2005/03/05

DAHON改造開始

DAHON SPEEDの改造に着手。

事のきっかけは、昨年の東京エンデューロで不満に感じたハブとタイヤ。
しかし、チューンナップしてリベンジしようと思っていたのだが、東京EDの開催は当分ないという。
でも、パーツは調達してしまったので。

まずは分解。
フレームから前後ホイール・ブレーキ・ハンドル・ステム・クランク・ディレーラ・シートポストを取り外し。
ワイヤーアウター・シューなど消耗部品など、機能的には問題ないが見た目だいぶバッチクなってきたので交換を決意。
リアホイールを取り外してチェック。
機械組されたニップルの頭が削れているものが多い。

デオーレのリアハブ(FH-M515 黒 28H)のシャフトを、Y'sParkで買ってきた「リアハブをクイック→ナット止めにするためのキット」(1375円)に交換。
エンド幅(=ハブ幅)135mmに対してシャフト長=185mm。なので、先にフリー側玉押しを外側のシャフトが25mm残る位置で固定。
このへんで作業スペースとハブ本体がグリスでベタベタなのが気になりだしたので、反フリー側は仮止め。
元のハブは精度も剛性もないので玉あたり調整にえらく苦労したが、さすがデオーレぐらいになるとその辺しっかりしてるのでそれほど苦労しなくてすみそう。

ヤフオクの取引で朝から出かけるのでこの辺にして寝ます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント