2010/05/23

プーリー( ゚д゚)y━

2chのプーリースレの1

未曾有のロードバイクブーム
健康を求める人々が店に押し寄せ
スポーツタイプ全般が売れに売れ
取り扱い店舗の利益率は半期ごとに記録を更新。
ただバイクは売れ、ロングライドと称したイベントも多いのに
一向に売れ行きの伸びないプーリーやクリーナー。
哲学的。


まあ、哲学かどうかはさておき

黒炭号、33回転と、立て続けにリアディレーラーのプーリーを交換。
ちょうど、ほかにもプーリーを交換した方や、プーリーの歯が欠けた方もいるので、時事ネタ。

こないだまで、BAZOOKAのセラミックベアリングプーリーを使ってた。
b257s.jpg

ベアリングの回転は、セラミックベアリングそれなりの滑らかさ。
ただ、シマノの特許?であるユニグライド(UG)システムがないので、シフトの調整がシビア。決まり具合がイマイチ。

ユニグライド(UG)・・・ガイドプーリーが左右方向にカタカタ動く仕組み。あれはガタじゃないんだ。

黒炭号は、DURAの新品に交換。
33回転は、ガイドプーリーだけを黒炭号のお古のシマノXTR純正にした。

ちなみに、取り付けて手で回してみると、その滑らかさは
新品DURA-ACEプーリー=使い古しのBazookaセラミックベアリングプーリー>使い古しのXTR純正プーリー

参考
黒炭号のプーリーを交換したときの画像。
右の黒いのがDURA-ACEのプーリー。
IMGP1082_R.jpg

ガイドプーリーのベアリングは、オレンジ色のコンタクトシール。
これならユニグライドだし防水・防塵性も安心。

テンションプーリーのベアリングは、黒色の・・・非コンタクトシール?
非コンタクトシールだと、防塵効果しかない。水を防げない。

※コンタクト・非コンタクトシールのベアリングの違いは、ググれ

XTRのプーリーも、テンションプーリー(右)のベアリングは、シールが黒いから非コンタクトシールかな。
p4280347.jpg
※画像はやましたさんのblogから勝手に拝借

シマノはワイヤーのアウターをロード用・MTB用を分けるなど、MTBならではの耐久性をよくよく考えてくれてるのだが、これでいいのか?いや、ちゃんとメンテしろ、マメに交換しろってことと解釈。
個人的には、防水性もあるコンタクトシール型セラミックベアリングを使った、他社製ので行きたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プーリー

なんか難しいけどセラミックが滑らかと言うことですよね。
でも高い!!
後は気持ちの問題でしょうか???

ググる!

そのままコピペでググったらまたここに来た