2010/06/27

O梅某山探索

mtrblogのmtrmasaさんにお誘いを受け、O梅の山へ。
ニーシンガードもってかなかったら、足が傷だらけになっちゃった。
他にもいろいろポカをやりシッカリせないかんなぁ、というやや反省の多い一日に。

朝9時半、市役所の駐車場に車を置いて、ルンルンで駅前に行く。
屋根に3台のMTBを乗せたワゴン車ハッケン!
「おはようございまーす」
「あー、それできちゃったのか、ここから車で移動なんだけど」
早とちりですね。すみません。

車を取りに戻って、2台で移動。
IMGP1329_R.jpg
しっかり山を走りこんでそうなMTB3台を追いかけて、テンションが上がる。

準備をして、オイラのMTBを白い車に乗せて、4人4台で高いところへ。

今日のコース、後半は初めての道に挑戦、ってことらしいwktk。

まずは稜線まで担ぎ。
IMGP1334_R.jpg

雲の中にいるかのような湿気で汗ダラダラ。
IMGP1338_R.jpg

最初の下りで、濡れた根っこで滑って、いきなり脛が傷だらけ。
サドル下げとくべきだったかも。

湿気スゴイ、根っこスベル。
コンディションが良くないので、二つ目のピークで折り返す。
IMGP1343_R.jpg
今日の本命は、後半区間なので。

お昼ご飯。
おにぎりをみんな車に置いてきてしまった。
みなさんに食べ物を少しづつ分けていただく。
面目ない。

途中で目印の鉄塔を間違えて、奈落の底に落ちていく稜線を途中まで降りて、引き返す。
今日はこれが一番ハードだった。

気が付けば、ハイドレーションバックとボトル2本、合計2リットルの水が、もうない。

お目当て稜線を見つけて突入。
ところどころ乗れる。
でも、汗のかきすぎで疲れてきて、下りもあまり安定しない。

IMGP1363_R.jpg

とりあえず旧道がGPSで見えたので、尾根に沿って下っていく。
IMGP1364_R.jpg

ここで、水切れで終了。
IMGP1366_R.jpg

脛の怪我と汗ダクダクは大変だったけど、こういう道は嫌いじゃないかも。
次回、この道は、もっと気候の良い時に~

本日の装備
IMGP1330_R.jpg
昨日買った、真っ赤なハブ毛(またかよ

新しいグリップ
IMGP1331_R.jpg

Time.1:01.29 ←担いだ時間が入ってないな
HR Ave.69%
HR Max.89%
Cal.559KCal
Dist.7.6km???
Spd.Ave.7.5km/h
Spd.Max.40.3km/h
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なかなかにハードなコースだったようですね。
今回はタイミングが合わず断念しましたが
いつか連れて行って欲しいです。

熱帯山での活躍感謝

昨日は貴殿に探索協力頂き頼もしく、また有り難く思いました。天候や地形に相い対し道求めるは人生の縮図が如し。次回は難儀無き馬鹿下り山でも同行できますよう願いたしでござる。

お疲れさまでした あの ウェット感だとオイラのレベルじゃ怪我必至だったと思う!まぁ 多分 崖の下のポニョ!(笑) ヤマサイ 行きましょう。

>やましたさん
コースというより、コンディションがハードでした。

>mtrmasaさん
熱帯のような湿度がなければ、もう少し活動限界までが長かったかもしれませんね。GPSの記録は別途お送りします。またよろしくお願いいたします。

>guttsuan
まあ、オイラのレベルも怪我したわけですが、なにか???
人知れず巴投げ食らった的な前転もしているのですが、シダが柔らかくてポニョでした。幸い崖の下ではありませんでしたが。