2010/09/05

芙蓉峰巡礼?

普段の山とは全く違う。
異世界。

ハイキング。
IMGP1721.jpg
思いのほか体が温まるwww

標高2000mまで登り、あまり使われない登山道を通る。

柔らかい砂礫が積り、「速度を出さないとタイヤが沈む」と警告を受けていたが、いきなり前輪が埋まって前転する。
前輪を埋めず、操舵力を確保する荷重配分を心がける。
ステアリングは、舵を切って曲がる感覚。
バイクを傾けて、後輪をスライドさせて曲がる感覚。
避けるべき岩を注視すると、バイクはまっすぐ岩に向かって走る。
自分のラインを見極める、そんな当たり前だけど難しいことができないと、走れない。

練習なんて・・・と思ってこちらに来たが、深砂利コースの練習になったかも。

だんだん乗れてきたかもしれないオイラ
100905_048.jpg
溶岩はぶつかるとやばいので、プロテクター装備。

ここはどこの砂漠ですか???
IMGP1766.jpg

荒涼としていて、これだけ広い景色の中に立つのは生まれて初めてかもしれない。
こんなところまで来れるのは、機動力に優れたバイクだからこそ。
IMGP1753.jpg

IMGP1767.jpg

後半は、森林を抜けて下界まで。

下界は灼熱。
車回収に行く道すがら、エコサイクリングの参加者がヨロヨロ走っていました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様でした.

報告が出来るのは日が変わる頃になりそうです.(汗)

いつか俺も行ってみたい・・・

シゲピンの大気圏突入

初トライ難解山にしては貴殿は乗れていたと思われます。
登頂ハイカー群を尻目にガラ空きで
占有したバカ広トレイルは格別だった。
己の小ささを知るにも貴重なステージでアルヨ。
地球に帰還する人工衛星はやぶさの気持ちになれたろ。
どうか「シゲピン的世界胃酸」に登録ください。

>nodasyuさん
オイラもつかれましたよー
バイクカメラ、オイラも真似しようと思います

>侍ジャイアンツさん
いつかいきましょう
タイヤはいつもよりふと目をお勧めします

>mtrmasa隊長
いろいろありがとうございました。
だんだん乗れてきて楽しかったです。
MTBであれだけだだっ広いところを走るだけでも珍しい
グランドキャニオンも含めて、世界の胃酸ですねー