2011/09/27

KENDA KARMAのビードが上がらない件

王滝でパンクしたタイヤ、リアのパターンがだいぶ減っていたので、ローテーションしました。
DSCN2049.jpg
もうちょっと使います。

その時に、ビードをチェック。

KENDA KARMAのチューブドモデルは、ビード部分には布が貼ってあるのですが、ビードを上げるときにリムにひっかかてめくれてしまう。
これを噛みこんでしまうと、ビードが上がりません。
DSCN2046.jpg
チューブレスモデルだったら大丈夫なのかな・・・

Flucrumのリムは、ちょっとタイトでビードを上げにくい気がする。
外でパンク修理した後のことを考えて、ビードの構造がもう少しシンプルなタイヤを探そう。
スポンサーサイト
2011/09/25

R299~天目指峠~小沢峠

洗濯機の分解掃除をしたので、また昼から出発。
多摩湖堰堤~R463~R299~巾着田~天目指峠~名栗~小沢峠~岩倉街道~笹仁田峠~羽村市役所通り~五日市街道

飯能方面を目指すが、どこも道路が混んでいて、多摩湖堰堤まで1時間以上を要してしまった。
時間がかかってイラっとしたら、油断して、車止めの支柱=イライラ棒にぶつかりそうになって楽車。

気を取り直して・・・

R299で人がぞろぞろ歩いている。自転車も見かけるので何かと思って寄り道。
巾着田が曼珠沙華の名所だとは知らなかった。
この時期は入園料が200円いるらしく、混んでいて時間がかかりそうだったので中には入りませんでした。
NCM_0014.jpg

R299を飯能から西に向かうのは初めて。
土曜日なのでダンプが怖いですが、勾配が緩くで比較的走りやすい。

正丸峠~山伏峠と走りたかったが、帰りが遅くなりそうなので、手前の天目指峠を超えることにしました。
以前来た時より楽には登れたけど、暑いんだか寒いんだかわからない&心拍があまり上がらず。
昨日ほど調子よくない。

帰りは瑞穂までは快適でしたが、そこから先はこれまた車だらけで時間がかかりました。

Time.5:32.59
HR Ave.74%
HR Max.119%、これはおかしいべ
Cal.3488KCal、たぶんこれもおかしい
Dist.121.4km
Spd.Ave.21.9km/h
Spd.Max.63.2km/h

RideTimeは昨日と同じだけど、平均速度が遅くて距離が短い。
機能のほうが「登っている」ので、アプローチで時間かかってるんだな。

それにしても、HR Maxはどういうことか・・・
2011/09/24

KG461 サドル&バーテープ交換

ヨロイ号のサドルとバーテープを交換しました。
サドルは丸7年、バーテープは2年半ぶりの交換です。
IMGP2859.jpg

IMGP2860.jpg

昔は「SILVA]のロゴが綺麗に縦に並ぶように巻けたのですけど、もう適当です。
IMGP2861.jpg
なんか、ロゴの間隔が短くなってる気がするんですよね・・・まじめにやれば並ぶのかな。

IMGP2862.jpg
フロントフォークのロゴが黄ばんでいるのが目立つようになりました
orz
2011/09/24

大垂水・甲武トンネル

多摩川~R20~大垂水~勝瀬橋~上野原~甲武トンネル~檜原街道~睦橋通り~多摩川

ロードバイクヨロイ号のサドルとバーテープを変えたので、ウキウキしつつスタート。
シートポストのヤグラをきれいにして、グリスも塗ったら、パキパキ音が納まりました。

多摩川はいたるところで倒木。
焼肉村のあたりがすごかったです。

大垂水、先日S澤さんから教えてもらったポイント(高尾山口信号~峠頂上)で時間を計ってみる。
16分ぐらいだったか。

休憩は、勝瀬橋のコンビニと福生南公園。
食べ物はコンビニで買ったどら焼きと明太子おにぎり。
飲み物はボトルの水500mlとコーラ500mlとレモンティー500ml。
これで余裕で走りきってしまった。最後は足にちょっときたけど。

是政橋の下で何か事件があったらしく、警察と大量の野次馬、サイクリングロードは通行止め。

行きの多摩サイでYOKOさんとすれ違った気がする。
帰りの多摩サイでHiSさんとすれ違った気がする。

Time.5:31.47
HR Ave.80%
HR Max.124%、これはおかしいべ
Cal.3936KCal、たぶんこれもおかしい
Dist.128.0km
Spd.Ave.23.2km/h
Spd.Max.59.4km/h
2011/09/21

ふじてん

王滝の帰りに、富士見に寄るつもりでした。
でも、前日の雨で諦めたS澤さんは、33rpmを持ってきていませんでした。

王滝を走ってみると、すごくいい天気。
これからコースも楽しいかも!ということで、いったん帰京して、ふじてんに出直すことにしました。

王滝からの帰路、大月~八王子インター通過に3時間という大渋滞があったので、二人とも寝不足です。

66rpm。
IMGP2846.jpg

9時のオープンを狙ってやってきた車の中に、サイクロンさん、あさまささん、Takさん一行がいました。
IMGP2849.jpg
mtrmasaさんから伝授されたコース図を携えて、いろいろ探検するつもりのようです。

S澤さんには、プロテクターを付けてもらいます。
ゲレンデDHの身だしなみです?
IMGP2850.jpg
なるしまジャージにプロテクターって妙ですね笑

IMGP2852.jpg

コースには10人ぐらいですかね。ガラガラです。

リフトに自転車と一緒に乗るのですが、リアタイヤ至近距離で問題発見。タイヤが切れてる。
IMGP2855.jpg
IMGP2856.jpg

コースに出てみたら、体は動かないわ、目がついて行かないわ、おっかなびっくり。
寝不足と王滝疲れで少しぼーっとしてるので、写真を撮るのを放棄。

何度も走ってようやくポジションを思い出しましたが、慣れてリラックスしてくると寝不足で眠くなってくる。
あと、右手首がだんだん痛くなってきた。
S澤さんは前日の王滝100kmのダメージで、握力がなくなって終了。

富士見に行ったらどうなっていたことか・・・。

サスフォークをメンテしたS澤さんの33rpmは、バイク本来の性能を発揮して速くなってました。
おいらがペースを徐々に上げても、S澤さんは握力が死ぬまでついてきてました。

今度は富士見に行きたい。
でも、右腕の痛みが長引いてるのが心配。
2011/09/20

SDA 王滝 42km 2011年9月(当日編)

5:30 スタート地点に向けて移動。
ちょうどマウンテンユニサイクルの人も移動中。
IMGP2793.jpg

へらコブラさんと、かなりくだらない話(笑)をしながら42kmスタート地点を目指します。
IMGP2794.jpg

途中にある自然湖。多くのライダーが景色につられて写真を撮っています。
IMGP2795.jpg

東の空が明るいです。
IMGP2797.jpg

42kmスタート直前。
晴れてきました。
IMGP2805.jpg

スタートして、トンネルを通って、ダム。
5月は大雨で全然見えませんでしたが、やっと苔生した重力コンクリート式の堤体を見れました。
IMGP2808.jpg

自転車のレースだっていうのに、バイクから降りてダムの写真を撮ったり、吐水口を覗き込んだりするのはおいらくらいですかね。
IMGP2810.jpg

ダムを渡るとすぐ未舗装路。
IMGP2812.jpg
100kmコースでダム湖の登りはいつもきついけど、42kmは足がフレッシュ。
お気楽サイクリングを楽しんでしまいます。
(一応、レースなんですけど)

いつの間にか、抜けるような青空!!!
IMGP2813.jpg
雨上がりなので、岩は黒く、草木の緑は輝いて見えます。

100kmコースとの合流地点。
IMGP2814.jpg
上から見るときつい坂だと思ってたけど、走ってみたらそれほどではなかったです。

背筋が痛くならないポジション&力の掛け方で、腰痛は出ませんでした。
おかげで、景色きょろきょろ走りに磨きがかかります。
IMGP2816.jpg

IMGP2818.jpg

いつもの岩の切通し?では御嶽山が見えませんでしたが・・・
IMGP2823.jpg

1時間後にはこの景色!!!
IMGP2828.jpg

空に残る雲の影が、自然の大きさを感じさせるんですよ。
IMGP2830.jpg

写真を撮りながらいつものうさぎさん走法(走る→抜かす→休む→抜かれる)をしていたら、「あ、また牛ジャージの人だ」といわれました。
鬱陶しくてすみません。と、思わす声に出した謝っちゃいました(笑)
でも抜かすときはマージンとってライン外して抜くようにしてるので、勘弁ください。

最後の下りに入った途端にリムうちパンク。
リムうちだけでも自己嫌悪なのに、右手首が故障のため力が入らず、タイヤをホイールから外すのに難儀します。
下り仕様のごついチューブに交換して、タイヤにチューブを収めて、ボトルの水をビードに全部かけて空気を入れる(伏線)
タイヤのビードもきれいに上がり、気を取り直して「よっしゃ全開で行くぜ!」

・・・100mぐらいでまたパンク。チューブ噛んでたっぽい。

戦意喪失して、ダラダラとチューブ交換。
予備のチューブはマキシスのフライウェイト・・・大丈夫かな・・・。
空気をパンパンに入れてもビードが上がらない。
IMGP2832.jpg

走り始めは最初は恐る恐るでしたが、インテンスのバイクを駆ってピョンピョン華麗に下るDHerに釣られて最後は楽しく走り終わりました。

IMGP2834.jpg

さっさと松原スポーツ公園に帰還して、洗車や片づけなど。

今回の犠牲。
IMGP2835.jpg
ちょうどへらコブラさんも帰還してきたので、しばしタープにお邪魔して休憩。

速いお仲間が帰ってくるころを見計らって、ゴール地点に移動。

一番先にゴールしたのはS澤さん。
ノントラブルで走れればすごいタイムなんでしょうけれど、パンク3回で悔しそう。
IMGP2842.jpg


20分ほどして、やましたさんがゴール。
「パンクしちゃったよー、でもblogネタ的には美味しい」
「今度のバイクは下りがチョー楽しい、リアを飛ばしてターンするのがチョー楽しい」
IMGP2844.jpg

7時間切りが目標のツカカツさんが来るかもしれない、ということで待っていたら、ギリギリ2分前にゴールに飛び込んできました。
ドロドロでヘロヘロでしたが、すごくいい顔をしてました。
IMGP2845.jpg

100kmを6時間台でゴールする人たちを見ていて、次は100kmをまじめに走りたいな、と少しだけ思いました。
2011/09/18

SDA 王滝 42km 2011年9月

今回は「まともな」42kmを走れた気がします・・・5月は大雨だったので。

「4時間切り」「100kmとは違うシチュエーションの御嶽山を拝む」を念頭に参加しましたが、どちらも達成。
完走タイムは3時間16分ぐらい。

パンクのタイムロス24分。
パンクが無ければ3時間切ってますが、「たられば」がないのが王滝です。

下りで全然乗れてなかったのが心残り・・・。
最後の下りでの2回パンクのあと、インテンスに乗ったDHerに引っ張られて少し勘が戻りました。



早々に42kmゴール後、120km/100kmのゴールを見に行きました。
120km優勝の松本選手と、わずか1分差で2位の池田選手が健闘をたたえあう姿
120km5位の鏑木選手のものすごい悔しがり様

王滝はゴールタイムが近い人はずーっと近くを走っているので
「どこどこでペースを作ってもらえて助かった、ありがとう」
「あなたがいたからわたしもがんばれた」
といった会話がいたるところでされているんですね。
SDAでは近くを走るのライダーは「仲間ときどきライバル」なのです。

・・・ただ、42kmはあんまりそういうのがなかったんですよね。
「これが42kmはスプリント」といわれる空気なのでしょうか?
最後のパンクで走力同じぐらいの人はみんな行ってしまったしな。

次回はまた100kmで出たいと思いました。



予想されていたことですが、5月のSDA以降に何度か降った大雨で相当のガレのため、パンクがとても多かったようです。
面白いのは
最後の下りでパンク→パンク前まで一緒に走っていた人を見つけてタイムを聞く→パンクがなければー!
というやり取りが多く聞かれたこと。



仲間内では・・・
大幅なタイム短縮でゴール後にすぐに電話で喜びを伝えてくれたへらコブラさん。
パンク3回で戦意喪失、6時間19分でゴールしながら手で「バッテン」していたS澤さん。
「最後の下り前にパンクしちゃったけどこれもbloger的にはネタとして美味しい」「新しいバイクは下りチョー楽しい」と前向きなやましたさん。
7時間前半で女子総合4位しただけでなく、女性ライダーで協力して走ってたのしかったというショウさん。

印象的だったのは、
6時間58分ぐらいでぎりぎり7時間切り、とても疲れていたけど完全燃焼していたツカカツさん。
着実な走りで7時間台の目標をクールに達成したベロロ軍曹さん。

一方で、まっちょんさんは第3CPでタイムアウトになって戻ってきました。
残念ですが、一見して悲壮感はなく、さばさばした感じでした。
次回頑張ろう!ボトルの落下防止も、王滝対策です。

奥深いぜ、王滝。
2011/09/14

【予定】SDA王滝~富士見パノラマ

9/17 王滝入り
9/18 SDA王滝42km参加

9/19
アフター王滝は、S澤さんと富士見パノラマで遊んでくる予定です。
王滝に参加しないかたで、19日に富士見に行こうって人はいるかな???

今回も42kmに参加なので、例年の体力的なら問題ないはずなのですが、今年はちょっと夏バテ気味です。
台風が近づいて天気が不安定になるかもしれないので、臨機応変に動けるように、9/18夜は車中泊です。
 
2011/09/11

ONGR

やましたさん、ツカカツさん、ベロロ軍曹さん、ogataku7さん、へらコブラさんとONGR。

だがしかし。
熱中症のような症状で、9キロ水場で撤退。

日差しの強さは感じつつも、暑さというより寝不足とレッドブルの飲み忘れ・・・と思いたい。
2011/09/08

Selle ITALIA SLR GEL FLOW

自転車のサドルはSLR派です。

ロードレーサーのヨロイ号(LOOK KG461)には、SLR GEL FLOW。
MTBの黒炭号(TREK Fuel 98)には、SLR XC GEL FLOW。

自分のBIKE紹介Wikiによれば、2004年から丸7年間使ったらしい。

DSCN2043.jpg

「なんでそんなボロッちいの」とbさんほかの容赦ないダメだしを受ける。

グラフィックがカッコイイFLOW TEAM Editionと迷いましたが、Team Editionはパッド薄目ということで諦めて、今までと同じGEL FLOWにしました。

DSCN2042.jpg
2011/09/05

ハッピーバースデー俺

40

若いころにイメージしていたのとははかけ離れたショボイ自分にガッカリする今日この頃。

論語の「40にして不惑」という一節がある。
自分にはビジョン・ベクトルがない。
これは「惑う」という状態なのだろう。

最近「賃貸に住んでるの?家賃払っても資産にならないのに。お金がもったいない。」とか「いつまで独り身でいるの?そんなに気楽がいいの?」と言われるけど、賃貸派でも非婚派でもなく、何も選択しなかった結果が現在。軽く凹みますが叱咤激励お願いしまする。



よし!40になったから本気出す
2011/09/05

台風後の多摩川

台風12号はTALASって名前の割に俺らのMTBよりも遅い(?)
日曜も天気が微妙でしたが、夕方近くなって雨も降らなそうだったので、ブレーキパッドを物色しにY'sRoad府中へ。

そこでみた多摩川は濁流でした。
多摩河原橋~稲城大橋あたり
NCM_0004.jpg

焼肉村あたり
NCM_0006.jpg
2011/09/05

BR-M755 ブレーキパッド交換

ブレーキの鳴き対策として、ローター交換ブレーキパッド加工をしましたが、結局、直りませんでした。
ブレーキが鳴くと集中できません。


33回転にも同じブレーキキャリパーを付けていますが、こちらでは鳴きません。
黒炭号は、フレーム・フォーク共に旧型、前後ともISマウントのアダプタを使用しているなど、33回転よりも捻じれが出やすい構造が原因かもしれないです。
IMGP2455.jpg

IMGP2456.jpg

ブレーキパッドの交換をしてみます。
UNEX THERMO DISSIPATOR

DSCN2041.jpg

セミメタル、ということですが、コレ金属混ぜたレジンパッド?
レジンパッドというと、AVID BB7のORGANIC PADが雨の王滝で一発KOだったのがトラウマですが、まああれは特殊条件だったと思うので、これで行ってみます。
制動力は、メインのタイヤがKARMAなので問題ないでしょう。
2011/09/04

【予定】SDA王滝1週間前~9/19

9/10 or 11 SDA王滝直前、ONGR。
・土曜日の場合はONGR朝練。
・日曜日だったら、勢い・ノリで行先が変更になるかも。中津川林道とか。

9/17~18
・SDA王滝。宿はいつもお世話になっている大又山荘。

9/19
・王滝の後に1泊して、富士見で遊んで帰ろうかと、S澤さんと相談中。バイクは2台積載。
2011/09/03

FOX TALAS RLC ダストシール交換

台風12号「TALAS」が高知県に上陸した週末、オイルが漏れるS澤さんのTALASを預かりました。
33rpmにTALAS、というとオイラのクロカッコイイ33回転と被ってますが、サドル・ワイヤー・ライトがピンク、コンポはフルXTRで軽量、速く走る怪しいバイクです。

DSCN2021.jpg

オイラのMTBは2台ともTALASなので、TALASだらけです。
以前、自分のFOX TALAS RLC(05モデル)でダストシールを交換してます。
06モデルも構造は同じなので余裕。

DSCN2038.jpg

ダストワイパーとフォームリングはこの通り、汚れてます。
ロワーレッグ内のオイルは綺麗でしたが、ダンパーカートリッジ内のオイルは汚かった。あまりオイルが流れてないのかな???

DSCN2040.jpg

台風のせいか蒸し暑いので、ダストシール圧入のところでやる気がDownしそうになりました。
ダンパーオイルだけでなく、シール回りにスリックハニー、インナーチューブにフッ素オイル105を薄く塗って、動きも滑らかになってるはず!