--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/01

酷道ドライブ R471 楢峠

次なる酷道、楢峠。
パンクで撤退となりました。

金曜の夜中に出発。
SAや道の駅で仮眠をとりながら、400km移動。
中央道→伊那IC→R361→高山→R158→飛騨清見IC→東海北陸自動車道→砺波
開田高原や、合掌造りで有名な白川郷などがあったのですが、真っ暗だしスルーです。
もったいない。
こんなことなら、さっさと高速使って移動すればよかったです。

明け方に、富山県砺波市に到着。
早速R471に突入します。

R471に入ります。

朝で寝ぼけているのか、そういう土地柄なのか?近づいても動じない鳩に通せんぼされる。

この先にも鳩やら轢死体やら何羽もいました。

道の駅利賀 TOGA みどりの一里塚
静かで涼しかったので、ここで追加の仮眠&朝食。


一度大きく北向きに戻って、R472と合流して、楢峠に向かいます。


富山市21世紀の森 から、一気に道が狭くなり、酷道の様相を呈します。

ここからは動画で。


民家もなにもないところで人が歩いていて、その先に前輪がパンクした所沢ナンバーのデミオがとまってました。
帰ってからtwitterで検索したら、この方でした。


富山・岐阜県境。


峠から1.3km手前で左前輪がパンク。


タイヤサイドが割れていました。
擦り傷がなかったので、リム打ちかもしれません。
パンク修理キットでは直らなかったでしょうが、テンパータイヤがあるので自走できます。


スペアタイヤに替えて、ナビを確認したところ、峠まで1.3kmだったので、峠までは行ってみることにしました。


楢峠

県道でもこのレベルはなかなか無いのではないかという、山奥感。

スペアタイヤで400kmは走れないし、岐阜側に降りても215/45R18なんてタイヤは無いと思ったので、富山に戻ります。

さっきの車。

所沢ナンバー。同じ関東から来て、物好き&災難なことです。
シルバーのマツダ車ということで人ごとに思えません。

まだ歩いてたら拾って上げようかと思いましたが、ロードサービスに無事回収されたとのことでした。

携帯がつながるところまで戻って、自動車関係のお店に電話して、スーパーオートバックスにサイズの合うタイヤがあることが判ったので、交換してもらいました。
これで、タイヤ3モデルちゃんぽんになってしまいました。

DUNROP SP SPORTS MAXX(純正)
KUMHO ECSTA(正月のパンクで交換)
DUNROP LE MANS LM704 ←NEW


なぜか、ナンバーフレームを衝動買い。


帰りは、R360を通りました。
所々狭いけど、綺麗で走りやすかったです。


最後に、R471の岐阜側をチェック
国道なのに、行き先案内が消されている、不気味な案内標識。


この後、R471でSUVと先行後追いバトルしたり、平湯温泉で一休みしながら帰宅しました。
山梨からは眠くて覚えていない・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。