--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/05

いろいろ買い物 - OAKLEY FLAK JACKET スペアレンズ

OAKLEY FLAK JACKETを使用中。

普段使用しているレンズは、Slate Iridium。透過率23%。
自然な色味で、夏場は苦手な暑さを視覚的に感じにくくてよかった。
夏はこれしかない。
でもやっぱりコントラストが弱くて、山道を走ってるとちょっと怖かった。
王滝なんて順光のガレ道は真っ白でまったく見えなかった。

スペアで持っているパフォーマンスレンズ、OZ-2
サングラスプロショップ eau de vieで教えてもらって、RUDY PROJECT Exynox SXの時から愛用しているレンズ。
トレイルでは威力を発揮するのだけど、赤みが強いので、景色を楽しむにはちょっとね。
信号も色が判りにくくなるのでちょっと注意が必要。

そこで、バランス重視「そこそこコントラストが出る赤系で、赤みが強くなくて、透過率40%ぐらいのレンズはないか」と、ナカジマさんに相談。

出てきたのが、G30とVR50 Gold Iridium。

G30は、赤系、透過率30%。
OAKLEYのパフォーマンス系レンズの定番で、RUDY PROJECTのRacing Red、BRIKO Thrama Activeと同じような性格のレンズ。
バランスがいいのは判ってるのだけど、透過率30%はちょっと個人的には暗い。赤みも強い。

VR50 Gold Iridium、赤み抑えめ、透過率35%。ちょうどいい。
レンズサンプルはVR50しかなかったけど、色味は判断できるので、見え方を確認してオーダー。
こんなルックスになる予定。
Cut2009_1006_0002_57.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。