--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/29

SDA王滝、5月と9月の100km

今年の5月100kmの前半はかなりフラット。
タイヤが埋まる砂利コーナー以外、難所なんてなかったと思う。
御嶽山もよく見えて快適なツーリング。

IMGP0022-s9.jpg

後半は、景色があまりなく、ガレが酷い激坂が多い。
IMGP2576.jpg
濁川を渡ったあと、登り難易度が高い。
あの区間を乗って登れる体力とスキルがないと、大きくタイムを落とす。
9月と同じタイムで走れるわけない。

5月の王滝の好き嫌いは、あの区間をどうとらえているかだと思う。
なるべく乗車で行きたい人にはストレスでしょう。
MTBは押し担ぎもあり、という人はそれなりに楽しむんではないかな。

オイラはやっぱり5月の方が楽しいです。
前半後半のギャップが堪りません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

5王の第三CP後は苦痛以外の何物でも無いですが、あそこをインナーローでミチミチ登って、それまで自分を抜いていった人達を抜き返すのが大好きかも。

>へらこぶらさん
体力だけでなくA山で登坂技術も鍛えてますからね。
私も42kmの時はそうでした。
仮設橋からの坂も乗車で行きましたよ!

今回は率先して歩きましたがw

あの仮設橋の後の登りは、周りが歩いてたのでチャレンジしちゃいました。
最後の手前で足付きしてから、足終わってしばらく押してました。
確かにあの場所は鬼門(この言葉は京都だけかな)ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。