2010/02/04

黒炭号 塗装剥離大詰め

ヒートガンで熱して、軟化した塗装をこそぎ落とし、カーボン部分の塗装剥離がだいぶ終わった。
IMAGE_009_R.jpg
カーボン地は光の反射がふしぎですてき。

アルミ部分は凹凸が細かいので剥がし剤を使う。
接着部分にダメージを与えないように細心の注意が必要。

それがそわったら、全体にヤスリがけ所々に残っているプライマーを落として終了。
今週末には仕上げたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おー、なんでもやるんですねー!  で、何色に染めるの?
黒?

CFRPに使うエポキシ樹脂は通常の耐熱温度がせいぜい150℃くらいだから、ヒートガンも使い過ぎにはご注意ね。耐熱コンポジット用のポリイミド樹脂とかだと300℃以上大丈夫なんだけど、自転車のフレームにはそんなもの使ってないだろうしなァ。

>guttusanさん
自分でやりすぎです

色はゴキブリのようにツヤツヤのブラックにしたいです

>きくかわさん
・・・げ
熱しすぎはイクナイと思って、剥がす方の塗装もスクレーパーが引っかかる程度に抑えてはいたので大丈夫と信じたいけど、ボッキリ逝くかな