2017/03/06

自転車に乗ったあとに出る頭痛、原因は椎骨脳底動脈循環不全?

先週、多摩サイ羽村往復をしたあと、3日ほど酷い頭痛に苛まれました。

自転車の乗ったあとの頭痛というと、前傾姿勢からくる肩こり起因(要するに筋肉の痛みを頭の痛みと勘違いしている)が多いようです。
実際、自分も、そういう経験はあります。
でも、最近の頭痛は、筋肉痛より長引くので、原因は別だなと思いました。

喘息のため、ロキソニン・イブプロフェンは服用しないように言われているため、頭が痛くなっても飲める薬はアセトアミノフェンだけ。でも、あんまり効かなかった。

喘息の定期診察の時にかかりつけの先生に相談したところ、
「椎骨動脈の血流が悪くなって頭痛になることがある。前傾で顔を上げる姿勢をとると、頸椎1番2番の屈曲が大きくなって、そういう症状がでるかもしれない。整形外科で見てもらうと分かる」
「アセトアミノフェン、成人男性の服用量は1回600mgぐらいだから、市販薬だと全然足りない」
と教えてもらいました。
http://n-ent.sakura.ne.jp/tokusyu/images/a054.gif 

体幹が弱って、前傾がきつくなってるので、無理して前を見ているという自覚はあったので、思い当たる節がアリアリです。

先週のライド後、頭痛にならないよう頭をグルグルやっていたのは逆効果だったようです。

今週のライドは、頭の付け根ではなく、首の根元から起こす姿勢を心掛け、無事、頭痛にならずに済みました。
しばらく姿勢に気をつけながら乗ってみよう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント