--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/09

六角レンチ(自転車整備用)

六角レンチを買い換えました。

そんなに高級なモノではありません。
手前の「HANDIWORK ボールポイントレンチ」です。
DSC00529_R.jpg

これまで、メーカー不明のレンチ(左上)を使っていたのですが、自転車整備でよく使う 4mm と 5mm が鈍ってきました。
そこで、Vesselのレインボールレンチ(右上)を買いました。

色分けされていて使いたい太さが直ぐ見つかる!
ネジを傷めにくいウルトラヘックス形状!
レンチが帯磁して鉄ネジを吸着する!
尖ったボールポイント部で35度まで傾けてもネジを回せる!
とても高機能なレンチです。

でも、ちょっと使いにくかった。

首が短くて、ちょっと奥まったネジを回せません。
ボールポイントの先端が尖って長さがあるため、頭の浅いネジが回せません。
DSC00531_R.jpg

JIS規格などの普通のネジなら問題無いのですが、自転車で使うネジは、六角穴が浅かったり、奥まったところにあったりと、特殊な事情が多く、Vesselのレンチだと自転車整備では作業性が良くありません。

あと、グリスが付いたレンチをパーツクリーナーで洗うと、塗装が段々剥げていく、というのも残念。

ここのところ、自転車の整備がかなりいい加減になっていたので、このレンチで丁寧に整備をしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。