2015/09/26

Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP LIVE 3:5:6:9 (9/26)

最近、自転車だけでなくライブにハマり気味のJJさんに、Perfumeのライブに誘っていただきました。
FOXのフロントフォークを譲っているので、代金の代わりにチケットを取ってもらいました。

Perfumeは、今年、結成15周年、メジャーデビュー10周です。
そこで、9/22から10日間に渡って、記念イベント PPPPPPPPPP(パパパ パパパ パパパパ、と読む) が開催されました。
今回のライブは、5日目からの、LIVE 3:5:6:9 の初日です。

エレクトロが好きなので、当然Perfumeのアルバムも幾つか買ったことがありますが、趣向がSONIC MANIA~ULTRA JAPANにシフトしていたので、持っていたアルバムを聞き直したりしながら、待ちわびていました。

当日12時頃から、Twitter等で、物販が2~3時間待ちという情報が流れており、物販にあまり興味が無いJJさんとオイラは、開演1時間半前ぐらいに日本武道館に到着。
1443249280034.jpg
前に日本武道館に来たのはいつだろう。。。誰かのライブだった気もするんだけど。。。
ちなみに、小学生の時、ここで剣道の試合に出たことがあります。
瞬殺されましたが。

30分ぐらい前に、入場。
5日前に行ってきた ULTRA JAPAN と違う客層で、なんだかほっとします(*´∀`*)

ステージ
1443251744997.jpg
Twitterに上げてしまいましたが、場内放送で撮影禁止&ネタばれ禁止と聞いて速攻でツイ消ししました画像。
ハッシュタグ #prfm を付けていなかったので、拡散しないですみました。

場内放送が淡々と
「パフューム アニバーサリー テンデイズ パパパ パパパ パパパパ ライブ さんごーろくきゅうにお越しくださり、ありがとうございます」と、公演名を読み上げるたび、「そう読むのか」と場内がざわつくのが面白いです。

17時開演
始めに3曲歌った後、ライブのタイトル「3.5.6.9」が「スゴロク」であることのネタばらし。
・10曲からサイコロで歌う曲を決める
・4曲目と5曲目は、アリーナ席の客からくじ引きで選んだ人がサイコロを振る
・各曲毎の「指令」に従って歌う
という説明に、場内がざわつきます。
Perfumeライブ常連の方もビックリな展開のようです。

4曲目は、Perfumeライブ初参加の男性が、Pick Me Upを選曲。
5曲目は、Perfumeファンのお父さんと一緒に来た女の子が、未来のミュージアムを選曲。
円形ステージの床に移されるジャケット写真の上に寝転がって同じポーズをしたり、「指令」内容を読み上げてから簡単なリハーサルをして、演奏するまでも見ていてとても楽しい3人。

6,7,8,9曲目はメンバーが選んで、4曲連続で披露。

ここからビートが強い時間。
GAMEのあと、円形ステージに透過スクリーンがせり出してきて、STORY
SXSWのライブの360度版

セットに沿って2階席ぐらいの高さまでせり上がるセットに乗ったりしながらDreamFighterまでのダンスチューンは踊りまくり


PTAのコーナーは郷ひろみの「2億4千万の瞳」のさびの部分、観客に合いの手を入れさせるリハーサルをしてから「じゃぱーん」。

再びチョコレイトディスコで盛り上げた後、Puppy Loveで↑↓↑↑↓↑↓↓の振りでフィナーレ。

10分ぐらいのアンコールで再登場して、アンコールへの感謝と、昔の思い出話のあと STAR TRAINを披露。

MCをすると基本的には可愛い面白い3人なのだけど、ビジュアルもダンスも楽しめるライブで満足でした。
またPerfumeの大きなライブがあれば行きたいです。


セットリスト
01.FAKE IT
02.NIGHT FLIGHT
03.コンピューターシティ
04.Pick Me Up
05.未来のミュージアム
06.1mm
07.シークレット・シークレット
08.エレクトロ・ワールド
09.Twinkle Snow Powdery Snow
10.GAME
11.STORY
12.Party Maker
13.ワンルームディスコ
14.Dream Fighter
15.チョコレイト・ディスコ
16.Puppy love
アンコール
17.STAR TRAIN

3.5.6.9(すごろく)コーナー
04 パフュームライブ初参加の男性
05 パフュームのファンのお父さんと一緒に来た女の子
06,07,08,09

14のあとのP.T.A.のコーナー
郷ひろみ「2億4千万の瞳」サビ

スポンサーサイト
2015/09/23

A山→尾根幹ヤギツアー

王滝~ULTRA JAPANでちょっと無理をして調子が悪いので、身体を動かします。

やましたさんとうっかりさんと一緒に行きます。
DSC01142.jpg

オイラは王滝の後の片付けが終わっていません。
自転車もちゃんと洗車していないので、まだ汚れています。
DSC01143.jpg

軽くA山を走ります。

サスケ坂。


ちょっと走り足りないということで、除草実験のヤギを見て回ります。
DSC01153.jpg

DSC01154.jpg

のんきな顔をしていますが、除草にはなかなか役に立っているようです。
URの除草実証実験

Dist:37.10km
Time:2:52:36
Ave.15.3km/h
Alt.338m
2015/09/21

ULTRA JAPAN 2015

お台場で開催されたEDMフェス。
9/19~21の3日開催。
9/19,20はSDA王滝に参加していたので、21日だけ参加。

王滝から帰ってきたら疲れていたので、夕方頃から終わりまで居ようという作戦。
15時頃、お台場に到着。

東京テレポート駅から会場に向かって歩いて行くと、目に入る巨大なステージセットにビビる。
DSC_0011.jpg

船の科学館あたりにあるゲートまで歩いて、受付やらなんやらして、やっと入場。
DSC_0013_R.jpg

メインステージ前に移動すると、Zeds Deadがプレイ中。
・・・あんまり好きなかんじではないので、次のDash Berlin待ち。

16時からDash Berlin開始
ステージ後ろの、薄曇りに夕日の淡いオレンジが、Dash Berlinならではの綺麗なメロディと重なって美しい。
iPadで「みなさん、どんな感じですか?」とメッセージを見せたりして可愛い。
DSC_0015.jpg

俺が知らないDash Berlinの曲で周りが大合唱、
Dash Berlinの作品ではない曲がかかって俺が「お、来た」と思うと周りが休んでいる。

あ、おじさん作法わかってませんかね、すみません

Dash Berlinが終わったところで、
周りのど派手なファッションの若者や、水着みたいな露出度高めのお姉さんがウェイウェイやっていて、
おじさん場違い感ハンパなくてつらいので、移動。

RESISTANCE STAGE、GORGON CITYがプレイ中。
19時からSashaがプレイ開始。
DSC_0021.jpg

Sashaは21世紀になる前にWIPEOUT 3サウンドトラックで知ってから大好きなDJ。
期待通りのセットで天国でした。

ただ、私は王滝の疲れが濃く、踊るのは15分が限界。
踊って休むを繰り返しましたが、体力の限界を感じて終了30分ぐらい前に撤収しました。

自転車レースの翌日で無茶はしたけど、楽しかった。
最近はEDM系フェス増えてきたので、またなんかあったら行ってみたい。



途中でおなかがすいたので、フードコーナーで買ったもの。
DSC_0016.jpg
ジャンボからあげ串(45cm)1000Yen!!!
近くでやってた肉フェスにも負けないボリュームでした。
2015/09/20

SDA 王滝 42km 2015年9月

今回は、ニューバイクと、身体の復調を実感できました。
2011年9月にも42kmで参加したことがありましたが、そのときよりも30分以上速く走れました。
途中でサスセッティングの問題を修正してから、下りの速度がぐんと上がったので、本当はもう少し楽に走れるはずだったんですが・・・。
このまま体調を崩さないように気をつけて、来年は100kmに復帰したいです。




土曜日
お医者さん巡りをしたあと、14時頃出発。
渋滞に逢ったり、途中でボトルを買いに甲府に寄り道したり、車の鍵をなくして車内を大捜索したりして、王滝に着いたのは20時過ぎでした。

今回は久しぶりに大又山荘に宿を取りました。
仲間内の参加者は、100kmに参加するやましたさんとへらコブラさん。
夜はへらコブラさんのいびきがアレだけど、耳栓があるのでよく寝られました。

日曜日
朝4時起床。5時前には会場に到着、5時半頃に100km参加の皆さんはスタート列へ。
DSC01088.jpg

前回までの経験で、100/120kmのスタートを見送ってからでも42kmスタートには間に合いそうなので、今回は100kmのスタートを橋で見送ることにしました。
DSC01091.jpg
同じような事をしている人が他に二人ほど居ます。

100/120kmのスタートの光景は動画で。

神威さん、ひろっちゃんさんこのとき見つけていました。
やましたさんとへらコブラさんが元気に手を振ってくれました。

リカンベントの人を見たときは、ビックリしました。

100/120km参加の全員を動画におさめたら、42kmのスタート地点に移動します。
このとき、とても脚が軽く回るので調子の良さを感じました。
もっとも、自転車も軽いのですが。
DSC01100.jpg

自然湖。
ここは心が落ち着きます。
DSC01104.jpg

42kmスタート列に並びます。
遅く来たので、だいぶ後ろの方です。
DSC01107.jpg

スタート、といっても、滝越の集落をぐるっと回って
DSC01108.jpg

幟の先がスタートライン
DSC01112.jpg

スタート時にGPSを見たら、気温は10.9℃。
ちょっと寒いぐらい。
DSC01113.jpg

走り始めると調子が良いのですが、調子に乗ってペース上げると後で脚が動かなくなるので、ペースを抑えろと自分に言い聞かせながらしばらく舗装路を走ります。
DSC01115.jpg
自撮りの顔が笑ってます(キモイ

ダムの上を通ります
DSC01119.jpg

水は多いみたい。今年の夏の多雨のせいでしょうか。
DSC01117.jpg

未舗装路
DSC01120.jpg

9時頃になると雲が晴れてきて景色が一気に明るくなってきました。
DSC01123.jpg

肩に力を入れて背筋を伸ばすポジションにしてから、激坂や無理なペースで背筋が痛くなっても直ぐに回復できました。
そのため、今回の42kmは、写真2枚と、サス調整1回だけしか停まりませんでした。

御嶽山は雲に隠れて見えませんでした。
DSC01126.jpg

雲海。
DSC01124.jpg
前を走ってる方に「みてみい」と言われて気がつきました。
今回のペースだと、周りは「走れる」人たちなので、景色を見たり雑談したりする余裕があって楽しいです。

この後は、御嶽山が見えないので、走りに集中します。

ここまで「フロントフォークが硬いなぁ」と思っていたのですが、最後の下りでいよいよ衝撃で手の痛さが限界に。
走りながらフォークを観察してみたら、リバウンド設定を間違えてSLOWにしていました。
ダンピングをFASTのふわっふわにしたら、下りが楽になりました。
その後は「ヒャッハー」です。

ゴール
DSC01129.jpg

手元の時計だと2時間40分ぐらい?と思いましたが、公式タイムは2時間42分でした。
40分切ったとかより、2011年よりも30分以上速く、それでいて身体が変に痛くないのがとても良い感じでした。
フォークの設定間違えて、楽しい下りはちょっとだけだったけど。

ゴールして、
松原スポーツ公園に戻って、
洗車と御飯を食べて、
100kmを6時間半ぐらいでゴールすると思われる やましたさん を迎えに行く。

公園を出たところで、第1CPでタイムアウトになった ひろっちゃんに逢う。
DSC01132.jpg
オイラが100km出れなくなってお会いできてなかったので、久しぶりです。

ゴール地点につく。
パンクしてリムだけで走ってきてボロボロな誰かさんのバイク。
DSC01133.jpg

松本選手&竹谷選手のゴール


やましたさんのゴール

ヤマトジャージで覚えて貰ってるみたいですね。

一旦、駐車上に戻ります。
DSC01139.jpg

今度は9時間ぐらいでゴールすると思われる へらコブラさんを迎えに行く。
9時間20分でゴールしました。
DSC01140.jpg

やましたさんからのコーラの差し入れ
DSC01141.jpg
女性ライダーに声をかけて、前方不注意で前転してヘルメットを割った、というのがヘコさんらしいですが、無事で何よりでした。

このあと、大又山荘でお風呂を借りて汗を流し、大繁盛の王滝食道でイノブタ丼を食べて、仮眠を取りながら翌朝に帰宅しました。
2015/09/12

MAZDA AXELA 20S 納車

2008年に型落ちになった新古車を購入したアテンザスポーツワゴン。
DSC_0003_R_201509170103533cd.jpg
今日でさよならです。

走行距離は14万キロ手前まで行きました。
近年、憂さ晴らしドライブが増えたので、結構いったな・・・
DSC_0002_R_20150917010348f02.jpg

新しいマイカー、アクセラスポーツ
DSC_0004_R_20150917010351434.jpg

今度は新車です。
アテンザではモデルが型落ちになってパーツの選択肢が少なかったのですが、現行モデルとなるといろいろなパーツがあるので、キャリア、デイライト付きフォグランプカバー、フロントグリルの赤い線を付けました。
新古でアテンザを買ったときより安くなってる分、チューンナップで遊びたいとワクワクしています。

軽く走り回った感想
・小回りが効くが直進安定性が少し下がった。ホイールベースが短くなったせいか?
・ブレーキタッチがスムーズでない。アテンザはブレーキが素晴しかったので結構気になる。
・アイドリングストップ食わず嫌い感があったが、乗ってたら直ぐに慣れた。
・今時の車に付いてる機能、オートワイパー、オートライト、クルーズコントロールはとても便利。
・特にクルーズコントロールは楽ちん。120km/hまで出せれば最高なんだけど。
・悪評高いマツダコネクト(純正ナビ)、確かにナビが少しお馬鹿だけど、地図代わりにナビを見るのがメインでルートはあまり頼りにしないので、困ることはないです。

・後席をたたんだ奥行きが10cm短くなって、自転車の車内積載と車中泊が少しやりにくくなりそうです。
・タイヤはTOYO PROXES T1 Sportsが付いていた。思ったよりいいのが付いているな、という印象。
・燃費は適当に走っても12km/lは行くようなので、ガソリンがレギュラーなことと合せて、お財布に優しそうです。
2015/09/11

多摩湖

インソールを換えたので、試し乗り。

やましたさん、うっかりさんと
DSC01046_R.jpg

午前だけ会社に行っていたbさんとも合流。
DSC01045_R.jpg

最初は所々圧迫感がありましたが、足形になじんでくればしっくりしそう。
個人的には土踏まずのアーチのサポートがあれば良さそうなので、もう少し安いモデルでもいいかも。
2015/09/09

自転車シューズ用インソール SHOCK DOCTOR SP0972 ウルトラ2 ロープロフィール

履き替えたMTB&ロード用のシューズのインソールがノーマルのままだったので、スポーツ用のインソールを導入。
ショックドクターのスポーツ用の高機能薄型モデル、SP0972です。
DSC_0001_R.jpg

黄色いところは足首固定のため、かなり硬く作られています。
赤いところはショック吸収のため、厚みと弾力があります。
DSC_0003_R.jpg

同じ足形のMTB用・ロード用の靴を使用していますが、まずはMTB用のシューズに入れてSDA王滝に臨みます。
DSC_0002_R.jpg

使うときは、靴に付いているインソールに合せて余分をカットします。
DSC_0004_R.jpg

ちなみに、ショックドクターのインソールは、冬の山サイ用シューズ(SH-MT91)にも、廉価版を使っています。
DSCN1949.jpg

こちらは黄色いサポートがなく、ショック吸収と踵の位置固定だけです。
DSCN1951.jpg

2015/09/06

ONGR

王滝前のバイクチェック アンド 砂利道を走る練習。

天気予報では午後から雨なので、いつもよりスタート早めコース短めの早上がりプランです。

同行者は、フルアーマー改造済みのやましたさん、うっかりさん@リハビリ中。

まずは、休憩を入れながら、舗装路の林道をゆっくり登ります。
DSC01022.jpg
インナーギアの交換で低速ギアが増え、体重も落ちてきているので、登りはかなり楽になりました。

下り基調のガレ道に入る。
DSC01027.jpg
New黒炭号では初めてのONGR。
ブレーキパッドの交換で「ガッ」と効くようになって、良い感じです。
ハンドルを変えたので低速コーナーのハンドリングはクイックになったのですが、高速ではホイールの大きさのため旋回性は緩やかなのがわかります。
あとちょっと自分を調節すれば、思い通りに楽しく走れる完璧バイクになりそうです。

中津川林道よりガレているので。良い練習になります。
DSC01034.jpg

雨には遭わなかったけれど、今にも雨が降りそうな天気のため、ずっと雲の中を走っていました。
DSC01036.jpg

やましたさんのフルアーマーバイク、フェンダーのずり落ちが見られましたが、大きな問題は無さそうです。
DSC01040.jpg

最後の下りは途中からはずっと舗装路。ずいぶん伸びました。
DSC01043.jpg
40km/hオーバーで下って「ヤバイ、転けたら絶対死ぬ」という緊張感はもうありません。

3時間ほどで戻ってきました。

お昼御飯は、レストランHANAのステーキ丼

DSC01044.jpg

家の近くまで戻ってきたところで、雨が降ってきました。
自転車で走ってるときに降られなくて良かったです。

家に帰ったら寝落ち。
やっぱり体幹はもう少し鍛えた方が良さそうです。

Time.3:17:50
Dist.32.30km
Spd.Ave.9.8km/h
Spd.Max.953km/h
2015/09/05

多摩湖 黒炭号試し乗り

黒炭号をメンテ&改造したので、試し乗り。
夕方からうっかりさんと多摩湖へ。

DSC01016.jpg

DSC01015.jpg

ハンドルのグリップ位置が少し高くなったけれど、登り坂で捲れることは無かったので大丈夫そう。
フロントインナーギアを変えて、激坂でもケイデンスを上げて登れる。
ブレーキパッドの当たりが出てきてガツンと効くようになった。
フロントフォークのリモートレバーの操作感ばっちり。

かなり思うと通りの乗り味になってきた。

Dist:40.01km
Time:3:07:16
Ave.12.8km/h
Alt.152m
2015/09/05

黒炭号メンテ&改造 フロント回り

手持ちのフロントフォークのダンパーオイルが、黒炭号の2015年モデルのフォークに合わないので、オイルを購入して交換。
DSC01018.jpg

オーバーサイズのストレートバーから、ノーマルサイズのローライザーに変更することで、ハンドルのショック吸収性をちょっとだけ期待。
DSC01012.jpg

フォークのロックアウトレバーのスプリングが無くなっていたのに気がついた。
DSC01008.jpg

スプリングのサイズがわからなかったので、適当に3種類かってみましたが、線径0.5×外形4×長さ11でした。
DSC01009.jpg

スプリングが入ることで、レバーのクリック感が戻ります。
DSC01010.jpg

2015/09/05

ハッピーバースデー俺

44

この歳になって、積み上げてきたものの小ささと、仕事で鬱積したものに憂鬱になる今日この頃。
こないだの休みで見かけた家族連れ、別荘地、良い車・・・みんな眩しく見えます。

自身のキャリアで1番大きく、3番目に過酷なプロジェクトが終わりました。
プロジェクトは無事終わったのですが、私の評価はパッとしません。
職位はそのままなのに、キャリアの分だけ期待値が上がってしまっている気がします。

激務のなかで、体調やら結婚前提のお付き合いやら、色々なものを失いました。
本社に戻ると、自分より若くして管理職な人や、産休・育休から復帰した人など、みんな落ち着いて仕事をしています。
そのギャップで憂鬱になります。

ベトナム帰還兵かと。

転職するとき「この会社は大変かもしれないけど」ってエージェントさんに言われたのですが、実際その通りだったのかもしれない。
8年かかったけど、自分にはプライベートや人生との両立が難しい会社なんだなってことかと悟り始めている。
自分のパラメータを全部仕事に割り振らないで済むような場所探しとパートナーを探しを、あきらめずにやっていくしかないのかなと思う次第。