2006/09/23

松姫峠

ヤビツに続いての自走チャレンジ。
こないだのEeeランでガタガタにペースが落ちてしまった大垂水の攻略と、蓼科ランの20号予習と、可能な限り有酸素運動の領域(最大心拍の65%~85%)をキープしてどこまでやれるかという実験も兼ねている。

6時半に家を出て、Eeeランのイメージで、日野橋北詰、相模湖駅で休憩を取りながら10時半頃に猿橋に到着。
CA330076_R.jpg
ヤマザキコンビニで補給。
お店のおばちゃんが「今日は寒いでしょ」と話しかけてきた。
気温は20度ぐらい。
このぐらいの気温だと体力の消耗がないのでむしろちょうどよい。

猿橋から県道505経由でR139へ。
登り始めてからしばらくして、日が差してきた。
気温は19度だが日向はちょっと暑くなってきた。
ただ、汗だらだらというほどではない。

上和田までは登り返しが多くて足にくる。

11:30に深城ダムに着いたときはあたりに人気が全くなかった。
ダムの吐水の音だけしか聞こえない。
去年できたばかりのダムなのできれいで快適なので、ここで長めの休憩。
注)水場はないのだが

CA330080_R.jpg

葛野川ダム入口からの狭い道は、斜度変化が堪える。
2回ほど小休止を取りながら、13時に松姫峠着。
CA330083_R.jpg

なんにも無い峠なのでさっさと小菅に降りるが、この下り道が寒くてしょうがなかった。

小菅に降りたら、補給のために「小菅の湯」に直行。
補給のつもりが、食堂は温泉に入らないと利用できないというので、温泉に入ってしまう。
CA330084_R.jpg
「小菅の湯」お湯がぬるい。
これがウリみたいなのだが。

お湯につかって、食堂で飯を食って、1時間ほど休んで15時に出発。
走り始めたら空がドス暗くなってきて雨が心配だったが、東に進むにつれて曇りながらも明るくなってきた。

日野橋に着いてちょうど一周、というところで暗くなり始めたので家路を急ぐ。
秋の日はつるべ落としとといったか、これからどんどん日が短くなるのだろう。

18時半に帰宅。
走行距離189km。

自身No2の最長距離。峠まで登ってるし。
でも体はというと、ちょっと肩が凝ってるぐらい。
前回のヤビツは翌日疲労頭痛で動けなかったから、エライ違いだ。
心拍を見ながら負荷を調整した効果か?

心拍といえば、コーヒーやコーラを飲んだあと、心拍がすぐに上がってしまう様だ。
以前コーヒーの飲み過ぎで不整脈が出たことがあるので、カフェインが心拍に影響するのだろう。
次回から自転車に乗る前はカフェインを控えよう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント