2010/05/18

第7回 アドベンチャー・イン・富士見(当日)

4時半起床。天気がいいぞ。
IMGP1107_R.jpg
ちょうど権現岳・赤岳あたりから日が昇る~

朝ごはんは、S澤さんが用意してくれた牛丼。
これでスタミナはばっちり

6時。スタート位置にバイクを並べる。
IMGP1114_R.jpg
前方にはエキスパートや50+RUN10kmの人たち。
オイラはMTB50kmの前から4列目!

ちょっと後ろには、S.M.Cのtakuroさん&しげさんのバイク。
IMGP1115_R.jpg
明るい色が目立つね!

7:30スタート
IMGP1122_R.jpg
ほぼスタートしたときに位置のまま、いきなり3.8kmで標高差120mの下り。
スタート位置がすぐ後ろだったショウさん。真後ろにはGAGAさんもいたはず。
IMGP1121_R.jpg
のどかに見えるけど、大集団の中で30kmぐらいで坂を下ってます。

4kmぐらいから、舗装路の登りが始まる。
途中で未舗装路になって、18kmまで。

スタートから10km地点のエイドステーション
IMGP1126_R.jpg
こんな写真を撮ろうと、ジャージのポケットからカメラを出したりしまったりしてたら、ジャージに貼ったゼッケンが取れてしまった!ちょうど後ろでGAGAさんが拾ってくれて、ほかのライダーが「ゼッケン取れましたよ!」って教えてくれたのですぐ回収。二つ折りにしてジャージのポケットに・・・(伏線?)

15km過ぎ、南東向き斜面をだいぶ上まで上がったところ。
雪を冠する南アルプス。駒ケ岳と鋸岳、かな?
ここは普段は閉鎖されている林道なので、この景色は普通は見れません。
今回のお目当てのひとつ。
IMGP1130_R.jpg

IMGP1132_R.jpg

この後、斜度がなだらかになり、北東斜面に回りこむと、道端に雪が。
そんなところで、佐々木選手と竹谷選手が追いついてきた。
IMGP1139_R.jpg
佐々木選手もゼッケン取れちゃってる。
「やっぱ取れちゃいますよねー、安全ピンでとめないとだめですねー」なんて会話しながら少し併走。

このあと竹谷選手、左手に見える雪の上にバイクで突っ込んでいた。
何事かと思ったら、こんな写真をとってた。
強さ故の余裕で、MTBを楽しみまくってる竹谷選手。かっこいい。

程久保山から小黒川へ下る途中の、カラマツ林?植林?自然の中に突然の幾何学模様。
IMGP1141_R.jpg
しばらく山腹を走った後、小黒川まで激下り。40km/hぐらい出る砂利道は怖い。

小黒川に出たところで、GAGAさんに追いつく?
あれ、いつ抜かれたの?(第2エイドで抜かれてたらしい)
IMGP1144_R.jpg
何回かツーリングできたことのある道。だけど上るのは初めて。
ちなみに、長谷村から上ってくると30kmぐらいになるから、遠すぎる。

いつもの「あけたら閉めてね」ゲート。
今日はあきっぱなしなのでちょっとつまんない。
IMGP1145_R.jpg

このあと牧場に出ると、下り基調の舗装路。
エアロポジションを取ってクランクまわしていく。
どんどんスピードが上がる。

そのままのテンションで池ノ平に突っ込む。
草の生えたダブルトラックをおかしなテンションで突っ走る。

途中で急にシングルラックの部分があって、落っこちそうになる。
IMGP1150_R.jpg

最後の地獄。Cコース手前の激坂。
IMGP1152_R.jpg
今回は足を付かずに上れたけど、もう上りたくない。

このあとはCコース。
アイウェアのレンズをハイコントラストに変えて、TALASを140mmまで延ばしてから突っ込む。
でも、半年以上ご無沙汰のCコース、試走もしてないからジャンプで飛べないしコーナーでラインに乗れない。
しかもすぐに誰かに追いついてしまうので、フラットアウトできたところはほとんどない。

下りきって、ゲレンデをちょっと登って、シングルトラック走って、スタート地点に戻ってゴール。
ゴールタイムはたぶん3時間20分15秒ぐらい。
ただし、センサーが反応しなかったので機械によるタイム計測はエラー。
ゼッケン二つ折りがいけなかったらしい。
後日ビデオ判定でタイムが出るらしい。

データ上、ゴールの記録がないので、14時ごろ安否確認の電話がかかってきますたw

先日のONGRでご一緒したショウさん、なんと女子で50km優勝。
IMGP1160_R.jpg
高原野菜ゲットおめでとーございますwww

もらったトロフィーの天辺についてるオブジェはピストバイク。
「私こんな自転車持ってない」とあきれていたけれど・・・
IMGP1158_R.jpg


より大きな地図で アドベンチャーin富士見 を表示

レースのアフター

富士見まで来て、Cコース一本で帰るのはもったいないよね、と一人居残り。
IMGP1162_R.jpg

IMGP1164_R.jpg
人がぜんぜんいないCコースを、じっくり確かめるように走ってきた。
実は勢いに任せてぶっ飛ばすほうが簡単だったりするだけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れでした
すいてるC走ってみたいですね
こんどパノラマ」行きましょう
チーム33で?

完走おめでとうございます。
天気もよく、楽しそうな大会で羨ましい~
来年は是非出場したいと思いました。

さて。次は5王ですな。

お疲れさまでした!シゲピンさんちょー余裕!!俺なんか足は攣るしCで飛ぶし写真どころか景色もまともに見れんかった。

お疲れさまでした。
コンディションの悪かった去年よりフラフラでしたよ。
あのゼッケンはダメですね。後ろの方走ってたんで、かなり落ちてるの見ました。

>koutaさん
ティーム33で行きましょう。
林道もご案内しますよ

>やましたさん
長さは半分だけど、王滝よりコース変化に富んでいるし、規模の割に運営も充実していて、なかなかよかったですよ。

>takuroさん
チョー余裕じゃあないんですけどね。
下りで前腿攣りそうになってましたんで。
実は景色を見る為にちょこちょこ止まるんですけど、これが休憩になっていいものです

>しげさん
コースコンディションがいいとペースが上がってしまうから、要注意ですね。
あと、ゼッケンは安全ピンを一緒に配って欲しいです

富士見お疲れさま~
なかなか楽しめたみたいで、何よりです!

富士見、おいらもナカ~マに入れて下さい。
”ティーム クロモリ”ってことでw
あ!それだと部長が入れないから
”ティーム HT”ってことで!ww

マジでみんなで一度行って見たい
5王の後、企画しませう!

お疲れ様でした。
高原野菜は、翌日にはほぼ食べちゃいました。
美味しかったです!
トロフィーのてっぺんはウケましたね~!!

>侍ジャイアンツさん
今度、行きましょう、富士見

>ショウさん
おめでとうございました
いやすばらしい