--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/24

PRODIGY CUBE 早速オペアンプ交換

PRODIGY CUBE、少し音がキュンキュン、じゃなくてキンキンするので、オペアンプ交換をしてみた。
ネットでレビューを探して、ナショナルセミコンダクターの高いほうにアテをつけてお店へ行き、LME49720を買ってみる。
PB240091_R.jpg


差し替えてみる。聞きやすくなった。むしろ高音域が引っ込みすぎな気がする。どっちが素の音か分からなくなったw
昔Mackieのモニタで聞いてたときの音は、LME49720よりももう少し高音部が出ていた様な気がする。今のは少し物足りない。

オペアンプ交換って、こういうチューニングなのか。
イコライザがあればいいじゃん、という気もしなくもないが、オペアンプなんて普通は大体数百円のものだから、そのなかから自分の耳に一番会うやつを探して買って選べばいいんだな。



「PRODIGY CUBE オペアンプ」でこのページにたどり着く方が多いようなので、追記

オペアンプとしては安い部類ではないが、コレより安価なものは、どこか手を抜いている。コレより高いものは変なプレミアがついている。ソースに忠実であること、適正な価格であることという2点で、LM49720がベストチョイスだと考えてる。
その後、イロイロなモニタを聞いたが、この考えは間違っていないと思う。

それから、オペアンプで音色に個性が・・・という意見もあるが、ナンセンスだと思う。
ソースから「演出」された音は、サウンド製作側の意図を聞き取れなくなる。
環境に合わせて音をチューンしたいのであれば、オペアンプなんかでは役には立たず、イコライザで周波数帯(最低でもTreble,Mid,Bassの3レンジぐらい)で調整ぐらいするでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。