--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/24

ブレーキ鳴き対策

先日2回のライドで、ブレーキの鳴きが酷くなった黒炭号。
フロントはフォークの剛性があるので「ヒューン」と鳴くが、リアはブブセラの如く。
熊鈴いらねんじゃね?なのてのんきなこと言ってられない。
フレーム全体が振動してサドルに座ればケツが痺れ、ネジがどんどん緩む。

ローターをシマノ→HAYESに交換。
パッドとピストンの間にグリス。
パッドの角を丸める。

どれも効果なし。

レジンパッドは鳴かないらしいが、すぐに減るのでモッタイナイ。
メタルパッドで何とかしたい。

そこでナタジゴさんが対策していたのを真似してみました。
パッドに鉛筆の芯を打ち込む。
少しの音でもお客が文句をいうレクサスや、メーカーが鳴きを気にしない外車のディーラーでは定番な対策らしいです。

材料。
DSCN1996.jpg

鉛筆の芯、というか、ユニホルダー替え芯なんて買うのは10年ぶりです。
硬さで悩みましたが、HBを買いました(何を買っても差はないと思われ)

パッドにドリルで2mmの穴を空けます。
DSCN1997.jpg

どこに穴をあけるか、センスが問われます。見る人は見ています。(USOです)

穴に瞬間接着剤をつけて、パッド側から芯を押し込みます。
DSCN1998.jpg

ぶっつけでONGR走りましたが、ブレーキの鳴き解消しました!
おめでとうオレ!

パッドに穴開けるだけでもいいんじゃね?と思いましたが、今更芯を削り出して試すほど自転車いじるの好きじゃないので、しばらくはこれで行く。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

とりあえず、ブレーキ鳴き収まってよかったですね。
一般にクルマのブレーキ鳴きの要因はいくつかあるらしいですが、たとえばディスクローターの素材(国産と外車で鳴きのクレームの多少はコレらしい)。また、ディスクパッド裏(ベース板)とキャリパーピストンの間にステンレスプレートが緩み出してこすれる音もその一つ らしいです。

自転車のディスクブレーキの構造はよく知りませんが、今回の処置は一種の潤滑剤を施した、ということ?

むかしスケボーのホイールとベアリングに鉛筆の芯と同様の素材をパウダー化したものを使ってたのを思い出しました。

また出るようならパッド面のゆがみやホイールハブのがたつきなども……失礼 すでにそんなのはチェック済みですね。まあ、とりあえず収まったのは何より。

パッド裏の穴開け効果あるんだねぇ。
次回異音でたら試してみようっと。
あ。ドリルないやw
どっかで天を突くドリルを買ってこよう。

>たもつさん
はい、いろいろチェックしたうえでの対策です。

潤滑云々の原理はわかりません。素材が下手な理屈をこねてもしょうがない気がしますので、結果オーライということで。

>やましたさん
天をドリルがあってもパッドの加工はできないと思われw
電動ドリルドライバーは一家に1台あると便利ですよ。
特にブレーキローターの交換は。

グラインダーもあるともっと便利。

紹介料

後日徴収させて頂きますm(_ _)m

Σ(゚д゚)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。