2010/06/11

安いもの・高いもの

mixiの某コミュを見ていて。
チラ裏。

代理店ボッてんじゃないの?と言われるTREKとLOOK。
サービスにかかるコストを考えてない人が多い。
そういう人は別のブランドのを買えばいいのに。

すげー型落ちの黒炭号のピボット部品も、LOOKもシートポストの押し子みたいな特殊部品もショップでちゃんと手に入る。マルゾッキのフォークが壊れた時の話を聞いたことがあれば、これがどんなにありがたいことかわかる!
イベントに行けば試乗車出してくれてる。
ブースがきれいだし、対面販売&定価販売なのでブランドイメージも崩れない。

イベントでTREKの真っ新自転車に乗って、いざ買う段になって「高い」とかいうやつは市ねって思う。
お前が試乗した自転車1台そろえてストックして整備して運ぶのにいくらかかると思ってんだ。と。
我々が見えないところで、我々のために仕事をしている人がいれば、その人の手間賃がかかってくるんだ。そういう人たちを困窮させてなお、お前らは安く自転車に乗りたいのか???とか、妄想ふくらましすぎですかね。

同じことは通販の世界でも言えて、WiggleとかJensonみたいな安いとこは、スピード以外のサービス削ってるから安いんであって、サービスを期待する日本人は基本的に使っちゃだめだよねって思う。

ということを「目に見えるもの」を何も生み出さない情報サービス業を生業としているオイラは考えてしまうのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

吉野家VS松屋VSすき屋 の安売り消耗戦をみてると嫌になる。
宅急便も早く届きすぎ。
なんか悪循環。

年末年始。
全てのお店が閉まっていた、あの頃が懐かしい。

コメントしにくいと思うんでレス不要です。

>はまちくん
あえてコメント
お金は大事だけど、今の日本はそれ以外のものが蔑にされすぎていると思う。
便利になって得た余裕で、行き過ぎたサービスの向こうにある労働者の犠牲にも思いをはせるべき。
便利過ぎる世の中は人を馬鹿にするだけなので、なおのことよくない