2011/06/19

一都六県2011

毎年恒例。

同行者はいつものメンバー(tiktikさん、くろかわポタリング研究所さん、中川さん、bさん、おいら)。
今年のゲストは、folomy経由の りゅうさん、中川さんの会社のYくん、オイラが誘った やましたさん
なるさんとトラペジウムさんがお見送りに来てくれたり。
JJさんが迎撃してくれたり。

同行予定だった侍ジャイアンツさんは仕事でキャンセル、残念でした。

6:20 多摩川原橋でやましたさんと待ち合わせ。
7:00 集合場所の二子玉川。かるい自己紹介タイムつき。
8:00 桜田門でbさん合流。
IMGP2584.jpg
万が一の降雨に備え、泥除けを付けています。
後ろの人への愛ですが、全く不要でした。

みんなで都内を抜けます。
IMGP2586.jpg
自転車で信号を守ってるのは我々ぐらいですかねw

スカイツリーは上のほうが見えません。
IMGP2589.jpg

高いなぁ。
IMGP2594.jpg
やましたさんはしきりに「ウパの父さんが」とか「カリン様が」とか「仙豆が」とかいってました。
スカウターがなくても気でわかるんですね。

江戸川に出てから、先頭でtiktikさんとくろポタさんが、ちょっと抑え目27kmきっちりでペースをつくってくれました。
IMGP2598.jpg
IMGP2597.jpg
IMGP2596.jpg
IMGP2603.jpg
今年はシンザカヤで止まることなく、葛飾橋から関宿までノンストップで走れてしまいました。

日が出てきました。
IMGP2612.jpg
オイラも含め、日焼け対策を油断したメンバーは、ずいぶん日に焼けました。

渡良瀬川で、向かいからJJさんが走ってきました。
IMGP2613.jpg
合流するなり、嬉しそうに「王滝120kmエントリーしたよ」と報告いただきました。
オイラも申し込まなきゃ。

渡良瀬遊水地。
このあたりで栃木県と群馬県を通りますが、油断していたメンバーは県境の確認ができなかったようです。
ライドのタイトルが「一都六県」なので、ちゃんと確認しましょう、来年。
IMGP2615.jpg
埼玉県と、栃木県・群馬県の標識が偉いやる気が違うので、そこらへんは今度写真におさめてこようと思います。

道の駅きたかわべ。
ここで昼食。
ことしはつけ麺を頼みましたが、つけ汁の濃さが残念な味でした。。
IMGP2617.jpg
出発時に、りゅうさんがパンク。
リムテープが草臥れて、リムホールでチューブを痛めていました。
とても貫禄のあるリムテープでした。すごい乗られてますね。

広い田んぼの間を抜けて、利根川へ。
IMGP2618.jpg
利根川サイクリングロードは、土手の中段を通るところが多いのでちょっち退屈。
行田のサイクリングセンターまでは残り距離をカウントダウンしながら走ります。
IMGP2619.jpg

武蔵水路沿い、さきたま古墳のコンビニで休憩したら、りゅうさんがまたパンク・・・一人で全部引き受けていただきました。
IMGP2622.jpg

荒川にでて、太郎衛門橋で荒川組と所沢方面組に分かれます。
IMGP2623.jpg

所沢で府中街道方面と所沢街道に分かれて帰宅。

Time.8:29.01
HR Ave.xx%
HR Max.xx%
Cal.xxxKCal
Dist.205.0km
Spd.Ave.24.2km/h
Spd.Max.48.8km/h


より大きな地図で 一都六県2011 を表示
スポンサーサイト
2011/06/19

SDA王滝2011年5月 写真

オールスポーツの写真が届きました。

21430415-1-1_589-683900_DATAx1.jpg

撮影地点は鈴が沢の舗装路になる手前だったと思う。
おかしなテンションで「ヒャッハーッ!」って下ってるところ。
2011/06/13

ライド予定の決め方と告知について

自転車のお友達が増える一方で、ふらっと走りに出た後で「あの人誘ってあげればよかったかなぁ」という人が2~3人いることが常となりました。

「絶対行くぞ」ってライドはblogで告知します。
でも仕事の「お客様」によっては、金曜日に休日出勤が決まったりするので、最近はblogで告知できるケースは少ないです。

やましたさんとかbさんは「あしたどこかにいかないの?」みたいなメールをくれます。
オイラは、行きたい場所はたくさんあるので、そのなかで行先を提案します。
この「型」はすごく楽。
こうして予定が決まるのはたいてい1~2日前です。

予定が決まれば、一応twitterでtweetするようにしています。
それを見て参加連絡をくれる方も結構います。
ライド情報仕入れたい方は、おいら(syg_hira)をフォローするなりリストに入れるなりしてください。
(そのかわり、仕事の愚痴tweetは華麗にスルーでおねがいします)

でも、twitterやってない人もたくさんいますし、知り合いが必ずしもフォロワーとは限らない。

mixiでマイミクさんだと、tweetが「つぶやき」に転送されますが、Replyは転送されない。
Replyで詰めた話を新規tweetで繰り返す、なんか違う気がします。
それに、mixiでつぶやきに返されるメッセージも捌かなきゃならない。

メーリングリストで知り合いみんな登録しちゃおうか、なんてことも考えました。
でも、だれを登録するのかが問題。
ライドの予定だと「あいつがくるならオレはいかない」という話はよくあります。
好き嫌いだけでなく、走力の違い、スタイルの違いなどいろいろ考えるようです。
「情報はとりあえず送る、いやならスルーでヨロ」でOKでしたが、諸々のSNSが浸透してきている昨今、こういう情報発信はデリカシーがないかな、と。

ほんの一瞬悩んだ末、特にやり方を変えずに行くことにしました。
別に、ツアーガイドをやるわけでもないので。
2011/06/12

名栗8峠

やましたさんからメールが来たので、やましたさんに「ロード乗りの雰囲気」を感じてもらおうと、とりあえず山伏峠方面を行先に決めます。
bさん、tiktikさん、侍ジャイアンツさんが集まりました。

多摩サイ→福生南公園で休憩→旧奥多摩街道→小作坂下→七日市場ファミリーマート→笹仁田峠→山王峠→さわらびの湯→山伏峠→正丸峠、茶屋で休憩→天目指峠→売店で休憩→小沢峠→松ノ木峠→吹上峠→成木セブンイレブン→青梅でちょっと迷走→岩倉海道→旧青梅街道→多摩湖自転車道→府中街道→五日市街道
(GPSのログあげるのがめんどくさい・・・字にするのも面倒だったけどw)

最後の3つの峠はトンネルですが、一応、8峠です。

多摩サイから奥多摩街道に入るところで、先頭をS澤さんが曳くなるしまの集団を発見→追いつけませんでした。
小作坂でいきなり体の重さを体感する。不摂生で3.5kg増量&脚力落ちてます。

やましたさんはロードのスピードやらライディングのQ&Aが楽しくてしょうがない様子。
bさんが好調。力もスタミナも不安がなければ、軽量なので速いですね。
tiktikさんは先週のライドで不調だったので、様子見。でも、調子は上がってきたようです。
自転車に乗る機会が減った侍ジャイアンツさんは、調子が悪くなり山伏峠でリタイア。

正丸峠は久しぶり。
IMGP2580.jpg

空気が湿っぽく天気が気になるので、奥武蔵グリーンラインはやめて、天目指峠を通って名栗に戻る。

IMGP2583.jpg

Time.6:06.40
HR Ave.--%
HR Max.--%
Cal.----KCal
Dist.137.9km
Spd.Ave.22.6km/h
Spd.Max.69.3km/h
2011/06/10

ヨロイ号 タイヤ交換

結局、同じタイヤを買いました。
DSCN2003.jpg

トレッドのゴムは残っているけど、屋外放置で劣化したっぽい。
いいお値段なのに、もったいない。
ベランダ保管はしょうがないので、直射日光にあてないように、日よけでも作りますかね。
2011/06/08

ヨロイ号プーリー交換&タイヤカット発見

ツールド草津の前のメンテで、プーリーの回りが渋かったので、交換しました。
一都六県を控えて、気になるところなので交換。

DSCN2001.jpg
BBBのRoller Boys。

実は、この前に、Tisoのプーリーも買ったのですが、ベアリングが低劣品で初めから回転渋いし、アルミ製プーリーとチェーンがコンタクトするときの音がうるさいので、速攻で外しました。あれはゴミだ。

シマノ的にいう「ユニグライド」、すなわちガイドプーリーの左右の「遊び」はカンパ製プーリーにもあるのですが、サードパーティー製のプーリーにはありません。でも舗装路を走るだけのロードなんてディレーラー一度インデックス合わせればそうそう狂うものでもないので、気にしません。

ついでに点検してたら、タイヤが切れてるのを発見。
ざっくり。
DSCN2002.jpg
次のタイヤは何にしようか。
色は白かライトグレー、これは外せない。
低圧でも乗れるやわらかめのタイヤ、お奨めありますか?
2011/06/07

A

「地元の山で、走りましょう!」
へらコブラさんと王滝で約束。

でも、午後から仕事になりました。
契約に休日追加料金がないからって、お客様は気楽に仕事を振ってきます。
相手は人間です。あまりやりすぎると、モラルハザードが起きますよ?

気を取り直して。

やましたさんの都合を聞いてみたら、goodshooterさんを連れて行くというので、ジョイントとなりました。
DSC00381.jpg
聞いてみたら、お互いのお住まいは1キロ以内というご近所さんです。

まっすぐドラゴン坂に向かって、いきなり30分の登坂チャレンジです。
やましたさんはススッと、オイラはユルっと登りますが、普通はそうはいきません。
へらコブラさんは王滝仕様のタイヤで苦戦。
MAH00398.jpg

goodshooterさんは、このバイクでは不利です。
MAH00400.jpg

他、3か所ぐらいで坂を上ったり。
サスケ坂2nd、クリアはおいらだけ。
まだ、ヌシとしての面目を保っています。

降るところもありますよ。
MAH00402a.jpg

MAH00402b.jpg

ちょっと脱水症状気味で後半つらかったです。