2014/10/26

マッサージで体の弱点発見

白石峠、ヤビツ峠を走った翌日は、ガチガチに肩が凝って酷い頭痛に苦しんだ。
松姫峠から帰ってきたあと、翌日に頭痛が出るのは嫌なので、久しぶりにマッサージに行った。

インナーマッスルが幾つかあまり使えていないことを指摘された。
上体を背中と肩の筋肉だけで支えているので、速攻で筋肉が疲労してしまうそうだ。
登りですぐ腰が痛くなるのもそのせいらしい。

思い当たる節が大あり。
骨盤を前掲させると楽になるんだけど、ポジションが続かなかったんだよね。

筋肉に刺激を与えて動きやすくなるような施術を進められた。
背筋の痛みは長年の悩みで、直す方法なんて無いと思っていた。
これが改善すれば、自転車ライフが大きく変わるはず何で、しばらく通ってみることにする。
スポンサーサイト
2014/10/26

松姫峠

秋の「輪行で峠」第3弾。
行き先は、久しぶりの松姫峠。
前に自転車で登ったのは、5年も前でした。
いい感じの紅葉ツーリングでした。

時間を気にせずに電車に乗ったら、立川でホリデー快速が来たので乗り換え。
DSC00319S10.jpg
車両が懐かしい色(国鉄色というらしい)で、撮り鉄が写真を撮っているところが多く見られた。

10時ジャストに大月駅スタート。
いきなり岩殿城趾の登りが堪える。
DSC00321S10.jpg

バスの転回所の奥の旧道?に寄り道
DSC00324S10.jpg

DSC00326S10.jpg

深城ダム。
バイクは多かったけど、サイクリストは全然見かけない。
DSC00330S10.jpg

DSC00335S10.jpg

松姫峠をパスするトンネルはもうすぐ開通みたい。
DSC00337S10.jpg

標高が上がって、道が狭くなってから、紅葉がいい感じになってくる。
DSC00350S10.jpg

ロード乗りが一人下りてきて「くまーがいるよ」と言っていた。
用心しながら進んだが、クマー(・(ェ)・)には会えなかった。

DSC00353S10.jpg

松姫峠
DSC00356S10.jpg

DSC00358S10.jpg
前回来たときは天気が悪かった。
今回は南西の空が暗いけど、天気は悪くない。
あまり眺望が良いところは無いのだけど、山が見渡せるところではいちいち止まって写真を撮ったりする。
DSC00364S10.jpg

トンネルの反対側も、殆どできています。
DSC00369S10.jpg

途中で雨がパラパラ降ってきたけど、本格的な降りにはならずにすんだ。
DSC00375S10.jpg

帰りはそのまま自走。
青梅周辺でサイクリングイベントがあったようで、市役所で完走イベントみたいなものをやっていました。
DSC00376S10.jpg

Time:7:29:01
Dist:122.21km
Ave.16.3km/h
Max.61.2km/h
Alt.1180m
2014/10/18

MADONE シフトワイヤーをNOKON化

後ろ変速がズレるので、ワイヤーアウターのRがキツいRD付近をNOKON化。

DSC00273-001S10.jpg

これを作っているときは、ビーズ細工そのもの。
DSC00274S10.jpg

取り付け後。
DSC00276S10.jpg
変速が流体パルスシステムになって、ずれは軽減しました(嘘

原因は、アウターの縦ワイヤーでした。
何度、切断面をそろえても、曲げると段々になってしまう。
シマノやカンパの純正アウターではこういうことは無かったので、アウターが安物なのがいけなかったのかも。

まだラチェットの摩耗で、インナーから3段目がズレるので、部品変えるかレバーごと交換するか・・・
2014/10/18

33回転、BBとチェーン交換

もともとメンテがいい加減だったけど、雨のアドベンチャーin富士見とどめを刺してしまった。

BBが回らなくなったので交換。
DSC00310S10.jpg
これまでXTRグレードですが、日和ってXTグレードに。

だめになったBBのゴムシールをシール外して見る。
オイルをしみこませてみても、ベアリングががっちり固着していて回りません。
多分、錆びてくっついてるんだな。
DSC00312S10.jpg

チェーンも伸びていたので交換。
DSC00314S10.jpg
これだけ伸びてればチェーン離れが悪くなってチェーンサックするわ。
2014/10/18

ヤビツ峠(裏)

先週、輪行の楽しさに味をしめたので、今度は神奈川県の峠、ヤビツに行ってみる。

橋本スタート。
前に来たときは開通してなかった圏央道に車が走っているのが見える。
DSC00294S10.jpg
(圏央道はもう車で体験ずみですが)

ゆっくりペース休憩なしで、宮ヶ瀬湖からヤビツ峠へ。
DSC00295S10.jpg

自転車が多い。

護摩屋敷の水はきれいな駐車場ができていました。
DSC00296S10.jpg

途中の狭いところで、バイクとの出会い頭で落車していた人がいました。
見通しがとても悪く、車・バイク・自転車は多いので、要注意ですな。

意外とあっさり登頂。
ヤビツ峠
DSC00297S10.jpg

下りは慎重に。
DSC00304S10.jpg

帰りの宮ヶ瀬湖。
DSC00308S10.jpg

おまけ
レストラン栗の里の駐車場にいたアヒル
DSC00309S10.jpg

帰りは自走で町田街道→野猿街道→多摩サイ経由で帰宅
先週の白石峠より、距離が10km短く、標高が100mぐらい低いけれど、走った後のダメージは少なくなりました。

Time:5:47:56
Dist:98.39km
Ave.17.0km/h
Max.57.2km/h
Alt.1174m
2014/10/12

白石峠

埼玉のサイクリストの峠錬の定番みたいな場所らしい。
イニシャルDで高橋弟と岩瀬恭子のFD対決の舞台か・・・ってのは定峰峠のことなのですが、家に帰るまで勘違いしてました。

ここんとこ、車で移動しての自転車ばかりだったので、輪行。
秩父から脚が残ってれば自走で帰ってみたいので。

輪行は本当に久しぶりだけど、10分ジャストでパックできた。
DSC_0003S10.jpg

TREK Madoneでは初輪行。軽くて運ぶのがとても楽。

宮沢湖で、車できたbさんに合流。
DSC00277S10.jpg

都幾川でbさんのオートバイ仲間のIさんに合流。
DSC00279S10.jpg

自転車の人がたくさんいます。
東京都の都民の森みたいなかんじかな。
DSC00282S10.jpg

計測区間w
DSC00285S10.jpg

Iさんとbさんはシューズのバックルを締め直して、やる気です。
DSC00286S10.jpg

登りは相変わらず体が重いけど、ちょっとずつ力が戻ってきている気がする。

峠。
寒い。
DSC00287S10.jpg

堂平山天文台まで登ってお昼ご飯。
DSC00288S10.jpg
DSC00291S10.jpg

帰りは宮沢湖でbさんと別れ、そのまま自走で帰ってきました。
久しぶりの100km。
翌日は頭が痛くて大変でした。

Time:9:39:06
Dist:111.02km
Ave.11.5km/h
Max.55.9km/h
Alt.1291m
2014/10/05

アドベンチャーイン富士見2014

アドベンチャーイン富士見・・・
2010年に参加して、とても楽しかったイベントでした。
2011~2012は開催されず。
2013年にプロライダー松本 駿プロデュースで復活→急な仕事でDNS

ようやく参加できました。

前日
台風接近で中止・DNSもあり得る。
半日だけでもCコースとツーリングを楽しむつもりで、昼過ぎに富士見パノラマに到着。
DSC00247S10.jpg

天気はあまり良くない。
DSC00248S10.jpg

DSC00250S10.jpg

Cコースを2本走ってから、DHだけだとつまらないので、牧場の入り口までコースの下見に行ってみる。
DSC00256S10.jpg

すでに葉が色づきはじめている。
来週ぐらいには、紅葉がいい感じになるのでは。
DSC00259S10.jpg

下ってきて、tsurunさんたちに挨拶。
GAGAさん一家&ときちゃん夫妻と合流。
ときちゃんへのホイールレンタル代金ということで、ご飯は全部ごちそうになってしまいました。
本当に、本当に、ごちそうになってばかりで申し訳ないです・・・

空いてる駐車場は寒いので、10時に就寝。

当日
4時頃、雨音で目が覚める。
気温10℃。ときおり雨脚が強くなったりする。

SDA王滝の2014年9月とか2011年5月みたいなことになるのかね。

出走するか迷って、スタートラインに並んだのはスタート30秒前。
IMG_7676S10.jpg

スタートゲート直後にデジカメ電池切れ。以降、走行中の写真なし。

パレードランで、tsurunさん・安藤さんに追いつく。ペースがちょっと遅くて寒いので先に行く。

登り早々メカトラ発生。インナーロー+凸凹道でトルクをかけると一発でチェーンサック。
インナー封印。やましたさんの試練でしょうか。フロントミドルで頑張って踏むけど、どんどん追い越される。

tsurunさんと安藤さんに追いつかれる。
「ギア調子悪いんだインナー使えねーよ」と愚痴ると、
「俺らはフロントシングルだから全然平気ですよー」と返される。
俺もフロントシングルにしてしまうかな。

15kmあたりで女子選手と抜きつ抜かれつになった。
緑のジャージに見覚えがあった、9月の王滝で女子3位になったMilePostのSHIGEちゃんでした。
登りで漕げないので、ピーク手前で置いて行かれる。

エイドポイントでクリフ ショットブロックをもらう。
「二粒はこの場で食べてください、これを食べれば遭難しても平気です!」
「へーそうなんだ」(ダジャレを言う余裕はある

林道下り
最初はこわごわ走るが、すぐに「ヒャッハー」状態になる。SHIGEちゃんほか数名を追い越す。

林道登り返し
斜度がややゆるくて、前も後ろも誰もいなくなり、雨の山間を一人ツーリング状態。

Cコース
びしょ濡れだけど、滑りよりも視界の悪さと疲労でスピード抑え気味。

ゲレンデ
重い芝生を結構登り返す。完全に股の筋肉が終わっているので、登りは全部押す。

シングルトラック
濡れた木の根っこと泥で滑らぬよう、慎重に走る。

4時間9分でゴール。
IMG_5812S10.jpg

どろんこです
IMG_9368S10.jpg

泥だらけで全身丸洗いしていたら、tsurunさん他同じぐらいのペースで走っていた人たちがゴール。

片付けをしていたら、安藤さんが自転車を担いで走って行く。
彼が最終走者。Cコース序盤のメカトラから、あきらめず担いで完走。

終了後、マシュンさんを見かけたので、話しかける。
参加者が少なく、雨まで降って、みんな楽しんでいたか気にしていたようだったので、
変化に富むコースはアドベンチャーレースとしてはとても濃いくて楽しいコースだった、ありがとうございますと、お礼を言わせていただいた。

このイベントは、ゲレンデクロカン+シングルトラック、DH、林道を全部走れるので、MTBレースイベントの1種目でここまで何でもありなのは他に無いだろう。
シマノバイカーズだと全部別種目ですから。
入笠山周辺の林道は、普段は通行禁止ですが、時折、南アルプスが見えたり、ツーリングにはなかなか良い道だったりもする。
参考画像
IMGP1130_R.jpg

距離が60kmぐらいになると、もうちょっと参加者が増えるのではないかと。

今回は天気が悪くて南アルプスが見えなかったので、次回、天気のいい中で走りたい。

帰り
台風18号接近で全線50km/h速度規制の中央道をのんびり帰ってきました。
車のタイヤが減っているので、ちょっと怖かった。
2014/10/01

ELEKIT TU-870 + Infinity Reference 10E

アンプ エレキット TU-870真空管アンプ
スピーカー Infinity Reference 10E
WP_20140930_001[1]
どちらも15年以上のつきあいです。

前の部屋では、部屋が暑くなるからと真空管アンプを使うのを止めていたのだけど、引っ越してスペースができたので復活しました。
マニアな音では無いけど、とても聞きやすい素直な音を鳴らすので、聴き入ってます。

アンプ TU-870(初代)は、PCと自転車の趣味に引き込んでくれた友達のおすすめで「組み立てた」もの。
デジタル→アナログ変換回路を追加してある。
SPDIFでPCの音声を、LINEでテレビの音声を入力している。
電源と音声入力切替えがトグルスイッチによる手動。
ちょっとめんどくさい。
電源連動とリモコン対応化したい。

スピーカーは、八王子のムラウチ電気にBTのアルバムCDを持ち込んで聞き比べして一番聞きやすかったもの。
なお、カーオーディオのスピーカーも全部Infinity。
前 Kappa 572.5cf
後 Reference 6032cf

スピーカーケーブルは、in-akustikの安物?。

テレビの音声出力用に、ONKYOのGX-100HDを使っていたのだけど、TU-870+Reference 10Eの方が断然聞きやすい。

ところで・・・
PCとテレビの音声出力を全部これにまとめてしまったので、ONKYOのGX-100HDと、GX-30Aが余ってしまったのだけど、誰かいらんかね。