2015/06/28

2トレ

晴れが二日続いたので、久しぶりの里山。

うっかりさんとやましたさんを、GOPROで撮ってあげますよ。
DSC00806_R.jpg

スマホとGPSを忘れました。
今日はオイラがうっかりしています。
DSC00803_R.jpg

まずはゆるゆると広場方面。
途中の切り株坂にチャレンジ。
やましたさんはクリア。
オイラは自分のバイクではギアが足りなくてダメでしたが、やましたさんのバイクで登れました。

レンズが汚くてすみません。

蒸し暑いので、コーラがうまい。
DSC00808_R.jpg

倒木が多い道から山に戻って。
DSC00811_R.jpg

その後はメイン尾根に移動して軽く一本。

※1.2倍速

やましたさんの走りは、今度レンズが綺麗なときに取り直します。
スポンサーサイト
2015/06/27

尾根幹線

ちょっと時間を見つけてさくっと走ってきた。

いつもと完全に同じコースにもかかわらず、GPSの記録で走行距離が短いのは、走り始めにGPS電波捕まえるのに時間がかかったからのようだ。

Dist:48.57km
Time:2:28:18
Ave.23.7km/h
Alt.350m
2015/06/21

「ギスギスする」

近いから良く走りに行く尾根幹線。
ロードレーサーが多いですが、上り下りがあり、人によって速かったり遅かったりするので、

誰かに抜かされる

追付く

抜かしてもまた抜かれるのでペース抑える

誰かに追付かれる

先に生かせようとペースを抑えても前に出ない

離そうと思ってペースを上げてもぴったり付いてくる

この微妙な距離感を、やましたさんが「ギスギス」といいました(笑)

大げさにネガティブに表現してはいるけど、実はそんなに嫌いではありません。
練習のつもりで走るなら前に人が居た方が良いときもあるし、
希に信号毎の先頭交代、みたいな協調が生まれることもあるし。
2015/06/20

尾根幹線

昼に用事があり、出かけたのが15時過ぎ。
歯医者で口の中の金属を削ったため、アレルギー症状が出る。
身体の所々に変な痛みがあるのと、すこし呼吸が苦しい。
でも、足は意外と軽かった。

Dist:49.28km
Time:2:33:21
Ave.23.0km/h
Alt.495m
2015/06/14

サイクルカフェ ヒルトップ

宮ヶ瀬ダムの帰りに寄り道。

Facebook

この辺の自転車乗りなら定番の連光寺坂の上の信号のところなので、ちょくちょく寄れそう。


確か酒屋コンビニみたいな店があったと思いますが、サイクルカフェ、という店になっていました。
CHcfB6xUAAA0kUA_R.jpg

店内で休憩させてもらいました。
DSC00798_R.jpg

NEILPRYDEという聞き慣れないブランドの試乗車がありましたので、乗ってみました。
ZYPHER。エンデュランス系バイクとのこと。
DSC00800_R.jpg
連光寺坂を高速で下っても柔らかくて楽。
登りはちょっと力の伝わり方がまろやか。

それより、バランスとってあるホイールがとても具合がいいので、自分のホイールもバランスとってみようと思う。
2015/06/14

宮ヶ瀬ダムの観光放流を見るライド

土曜日にカナサイさんが行ってたのを知っていたのだけど、用事があって行けなかった。
ちょうど日曜日は観光放流の日だったので、長い休みの最終日ということで?行ってきた。

bさんとやましたさんと一緒です。
DSC00781_R.jpg

圏央道、相模原ICができて、新小倉橋から直進で行ける新しい景色。
DSC00782_R.jpg

やましたさんには「スピードがだいぶ戻ってきた」といっていただきましたが、感覚的にはいつまでたっても登りが辛いです。

蒸し暑いので、休憩毎にアイスを食べながら、宮ヶ瀬ダムに到着。
CHbtTzWVAAAtg6s.jpg

集合写真。オイラ以外の兄さん方はディープリムなホイールです。
DSC00785_R.jpg
bさんは重い重いといってましたので、しばらくしたらBORAを買うのではないかと。

ダムの反対側に徒歩で移動して。
DSC00786_R.jpg

インクラインで下まで下りて。
DSC00789_R.jpg

14:00から6分間の観光放流。
DSC_0173_R.jpg
涼しい。

観光放流の見学後、ダム上の「水とエネルギー館」で一休み。
DSC00787_R.jpg

以前はレストランだったと思うけど、おしゃれなテーブル&ソファでくつろげる気楽なカフェになっていた。

軽食メニューのホットドッグ。
DSC_0174_R.jpg
ミル貝を思い出しました・・・

ソーセージがとてもおいしかったです。
見かけは微妙ですが

Dist:85.93km
Time:7:49:13
Ave.21.0km/h
Alt.800m
2015/06/11

南房総ぐるっと一周

前日の羽田で「海の風もいいな」と思ったので、翌日も海辺ライド。

こちらのコース


道の駅富楽里とみやまからスタート。
DSC00713_R.jpg

最初は低い山間のコース。
DSC00717_R.jpg

棚田
DSC00727_R.jpg
この辺りを走ってると、千葉県は農業県なんだな。と感じる。

標高100~200mぐらいのピークを4つぐらい越えたら、鴨川に下って海に出る。
DSC00725_R.jpg

鴨川に到着。
DSC00734_R.jpg

作戦ミスで鴨川市街よりすこし外れたところに出てきてしまったので、走りながら昼飯を探すことにする。
1433997753674_R.jpg

道の駅鴨川オーシャンパークでお昼御飯。
1433998793075_R.jpg
光丼。ワラサとサンマ酢漬け。

こんなアニメの聖地(?)
DSC00737_R.jpg
ぱっとしなかったみたいだけど。

昼飯を食ったら、海沿いを延々走ります。
DSC00738_R.jpg

途中で自転車専用道に入る。
DSC00746_R.jpg

車道よりスピードは出せない。
DSC00752_R.jpg
DSC00754_R.jpg
砂が溜まっているところもある。
DSC00755_R.jpg

道の駅和田浦WA・O(ネーミングが自由だな・・・)
DSC00739_R.jpg

KDDI千倉海底線中継所
ここから海底ケーブルでアメリカとネットがつながってる、ということらしい。
DSC00762_R.jpg

道の駅、ちくら潮風王国
1434003671103_R.jpg
天気が心配になってくる
1434004011153_R.jpg

白浜
DSC00765_R.jpg

野島埼灯台はどこに自転車置けば良いかわからなかったので、近くで眺めただけ。

最南端あたり
DSC00767_R.jpg

館山の自転車専用道は、砂を被ってチャリでの走行は困難。
DSC00768_R.jpg

DSC00770_R.jpg

どっくらそ?(白浜フラワーパーク)
DSC00772_R.jpg

南房パラダイス
DSC00774_R.jpg
DSC00775_R.jpg
温室が気になる。

天気と日暮れが気になりだしたので、この辺からは少し急ぎ目に走る。
DSC00779_R.jpg

道の駅に帰着。
1434014662711_R.jpg

久しぶりの100km越えでした。
海沿いは標高差も信号もクルマも非常に少ないので、実に走りやすかった。
暑さに弱い自分には、曇り&弱い風が吹いていたのもちょうどよかった。
ポジションの修正が上手くいっていて、背筋の負担が軽くなっている実感あり。

Dist:109.07km
Time:6:15:32
Ave.23.6km/h
Alt.620m
2015/06/10

多摩川河口まで

前日に暴飲暴食したため、朝から頭が痛い。
でも、天気が良いので、どこかに走りに行きたい。
平日だと空いているかと思って、多摩川河口方面へ行ってみる。

1時間半で到着。
1433917827823_R.jpg

羽田空港の方に行ってみる。
飛行機がよく見えるポイントがよくわからないので、テキトウにウロウロしてみる。
DSC_0051_R.jpg

DSC_0050_R.jpg

さっさと帰るつもりが、1時間ぐらい寄り道してしまった。
DSC_0053_R.jpg

海風が気持ちよかった。

帰り道の多摩サイは、部活の学生とお散歩の人が増えていたけど、休日よりはスムーズに帰ってこれた。

Dist:86.05km
Time:5:17:13
Ave.21.9km/h
Alt.221m
2015/06/08

2トレ

長期休暇も残り1週間になりました。
調子が戻ってきたので、4日連続で自転車に乗ります。
今日は2トレ。

DSC00698_R.jpg

疲れが溜まってきたので、走りメインではなく、GOPROのテストです。
こないだknpr尾根に行ったときは、カメラが下向きだったので、カメラの( ゚∀゚)チョウドイイ!!角度を探します。

GOPROはチェストハーネスで身体につけてます。
DSC00705_R.jpg
ブラじゃないよ。

とれた画像をその場でチェックするための準備もしています。
DSC00703_R.jpg

メイン尾根を2本走りながら、角度の調整をしました。
こんなふうにとれました。

Windowsのムービーメーカーで、スタビライズ、YouTubeでBGM追加しています。

カメラの角度が、斜面と並行になるので、斜度変化が感じにくい動画になってしまいますが、まあしょうが無いです。
2015/06/07

尾根幹線

休暇3週目にして、ようやく自転車に乗る気が出てきました。
今日で3日連続です。

週末の尾根幹線は自転車がたくさんいますな。

すごく乗れてるなぁ、と思ったのですが、所要時間は半年前と変わりないみたい・・・

Dist:49.32km
Time:2:45:13
Ave.23.4km/h
Alt.381m
2015/06/06

多摩サイ

昼過ぎに出発。
空に黒っぽい雲が見えて、雨が心配。
東京アメッシュをチェックするが、関東はまだ雨は降っていないようなので、羽村の堰まで行って折り返す。
CGzErkwVAAEJFHo.jpg
速度が出るのは往路の追い風の成果と思ったが、帰りの緩い向かい風でも30km/h巡航できたので、調子は良かったみたい。

Dist:73.66km
Time:4:00:23
Ave.22.5km/h
Alt.174m
2015/06/06

MTB 29erホイールの乗り味

TREK SuperFly(黒炭号)のホイールは、Fulcrum Red Metal 29 XLに落ち着きそうです。

ここで、ホイールの概要と乗り味について、書き残しておきます。
(参考画像は適宜追加するかも)

Bontrager Race Lite X(RLX)

Asset_141714.jpg
重量:F=800g、R=930g(実測)

ProjectOneで選択可能なホイール。
シマノのXTに相当するのでしょうか。
実際のところ、細いエアロスポークとリムの造形(ニップル接合部を丸く厚くするところ)は、XTのホイール(WH-M785)のOEMなんじゃないかと思うぐらい、よく似ています。
乗り味は、縦剛性、横剛性、重量と回転慣性、29erのいろいろな要素がちょうどよくバランスがとれていると思います。

ただ、ハンドルを大きく振ると、前輪が一瞬遅れて付いてくる感覚があって、SuperFlyを安楽な方向に振りたくない自分としては、もっとキビキビしたハンドリングが欲しいと思いました。

Fulcrum Red Passion 29

DSC00510.jpg
重量:F=650g、R=850g(実測)

ホイールをFulcrumの良いものにしたかったので、購入しました。
2015年のFulcrumオフロードホイールで、軽量化を突き詰めた最上位モデルです。

カーボンのハブボディ、エアロではない細いスチールスポーク
2015_Red_Passion_hub.jpg
スポークアレンジは、前年モデルまでの2:1 Two-to-One Spoke Ratioではなく、フロント反ディスク側だけがラジアル、そのほかはタンジェント組と、至って普通です。

低いリムハイト、パナレーサーのPolyLiteみたいなリムテープでチューブレス対応
2015_Red_Passion_tubeless_ready.jpg
リムテープによるチューブレス対応のため、空気圧は3bar入れられません。
リムがとても軽いので、29erのホイール系の特徴である、こぎ出しの重さと回転の慣性を感じません。

軽量ゆえ、ホイールの剛性は抑えめです。
レースなどとにかく前へ進むシチュエーションでは、出足の鋭さと、適度なショック吸収性は武器になると思います。

決して軽量ではないMAXXIS ARDENT RACEを履かせてハンドルを振ると、RXLよりも横方向の動きが遅いです。
私の目指している方向性とは反対でした。

Fulcrum Red Metal 29 XL

CGdm_t6U8AEynQB.jpg
重量:F=820g、R=1050g(実測)

Red Passionは方向性が合わない。RXLは真っ黒で地味。
自分のバイクを納得の行くかたちにしたかったので、買いました。
適当なリムハイト、大径アルミスポークで、乗り味は若干堅め。

2015/06/05

三国峠(中津川林道)

2年半ぶり。
今年は王滝錬をしていないので、あまり林道を上ったり下ったりしていませんので、いってみたいと思っていました。

実は先週走ろうと思って秩父まで行ったのですが、ヘルメットを忘れていたのでドライブだけして帰ってしまいました。

彩の国ふれあいの森にクルマをデポ
DSC00656.jpg
平日だし、雨が降りそうなので、人は少ないです。

一応、普通の自動車で通行できる道なので、あんまりガレていません。
DSC00661.jpg
ただ、下りの30km/hぐらいで走ると、それなりにガタガタします。

10kmほど川沿いを走り、ここのUターンから山に登っていきます。
DSC00663.jpg

途中のキロポスト。
距離は県道211号線の分岐からみたいです。
ふれあいの森からだと、マイナス2kmです。
DSC00678.jpg

三国峠に到着。
DSC00683.jpg

長野県川上村側。
DSC00681.jpg

所要時間2時間。
軽量29erに硬い足回りでこういう道にはもってこい。かなり楽に走れた気がする。
気温が10℃を切っていて少し寒いです。
DSC00682.jpg

atsさんの事を思い出したりしてのんびりしようかと思っていましたが、雑誌の取材で撮影しているライターの方と雑談していたら、雨が降ってきたので、峠に10分ほどいただけですぐに引き返しました。
40分ほどでクルマのところまで戻りました。
雨は強くなかったので、ずぶ濡れには成りませんでした。

下りは29erのグリップの強さを実感。
前日のA山で効き過ぎ違和感を感じたリアブレーキにも慣れました。

新しいホイールはちょっと硬めで、林道でスピードを出しながら石などを避けるハンドル操作がキビキビして、とても良い感触でした。
腕が鈍っているので、振動を抑えるのに少し難儀しましたが、身体が慣れてくればもっと飛ばせるでしょう。
2015/06/04

A山

新しいホイールにタイヤをつけましたが、ビードを上げるためのCO2ボンベがなかったので、走れるのが2日後になってしまった。

早速A山でシェイクダウン。
DSC_0043_R.jpg

シルバーのスポークがまぶしい。
DSC_0045_R.jpg

ちょっと硬いけど、ハンドリングがキビキビしたので納得。これでOK。

本日のエナジーチャージ。
味はイメージのまんまです。
1433387682862_R.jpg
2015/06/02

Fulcrum Red Metal 29 XL

ホイールを替えました。
またしてもFulcrum。こんどは、Red Metal 29 XLです。
CGdm_t6U8AEynQB.jpg
なぜかソフトフォーカス。

狙いは、ある程度のリムハイト&アルミスポークによる硬い乗り心地。
2015年モデルからは、Red PassionとRed Metal XPRになってしまい、どちらもスチールスポークになってしまったので、わざわざドイツのお店で通販で買いました。

これまで使っていた、26インチのRed Metal Zeroと、こないだ購入したRed Passion 29は最上位グレードですが、こちらは2ndグレード。

FulcrumのMTBホイールは、リアがスルーアクスルの場合は、デフォルトで幅が135mmになるので、135→142mmアダプタも合わせて購入しています。