2007/12/31

振り返り

あまり面白くない会社を辞めて転職した前半は、
日の出周辺の徹底的なMTBでの探索、ツールド草津、王滝と、非常に充実していた。

会社が変わって大規模PJに入った後半は、
体調を崩したこともあり、一気に自転車に乗る機会が減った。

一年で、自転車趣味の(自分的な)絶頂とどん底を経験した。
このまま自転車趣味を続けられるのか?と考えた。

「より速く、より遠く」では続かない。
自分の自転車スタイルを今一度見直してみた。

「より速く」は「手段」。
集合時間に間に合うためとか、お目当てのコースでたくさん走るための。
「人より速く」という発想はやっぱりない。
和田峠みたいに、タイムを計ることが「遊び」である場合は特別だけどね。
ヘラヘラきょろきょろしながら走るのが自分のスタイル。

「より遠く」は「冒険」。
ロングライドは何度かやったけど、お目当ては「初めての道」であって、距離はどうでもよかったのかもしれない。
適当な距離で普通にいける道は出尽くしてる感もある。
南山のように、走れなくなってしまう道もあるし。

冒険とは別に「好きな道」がある。
MTBなら二ツ塚・狭山。ロードなら大ダワとか、松姫峠とか。
(このコースチョイスからして、普通のロード乗りとメンタルが違うんだと思う)

もしかしたら、他にも好きな道はあるかもしれない。

一から出直しという意味もこめて、これまで走った道の走りなおしなどしてみようと思う。
次の王滝にむけたカラダ作りにもなるだろうし。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント