--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/03

ブレーキ無し自転車

先日のサイクリングの帰り道、道路工事の片側交互通行箇所で停止したところ、誘導員に話しかけられました。

誘導員「ブレーキの無いスポーツ自転車があるでしょ、あれ本当に危ないんだよね」

イロイロな意味で、ちょっと驚きました。
芸人が捕まったニュースは知れ渡ってるんだな、とか
ブレーキ無しを識別してるんだな、とか

悪者:ブレーキ無し自転車で公道を走行するライダー。
理由:公道を走行するために法律で必須要件とされているブレーキが正しく装備されていない。
前提:法律は守らねばならない。

以下は問題の本質ではないと思います。
・固定ギアとブレーキの組み合わせの合理性(フィックスにフルブレーキでバランス云々)
・自転車の利用目的(競技用)
・構造(ブレーキ無し・固定ギア)
・形態・様式(ピストバイク)
・自転車の存在そのもの

この件で騒ぐ人々、自転車乗りが多いと思われますが、彼らの問題認識のいい加減さに辟易します。
私がtweetで「ブレーキ付きピスト」と表したのに「ブレーキなし」と勝手に読み間違える人もいました。
「ノーブレーキ自転車乗り」と自分たちの差別化を図るつもりで言を弄しているのでしょうが、これでは脳みそ筋肉の思考能力の低さを晒して意見の正当性を貶めるだけでしょ。

そこんとこよろしく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すでにサイクリストのクリティカルポイントは過ぎ、有象無象の道具になったという事ですね。

MTB乗ろうがロード乗ろうが、昔からケイリンがんばれと呼ばれてますが。。
同じような事象ですかね。
でもごく一部の人の影響で自転車全体のイメージが悪くなるのは悲しいことです(T_T)
私も含めて自転車乗り一人一人がマナーに気をつけなければいけませんね。自分だけでなく、全体の問題になることを。

>たもつさん
普及すると悪いところも際立ってくるのが残念です。
人間の性でしょうか。

>S澤さん
一人一人が自分をただすことがスタートでしょうね。
駅前で輪行してると「競輪か?」と話しかけてくるオヤジは相変わらずですが、周りは変わってきてると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。