが、山頂まではまだ500mもある。
IMGP2135.jpg

ちょうどお昼頃、山頂に到着。
天気は割と良い。
IMGP2146.jpg

下山は、40分ぐらいかけて上った尾根をあっという間に下り、尾根の横のトラバース気味な道を走る。
IMGP2147.jpg
標高1500~1200mあたりを走るが、なかなか標高が落ちない。

下りに入ると、アクシデント発生。

登山道に鎮座する岩にアタックしたjobeさんがパンク。

オイラは「*」のように倒木が重なったところに突っ込んで転倒。
落ち葉の量がすごくて、回避ラインが見えなかった。
転倒時に力が入って、両足とも攣ってしまった。
特に左腿の筋肉が硬直&打撲が痛い。
・・・でもまだ駐車場まで標高差500mもあるんだが。

侍ジャイアンツさんは転倒して木に衝突。
いつも高度なライディングテク&体力で強面で余裕の面白トークなサムライさんが「記憶がない」と虚ろなので心配になるが、しばらくしたら落ち着いた。
下山後、病院へ(>外傷だけのようだったけど、大丈夫かな・・・)

転倒で痛めた左足をかばって右足荷重で下ると、疲労もあって右足・右腕・右手が全部攣りそうになる。
無理せずに休憩しつつ下山すると、だいぶ日が傾いていた。
IMGP2148.jpg
下山して、こんなにホッとしたのは久しぶり。
まさに「生還」

しんがりの山下さんにも終始ついていただいたり、
jobeさんショップ仲間の方が、下り坂最後の階段トラップのところで待っていてくれたり、
いろいろお世話になりました。
己の力量を知る良い機会になりました。
ありがとうございます。

バイク反省編
落ち葉が深かったので、下りのことを考えたらタイヤは太い方(ARDENT 2.25)の方が良かったかも。
シマノ油圧ディスク、下りでパッドのあたりが出始めた。
ブレーキタッチは良くも悪くも評判で聞いたとおりだった。
これならAVIDの方がいいかも、と思ったが、もうしばらく乗ってみる。

Time.9:04:34
HR Ave.--%
HR Max.--%
Cal.----KCal
Dist.39.7km
Spd.Ave.4.4km/h
Spd.Max.--.-km/h
2010/11/17

シューズ シマノSH-MT91 チューンナップ

シングルモードのクリートが欲しいなぁ、とblogに書いたら、はまちくんからもらえました!
どうもありがとう!
DSCN1948.jpg

もう一つ、インソール交換
SHOCK DOCTOR トレーナー ロープロフィール
ノーマル状態でかかとが不安定なので、かかと周りを少し補強するのが目的。
左がSHOCK DOCTOR、右がノーマルのインソール。
DSCN1949.jpg
SHOCK DOCTORの方が、土踏まず部分が厚くて硬い。
ヒールカップが少し深い。

DSCN1951.jpg
あまり固くないので、アーチの保持能力はそれほどでもない。
ペダル効率重視なら、もっと固いインソールがおすすめ。
ちなみに、ロード靴はSIDAS コンフォーマブルの薄くて硬いやつ使ってます

元のインソールと同じ大きさにカットして。
DSCN1952.jpg

靴に押し込んで出来上がり。
DSCN1953.jpg
2010/11/16

MTBの油圧ディスクブレーキに関するうんちく

昨日山から帰ってから黒炭号のリアブレーキのパッド(レジン)オダブツ。
職場のすぐ近くのショップでパッドを買い求めたついでに、頭の中はMTBの油圧ディスクブレーキのことでいっぱいなのですが、いろいろ教えてもらった。
他にもBR-M755ネタとかでいろいろ教わっったり、ネットで調べた、MTB用油圧ディスクブレーキのうんちくをまとめてみる。

補足プリーズ

----
AVIDの185cmローターは、他社製180ローターとの互換性はない。
AVIDのキャリパーに、他社製160mm→180mmアダプタを組み合わせて、180mmローター対応にできないと考えた方がいい(微妙な言い回しだが、数ミリパッドがキャリパーから外れてしまったら対応とは言えないので、やるなら自己責任)

ローターサイズ変更のために使用するキャリパーアダプターも、原則としてはキャリパーと同じメーカーのアダプターを推奨する(MAGRAのアダプタをBR-M755やAVID BB-7に組み合わせようとしているので、パッドとローターの位置には注意だ)

シマノの油圧ディスクブレーキは総じて「柔らか」
XTRなど上級モデルは値段なりの性能とタッチを持っている。
SAINT(M810)はガッツンらしい。
必ずしもシマノブレーキシステムの剛性が足りないことではなく、意図的な性格付けという可能性もある。

AVID、HOPE、MAGRAはタッチははっきり目。
これを好むライダーは多い。
シマノより高いブレーキメーカーが売れている理由か。

ローターによる制動力の違いは値段相応。
シマノとサードベンダーの安いローターは、どのキャリパーと合わせてもそれなりの制動力しか得られない。
HOPE、MAGRA、BRAKING、AVIDなどのローターが5000~6000円とシマノの1.5倍ぐらいするのはそれなりの理由があると思われる。

タッチはレースか、好みか、制動力を必要とするコースでなければ、大した問題にはならない場合もある。

ブレーキを「壊す」乗り方をする人は、シマノの安さは正義らしい。

タッチを重視して、Fomuraのブレーキシステムにこだわるレーサーがいるらしい。

ブレーキのタッチを左右するホース、BR-M755のステンメッシュは剛性がない。
初代DEORE油圧ディスク用のSH61ホースに交換するとタッチが向上するが、製造終了のため、入手困難。

BR-M755はGRIMECA SYSTEM 8 のOEM。

----
AVID BB-7でワイヤーが短い前ブレーキはタッチが最高。
ワイヤーの延び代のせいでタッチのあやふやなリアは気持ち悪い。
こういうおいらは、シマノはダメかもしれない。
メカにうるさいきくかわさんもMAGRAのタッチはいいって言ってたし。

ってことで、シマノ設計ではないBR-M755は33回転の装着するとして、黒炭号のブレーキアップグレードはAVIDになりそうな予感。まだやると決めたわけではないけど。
2010/11/14

2トレ→多摩川オフ

昨日はK尾根に行ったけど、こっちにも行きたかったんで。
腰は痛いけど、今日もどこまでいけるか実験。

先日ロードで引き揚げた道を、時速23km/hぐらいでゆっくり。

山に近づいて、川沿いの銀杏並木はまっ黄色。
IMGP2120.jpg
昨日、blogで見た景色だ。

MTBライダーを10人ほど見かけた。今日は多いね。
登りでダンシングで抜いて行ったら「速いね」って言われたが、
サドルに座ってじっくりこぐと、腰がつらいのでね。

尾根道の休憩スポットにもMTBを見かける。
山ラーしてる人がいたので超反応「山ラーうまそうだなっ!」
「いやー」と返す顔は、美味そうでした。

メインストリートはランニングの学生さんやハイカーさんがいたのでゆっくり。
IMGP2122.jpg

枝道で少しだけ飛ばしてみたが、眼と体のシンクロ率が低い。

お山を出たら、多摩川沿いを流してFサイクルの多摩川オフに昼食場所で合流。
オフラインでは久しぶりの面々と、ツイッターやblogで知ってるような知らないような近況とか、いつものように盛り上がりました。

Time.7:48:03
HR Ave.--%
HR Max.--%
Cal.----KCal
Dist.77.3km
Spd.Ave.11.1km/h
Spd.Max.--.-km/h
2010/11/13

K尾根

S澤さんが「SNGN尾根しか行ったことがない」というので、別の尾根にお連れする約束をしていた。
今週行くよ、とメールしたら、アメリカ帰りのS澤さんから「あしたでおねがいします」との返事。
翌日はやましたさんが行くけど、一日早くいってきた。
「声かけてくんなきゃ~(笑)」という侍ジャイアンツさんと3人で出発。

腰は相変わらず痛いけど、赤や黄色に色づいたお山がボクを癒してくれるでしょう。

川沿いは里の紅葉という風情。
IMGP2103.jpg

Nしまの速い人たちなので、登りがきつくなると「アッ」という間に(・・・いやいう間もなく)置いて行かれる。
IMGP2104.jpg
一人で冬支度を始めつつある林の中を走るのは、侘び寂びな雰囲気が好きかも。
前回は暑い盛りに来たのでしんどかったけど、涼しい今日はとっても楽しく登れた。

峠の頂上で、ほかのMTBライダーと雑談。
みんなMTBといっても、昔のカーボンレーサー、今風のXCクロカン、鉄バイク、最新フルリジ29er、いろんな性格のバイクが集まっていて面白い。
IMGP2105.jpg

押したり担いだり。
MAH00195_s.jpg
この後、登山者で大賑わいの山頂で昼食。

山頂の近くの、もみじがきれいな中庭のような場所。
IMGP2110.jpg

下りスタート。
流石に紅葉の時期とあって、普段は人っ子一人いない尾根にもハイカーさんがいる。
今日は「S澤さんになるべく乗ってもらう」「腰痛治りかけでどのくらい走れるか」なんてこともあり、スピードはなるべく抑えてじっくり道を見て走る。

最初はおっかなびっくりだったS澤さんだったが、「体を大きく引いて、ブレーキはなるべく前を使って」とアドバイスしたらあっさりモノにする。
MAH00201b.jpg
途中からh余裕の笑みを浮かべながら楽しそうにドロップオフを降りていた。

侍ジャイアンツさんは先日やましたさんと来たばっかりだったけど、超特急だったらしかったので、今回みたいに確かめるようにじっくり走るのも楽しんでいた。
MAR00203c.jpg

休憩も多め。
IMGP2115.jpg
向こうの方で枝が落ちてガサガサって音がしたので、
「熊いるかな」
「熊って前足が短いから下りは遅いらしい(と、はじめの一歩、猫田さんがいってた)
「コーナーも苦手なんだろう」
「どうしよう、下りで追いつかれたら」
「自信を無くす」
「どうしよう、コーナーでイン刺されたら」
「絶望する」

あまり眺望のない尾根だけど、紅葉の季節なのでいいものは見れます。
IMGP2114.jpg
いい時期に来たね。じつにいい。

今回は2人ともタイヤがKENDA KARMA。
IMGP2113.jpg
タイヤに横荷重がかかりやすい険しい道では、タイヤの柔らかさがちょっと頼りなかった。
空気圧が低すぎたのかもしれないが。

最初の山までは押しや担ぎが多かったけど、足元はこれで安心だった。
IMGP2116.jpg
靴の中で足が遊んで少し不安定なので、インソールと靴下で調整するともっといいかもしれない。

走り終わって体が冷えるとやっぱり腰は痛くなったけど、走ってる間は大丈夫だった。

続きを読む

2010/11/11

33回転のブレーキングで疲れた理由、判明?

最近、自転車弄りネタばかり。

富士見パノラマと山で「ブレーキがしんどい」ので油圧ディスク導入を決めたりしたんだけど、オーバーホールしてたら、ディスクブレーキのパッドが、レジンだった。

33回転のブレーキ油圧化はしばらくかかりそうなので、まずはメタルパッドにして凌ぎます。


AVID BB7のパッド。
左 33回転につけてたやつ、オーガニックパッド(レジンパッド)
右 黒炭号王滝で使っていた、メタルパッド
DSCN1947.jpg
ベースプレートの色でわかるのだ

レジンパッド:ニュートラルな効き、コントロールしやすい
メタルパッド:強力、高耐久性
だったよね

王滝ではレジンパッドすぐなくなっちゃうから、メタルと取り替えたんだったよなー

AVIDのオーガニックパッドは高いくせに減りがものすごく速いので、ダスティーな環境やハードブレーキングするコースではもったいなくて使えません。
2010/11/09

ディスクブレーキってむつかしい

33回転の油圧ディスクブレーキ化が頓挫しているが、どうせなら黒炭号も制動力アップしたい。

ということで、フロントのローターを6インチ(160mm)→7インチ(180mm)にしてみる。

今までAVIDを入れてたので、AVIDで揃えたかったが、AVIDの7インチローターは185mm。変わり者。
リアはAVIDのままなので、ローターの穴が斜めのHAYESで。
DSCN1946.jpg
扁平スポーク・2to1スポークアレンジ・赤い派手なステッカーの尖がったルックスにはいまいちあってない希ガス。
見た目は大事だよ。

ローターのサイズを変えたら、キャリパーにアダプタを噛まして位置を変えないと。
で買ってきたのがBBBのアダプターなんだが・・・
DSCN1945.jpg
ガッデム

やっぱりローターは6インチオンリーでいこう・・・
2010/11/07

高い買い物になりつつあるorz

nodasyuさんに助けてもらいながら、M755をオーバーホール。

先にオイルを抜いてしまったので、こんなことをやってピストンを出す。
DSCN1940.jpg

DSCN1942.jpg
ピストンの動きが正常なフロント側は、一発で全部のピストンが出る。
ピストンの動きが渋いリア側は、エアポンプでぐいぐい圧をかけないとピストンが出てこない。
ピストンの出方もバラバラ。

ピストンが出たら、キャリパーを殻割りして、ピストンを引っこ抜く。
フロント側は手でつまめばとれる。
リア側はプライヤーなんかで掴まないと抜けない。
(直に掴むと傷を入れてしまうので、布などを噛ませるてるが、激しく非推奨)
DSCN1943.jpg

分解後
DSCN1938.jpg

正規品はUパッキンだが、
動きが渋いリア側は、ゴムシールに溝が入ってない。
どうもHOPEのシールを使ってるっぽい。
DSCN1944.jpg
左がニセモノ(?)、右が純正

純正品のUパッキン、市販品をカタログなどで探してもサイズが見つからない。
大ピストン用シール=外径19.6mm、内径15.5mm、厚さ1.9mm
小ピストン用シール=外径17.6mm、内径13.5mm、厚さ1.9mm
・・・実測値。精度に自信ない。

シールはスモールパーツ取り寄せできない。
シマノにオーバーホール頼むと1万円かかるらしい。
サイクリーの中古は保証がないので、改造品だと文句を言っても始まらない。

そういうことを言うやつはそもそも中古商品を買ってはいけない。これはお約束。

ホース・アダプタ・パッドなど合わせて、トータル30000円Over出資するも進展なし。
「毒を食らわば皿まで」などというには金がかかりすぎ。

パッキン一つ手に入れば解決なんだけど、それがとってもハードルが高い。
しかも、純正部品でないパッキンでスムーズに動くかどうかは出たとこ勝負。

どうしよう・・・
部品鳥ってことにして、もう一個キャリパー買うか?
2010/11/07

DBSTも富士見もキャンセル

腰が治りかけなので長い登りは不安。
明日で今シーズンの富士見パノラマDH営業終了。

腰が痛くてMTBのメンテすらままならなかったけど、大分治ってきたので、明日の準備でも・・・と思ったのだが、バイクが大変なことに。

先週入手したBR-M755を33回転に取り付けてみると、パッドがローターに擦りっぱなし。
キャリパーをよく見てみると、ピストンの動きがすごく渋いくて、戻らない。
リアなんか4ピストンの渋さが違うものだから、一個のピストンだけが異様に飛び出して、ほかのピストンは全然出てこない。

だめじゃん

ブレーキを外してしまった33回転を元に戻すのはかったるい。
じゃあ、黒炭号で行くか。

・・・SDA王滝から全く洗車してなかったwww

汚いだけならいいんだけど、リアハブにガタが出ていた。
ほんとはハブのグリスを入れ替えたいところだが、はじめてしまうと乗れるMTBがなくなっちゃうので、玉当たりと調節&シールだけクリーニング。

富士見に行ってもいいけど、そのあとのKNPR尾根とかKMTR山とか高峰なんて予定が立て込んでいることを考えると、今のうちにメンテしておかないと!

ということで、明日は大丈夫なら午前中に数字トレイルのどこかを走って、午後はメンテします。
2010/11/06

サイクルモード2010

仕事の方で業者選定(オイラは選ばれる方)が1週間延びてしまったので、会社を午後半休にして、サイクルモードに行ってきた。
現地でショウさん&ましら55さんレディースお二人のエスコートです。

遅れて現地入りして到着連絡入れたら、なぜか「そじ坊」で蕎麦を食べていたとかいいながら現れる二人。
きょろきょろしながら歩いていくと、いつの間にか遠く後方でほろ苦い大人のガールズ?トークをしている二人。
・・・
楽しい半日になりそうですwww

着くなりすごい行列!と思ったら、そちらは「ウィンタースポーツフェスタ」だった。
サイクルモードの初日はこんな感じ。
IMGP2046.jpg
見やすいです。
雰囲気も落ち着いてます。

パンフレットから地図が切り離せるように、ミシン目が入っている。気が利いてるね。
IMGP2047.jpg
ただ、出店者一覧が書いてないので、お目当ての業者がどこで出店しているか探すのが大変。

ショウさんお目当てのSALSAのバイクとTERRYのジャージを見に行く。
IMGP2050.jpg
ヒョウ柄のサイクルジャケットとか「山でこれ着てたら撃たれる!」とかバカ話全開。

試乗コーナーでは、ショウさんがSALSAのチタンフレーム、ましらさんが「かわいい」と目を付けたマングースのフルサスバイクに試乗していた。
IMGP2069.jpg
ましら55さんのマイミクさん(へらコブラさん)が合流したので、いいカットが取れるまで2周ぐらい余計に走らせる。

全体的に真面目に試乗している人が多い印象。
オイラも試乗したかったけど、腰を治して日曜に山に行けるか!?という瀬戸際なので、ここはぐっと我慢。

新製品というとこれ、シマノXTR。
IMGP2085.jpg
XTRを搭載した各社のNEWバイクが壁一面に飾られている様は圧巻。
XTRフロントダブルのバイクがあれば試乗したかったが、試乗車はフロントトリプルxリア12-36のみ。

OGKブースで、あれ?MOSTRO?と思ったら、MS-2というNewモデル。
IMGP2060.jpg
新型アジャスターになっているけど、帽体はMOSTROです。
REDIMOSは頭の形が合わないんだよ・・・とお嘆きの貴兄に朗報。

新しいMAVIC Ksyriumはスゲー地味。
IMGP2073.jpg
EXALITHという軽量化のためのアルミ加工のせいらしく、上位モデルはみんなこんな色。

LOOK586モンドリアン
IMGP2099.jpg
カラフル

レースバイクよりも、小径車やシティサイクル、グッズのブースの方がにぎやかな気がする。
自分が乗っているので、DAHON。なんとなく寄ってしまう。
SPEED P8をはじめ、大分スタイリッシュになったね。
IMGP2052.jpg

面白いデザインの小径車の展示&投票をやっていた。
IMGP2053.jpg
IMGP2054.jpg
IMGP2055.jpg

かわいいカラーリングのストライダ
IMGP2056.jpg

レース使用機材

別府史之がパリ-ルーベで履いたシューズ
IMGP2064.jpg

ランス・アームストロング 使用バイク(ツール・ド・フランス)
IMGP2049.jpg

新城幸也 使用バイク
IMGP2089.jpg

宮澤崇史 使用バイク
IMGP2091.jpg

ダビ・アローヨ 使用バイク(ジロ・デ・イタリア仕様)
IMGP2080.jpg

GIANT、SPECIALIZED、CANNONDALEが出店してないのはさみしい。
GIANTが出してないってことアh、SRAMもAVIDも触れない。
すっかりMTB乗りなオイラはちょっと残念。

でも、数年前の自転車オタクや業者っぽい雰囲気は薄れて、ブームも成熟してくたのかな、という空気を実感した。
KEIRINのブースでは、普段スポーツバイクに普段乗り込んでいる人だけでなく、体育会系vsピスト乗りなんて一般人同士のTTシミュレーター対決(結構いいタイム出してた)なんてのも、そういう情勢の一端だと思う。
いい雰囲気だと思うよ。

・・・金曜だからかね。
2010/11/03

初油圧ディスクブレーキ BR-M755 ゲット

これまでメカディスクで乗り切ってきた。

でも近頃、下りの斜度がきつくなって、握力終わることが多い気がする。

ということで、油圧ディスクに宗旨替えです。

「油圧ディスクにするならシマノXTの4ピストン」という、理由は全く無いが憧れみたいなのがあった。
シマノの処女作だから気合が入ってるとか、4ピストンの特性が云々なんてのは後付けです。

ヤフオクを見ながらtwitterでさえずってたら、nodasyuさんが見つけてくれた!
速攻でモノを抑えて、腰が痛いから家でおとなしくしてたらカンガルーが持ってきてくれた。

DSCN1935.jpg

サイクリーのランクC中古品なので、値段相応の状態。

内部の状態などよくわからないので、とりあえずオーバーホールして、オイルとパッドは新品に・・・いや、めんどくさいからポン付で行ってしまうか。
とりあえず33回転にはアダプタなしでつくので~
2010/11/01

腰痛=腰コリ?

背筋に痛みが出始めて2週間。
最初のお医者さんで「関節はOK、痛み止め出しとく」とだけ言われて、痛み止め飲む&貼るも、今日になって痛みMAX。

なんだかわからないので別の整形外科に行ってきた。

診察の結果は、背筋が凝り固まってる。肩こりと一緒だよ、とのこと。
やっぱりAKGN尾根の担ぎが原因かねwww
昨日ロードに乗っちゃったのはとてもいけなかったらしい。

痛み止めに加えて、筋肉のコリを抑える薬を処方される。
とにかく筋肉をほぐさないと話にならないらしい。

マッサージにも行ってみるか。
早く直さないと紅葉ツーリングの季節が終わってしまうから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。