2015/12/31

マダム・タッソー東京

年内一杯で期限が切れる前売り券を貰えたので、行ってきました。
(チャリばっかりのってないで、たまにはこういうのにも行くんですよ)

等身大フィギュアがいろいろあります。
ずっと昔、東京タワーの蝋人形館にいったことがありますが、こちらは割と今時の人達(AKBとかベッキーとか)もいます。

日本人のフィギュアは、ぱっとみ観客と見分けが付かない存在感で、いちいちビックリします。
DSC_0155_R.jpg

DSC_0157_R.jpg

DSC_0158_R.jpg

外人さんは、もともと見慣れてないからぴんとこないのですが、オードリー・ヘップバーンは、本当にお人形さんみたいに綺麗。
これが実在の人物だって、どれだけ綺麗なんだよ、と、改めて驚くのでした。
DSC_0154_R.jpg
スポンサーサイト
2015/12/31

2015年振り返り

2015年の自転車、年間走行距離 3335.08km
出走回数 64回

内訳
MTB 27回
MTB以外 37回

5年ぶりに3000km近く走れました。
ハードな仕事が終わってからの後半、2ヶ月分の休暇で自転車で遊ぶことができました。
ただ、長いブランク、過重労働のストレスと体調不良から、楽しく走れると思うまで回復するのに、かなり時間を要した気がします。
転職して、ああいう仕事はもうしないで済むようにしたいです。
2015/12/30

MTB走り納め

S山湖の公園でラーメンを食べる会となりました。
TLで絡んでいた kebiさん にも久しぶりに会えました。

DSC00419_R.jpg

DSC00418_R.jpg

DSC00422_R.jpg

シングルトラックをちょっと橋って、堰堤で少し遊んで。
DSC00442_R.jpg

DSC00435_R.jpg
2015/12/28

HND山

ときちゃんがPEKOさんを連れて山に行きましょうというので、うっかりさんと4人で行くことにしました。
DSC00384_R.jpg
小柄でかわいらしいPEKOさん、なんと乗鞍ヒルクライムの入賞者だそうです。
ときちゃん、どうやってこんな人をナンパしてきたんでしょう???

林道入り口を見つけられず、1.6kmほど通り過ぎて、つるつる温泉まで登ってしまう。
斜度のキツイ舗装路を上り、気温が氷点下の道を下るというのは罰ゲームのようでした。
すみません。

やっと見つけた林道は走りやすく、気温も段々上がってきてどんどん楽しくなってきます。
DSC00386_R.jpg

PEKOさんは余裕で付いてきます。
DSC00390_R.jpg
なにかあってもときちゃんが後ろに付いていてくれるので安心です。

UMNK峠。
休日はハイカーなどで賑わう場所ですが、今日は世間は仕事納めの平日のため、空いています。
DSC00391_R.jpg

HND山方面へ。
最初は道が簡易舗装並みに綺麗になっています。
DSC00392_R.jpg

このあとはじまる山道は、押したり担いだり。

話し好きなハイカーのお兄様3人組と話が弾む。
DSC00397_R.jpg

PEKOさんの体に合わせた小さなMTBはちょっと担ぎにくそうでしたが、無事山頂に到着。
DSC00398_R.jpg

記念写真
DSC00403_R.jpg

冬にしては空気の透明度が高く、山頂からの景色は良かったです。写真取り忘れたけど。

山下り初挑戦というPEKOさんは、最初はおっかなびっくりでしたが・・・
DSC00410_R.jpg

徐々に慣れて、下りで本領発揮する うっかりさん について行くまでにMTBをモノにしていました。
DSC00415_R.jpg

下りの先頭はうっかりさんにお任せ。
DSC00405_R.jpg

前日のなるしま錬で揉まれた ときちゃん は大人しめに後ろを付いてきます。
DSC00412_R.jpg
後ろに居ると安心な頼もしいナイスガイです。

前回来たときは、疲労が激しく、山頂には行けませんでした。
体力が戻ってきているのを実感します。
ただ、下りでの体の動きは悪く、転倒して更に体が硬くなって、今までのイメージよりも乗れませんでした。

翌日、転倒の痛みはないけど、久しぶりの担ぎで上半身が筋肉痛になりました・・・

本当は今回、行き先はSNGNという話もあったのですが、KNPR尾根の乗車率を上げてからの方がよさそう。
2015/12/25

静岡ドライブ(3日目)

最高だった。またいきたい。

修善寺の道の駅を出発。

天城高原


伊豆スカイラインで天城高原から亀石峠まで走った後、宇佐見に降りる。
東海岸を南下。


下田にちょっとだけ寄り道。
黒船


巡視船


とにかく海沿いの道を選びながら、石廊崎まで。


満潮のため、海面が直ぐそこ。

「押すなよ、絶対に押すなよ」

石廊崎港。ここに車を駐めて、灯台まで歩くこともできますが、日没が近いのでやめときました。


奥石廊崎。
最果て、って感じ。


日没までの間、ジオパークビジターセンターのお姉様にいろいろ教えて貰ったり。


日没


太陽が隠れた後も、空の色が変わるのをずっと見ていた。

近くでオレが消えるのを待っていたカップルさん、なかなか帰らなくてすまんかった。

昨日の黄金崎の月のことを思い出して、東伊豆へ。
下田公園近くで、満月を見ながら。


本当は、海面に映るこういう月とアクセラのコラボで写真撮りたかったんだけど、思い出すのが遅かった。


このあと6時間かけて、東京(=現実)へ帰りましたとさ
2015/12/24

静岡ドライブ(2日目)

この日はノープランで要領を得ない、無駄な移動が多くなってしまった。

新東名の駿河湾沼津SAで夜を明かし、まずは海沿いを走るために沼津ICから東名へ。

直ぐに眠気に襲われるが、仮眠のために寄った富士川SAで綺麗な富士山を見つける。


由比PAで海と富士山。


昨日、曇りでイマイチだった御前崎までの海沿いを下道で流したら昼頃には着いてしまう。
伊豆半島に行こうと思い立つ。

西伊豆で夕日を見ようと思って走っていたら、なんとも中途半端なところで日没。


夕日の名所?黄金崎に付いたときはすっかり日は落ちていましたが、


東の空を見ると、綺麗なお月様が見えました。


このあと、咳止めの薬が切れたのでドラッグストアを探して松崎まで移動。
そこから夜9時ぐらいからでも入れる温泉を探すが、大抵の温泉は19時ぐらいで終わりなので、中伊豆のホテルの温泉で暖まる。
空いていたなか、全力で泣きわめく子供がうるさかったが、露天で満月が見えるし、とても暖まるお湯でとてもよかった。

近くの修善寺の道の駅で車中泊。
2015/12/23

浜名湖

ドライブで浜名湖にたどり着いたので、折りたたみ自転車で湖岸をサイクリング。

弁天島に車をデポします。
DSC00285_R.jpg

しばらく車道脇や歩道を進んでいきます。
DSC00286_R.jpg

サイクリング専用道が整備されているところがあります。
DSC00287_R.jpg

半周ぐらいはしようと思っていましたが、3分の1ぐらいの動物園の前で雨に降られて撤退。
DSC00311_R.jpg

DSC00314_R.jpg

DSC00317_R.jpg

綺麗でスピードが出せる路面ではないので、町乗り自転車やMTBが良いかもしれない。
又今度いって一周したい。
2015/12/23

静岡ドライブ(1日目)

カーテシランプの取り付けが終わって、テンションが上がったというか、気持ちが軽くなったので走りに出かけた。

行き先は海の方、土地勘がない静岡方面。
暖かければいいな、と。

夜に出発し、朝に御前崎に到着。

気温は朝の7時で13度ぐらいありましたが、どんより曇りで日の出は拝めませんでした。

海岸沿いをだらだら走って、昼過ぎに浜名湖に到着。

あちらにもアクセラが停まってますね(チラッ

弁天島を起点にサイクリング。

3分の1ほど行ったところで雨に降られて撤退。

bさんに教えて貰った鐘庵で桜エビかき揚げ蕎麦を食べる。


そのあと、またお腹が空いていたので、浜松SAで鰻丼を食べる。
夜は静かそうな駿河湾沼津SAで車中泊。
2015/12/22

S山湖

平日ライド。

車いじりが終わったので、久しぶりのS山周回。
トトロの場所は忘れてしまいました・・・
うっかりさん、ミートパイごちそうさまでした。

DSC00268_R.jpg

DSC00271_R.jpg

DSC00272_R.jpg

DSC00274_R.jpg
2015/12/19

2トレ

いつも一緒に走らさせて貰ってる やましたさん うっかりさんと、ひさしぶりにショウさん。

切り株坂をようやく自分のバイクで完全クリアできました。

2015/12/12

ヘッドホン SONY MDR-1A

ヨドバシに虫眼鏡を買いに行ったら、2万円のヘッドホンを買っていた。
何をいっているかわからねーと思うが、オレも何をされたのかわからなかった。

SONY MDR-1A
MDR-1A_B.jpg
前からお店に行くたびに視聴していて欲しかったヘッドホンなんですが、この日は店頭特価でいつもより5000円ぐらい安かったのです。
もう、購入するには十分な理由でした。

MDR-1A用 MUC-S30UM1
100000001002499731_10204.jpg
標準添付のケーブルが1.2mと短いため、標準プラグの3.0mを購入しました。
これが8000円ぐらいと、イイお値段します。
左右ラインを標準プラグからグランド分離してツイストペアにするという凝った仕様。
ヘッドホンのケーブルを高品質のものに換える「リケーブル」というチューンナップがありますが、メーカー純正にしてリケーブルを想定した仕様になっています。
でもその効果は一聴すれば直ぐに分かります。
低音&大音量のレスポンスと、音の解像度の飛躍的な向上。
音が別物になりました。

これまでのヘッドホン遍歴で、4個目のヘッドホンとなります。
他にもヘッドホンの有名なメーカーはありますが、学生の時にヘッドホン選びをしたときに、最終候補がSONYだけになったことから、その後も他のメーカーのヘッドホンは眼中にありませんでした。
(インナーイヤー型は、その後、Audio Technicaに移行しますが)

SONY MDR-CD1700
MDR-CD1700.jpg
学生の時、大枚叩いて買ったを10年以上愛用していましたが、大きめのイヤーパッドがメガネに干渉して耳が痛くなるので、長時間使用ができませんでした。

SONY MDR-CD900ST
MDR-CD900ST.jpg
音がダイレクトなモニタ用ヘッドホン。イヤーパッドが小さめで装着感が軽い。
これまでは、これが愛用ヘッドホンでした。ただ、気持ち、物足りなさを感じていました。

SONY MDR-7506
MDR-CD7506.jpg
MDR-CD900STと同形状のリスニング用として使用してみたことがありますが、むしろ解像感が下がる感じが気に入らず、直ぐに使わなくなりました。

そんなヘッドホン遍歴がありますが、MDR-1Aは全ての問題を解決し、音質も最高という、これまでで最高のヘッドホンです。

手持ちの音源は、殆ど192kbpsのmp3だったりするのですが、ビットレートよりも出力特性で大変いい音に感じるので、手持ちの音源を聞き直すのが楽しくてしょうが無くなりました。
2015/12/10

マダオライド(羽田で飛行機ウォッチ)

平日で多摩サイが空いていると思ったので、うっかりさんと平日ライドに出かける。
※マダオ:「まるでダメなオッさん」

道がとても空いています。
DSC00218_R.jpg

1時間半ほどで、天空橋の鳥居に到着。
DSC_0070_R.jpg

大師橋を渡って・・・
DSC00223_R.jpg

浮島公園
DSC00236_R.jpg

飛行機がたくさん飛んでいる。
飛行機のことがわかったらもっと面白いんだろうな、と思ったので、写真を撮っておく。

帰ってから調べてみたこと。
北風時の滑走路運用になっていたみたい。
浮島公園の眼前を東から着陸してくるのは、L34Lという経路のようだ。
数分おきに中~小型機が着陸してくる。

日本航空 B737-800
翼端形状となんとなくロングボディー
DSC00226.jpg

日本航空 B767
ランディングギアが8輪
DSC00228.jpg

海上保安庁 Q83
民間機に混じってこんなのも着陸してくるんだね
DSC00231.jpg

ベトナム航空 A321-100
翼端の形状と、ドアが片面に4枚あるロングボディー。
DSC00234.jpg


このほかに、大きい機体が、遠くで着陸している、L34Rという経路もあるようだ。

離陸はT02とT05という経路らしい。
T02は東の方にあって見えない。

T05離陸待機の4機が列を作っている。
ANAの飛行機が、L34Rに進入中の飛行機が着陸するのを待っている。
その後ろに、3機が離陸順番待ちで続いている。
DSC00235.jpg

そろそろ戻ろうか、というところでスローパンク。
バルブから空気漏れ。
DSC00232_R.jpg

多摩川起点を見て帰る。
DSC00239_R.jpg

帰りは川沿いの人が増えたため、2時間ぐらいかけて帰着。
2015/12/09

あてのないドライブ

デイライトのLED基盤交換が成功に終わり、調子に乗って走りに出かける。

今まで行ったことのない方面に、ということで、常磐道に乗ってみる。
以前2回ほど、友部JCT経由で筑波に行ったことがあるだけ。

ひたちなかまで来て飽きて眠くなってきたので、下道に降りるも、道の駅などが見当たらないので、友部SAに戻って朝まで寝る。
寒かった。

日の出を見る場所を見ながら海岸線をさまよい、大洗で日の出を拝む。


気温は0度ぐらいだったけど、サーファーが海に出ている。

車の中にいると太陽が暖かくて、9時頃まで寝る。

大洗の水族館に寄ろうと思ったら、今日は休館日だった。


海岸線を徘徊。
阿字ヶ浦。

ずいぶん海まで寄れる。

鹿島を通るが特に面白そうなものはなく、そのまま通過。

犬吠埼に至る。

遅い昼ご飯を食べる。

更に九十九里浜を南下。
白里海水浴場で日暮れ。


東金道路→京葉道路経由できたく。
2015/12/04

会社やめたった

今年の2月頃、激務の最中に決定的に体調を崩してから、未だに喘息で夜に寝れなくなったりします。
持病の頭痛も増えてきました。
次におんなじ様な働き方をしたら死ぬな、と思ったので、働き方を考えていました。

自分の過去の評価を振り返ってみたところ、全て「優・良・可・不可」で言うところの「可」
体を壊すまで働いて「可」ってことは、体が持つようにセーブしたら納期に間に合わなくて「不可」になってしまう。

今年終わったプロジェクトは、業界内でも屈指の規模。
それに提案から運用引継まで、一番長い期間関わりました。
人手が足りないので、私はやれる人がないところを埋めると、前の社長と約束しました。
子供やら家族の事情で出社できない人の穴を埋める役も引き受けました(独身だから家族イベントがないでしょってことで頼まれやすい)。
でも、私の貢献は全く大したこと無かった、とされました。
自分への期待と結果のギャップを理解できず、混乱し、自信を失いました。

来年からはじまる案件の提案をしました。
人員計画がかなり厳しいのですが、目の前で社長が「勝てる値段で出す。人手不足の対応は考える」といいました。
社長が悪いのではない(むしろよくして貰っていると思っている)けれど、プロジェクト担当になったら死ぬほど残業しないと終わらないなと暗澹たる気持ちになりました。

年次評価で、来年昇進するには「チームを率いてプロジェクトを成功できることを実証しろ」と言われました。
でも、人手不足なので、どのプロジェクトに入っても一人チームになりそうでした。

こりゃ詰んだな、と思ったので、辞めました。

事業会社のIT部門に転職することになりました。
給料はかなり下がるので躊躇しましたが、家族・友人・転職エージェントの皆クチを揃えて
「体調を崩して取り返しのつかないことになってはいけない」
と心配してくれたので、初心に立ち戻り、決めることができました。

本当に、みんなには感謝です。

今日、最終出社日で、同僚に挨拶して回りました。
私を差し置いてどんどん昇進する優秀な若い人達が「いろいろ教えて貰いました、ありがとうございます」といってくれます。
同僚には恵まれたと思います。ちょっと救われた気がしました。
(まあ、社交辞令も多少はあるかもしれないけれど)

転職先も決して楽ではない会社です。
会社名を教えると「ほんとに大丈夫?」と言われます。

幸い、転職先には、前の会社でもお世話になった方がいます。
当面の業務内容も、私の得意分野や、前の会社でやりたいけどやれなかったことです。
自分だけで全部やる必要が無いので、なんとかやっていけると思います。

まずはまた頑張れるように、1ヶ月の有給休暇でリフレッシュだ。