2010/09/21

SDA王滝2010年9月100km

タイムは8時間58分ぐらい(公式タイム未確認)
初の8時間台・・・ってタイムに関連する反省は後日別の機会に。
今回はめっちゃ楽しんだ。
動画も撮ったけど、編集するので後日公開予定。

9/19
東京脱出に4時間かかる。

17:00 松原スポーツ公園着。
IMGP1788.jpg
例年に無く遅く、往路で温泉にのんびり浸かる余裕などなく。

明日の準備などていたら、競技説明が始まる。
掲示板に何も書いてなかったので、大きなコース変更はないと踏み、遅れて会場へ。
いつも見るとテンションが上がる2008年秋のビデオは、機材トラブルで再生中断した模様。

宿に行って、夕食、21時には就寝。
同じ宿の食卓でベロロ軍曹の名前を発見。どうやら同じ宿だと分かったのは翌日。
大又山荘の旧館はぼろい。
歯ぎしり?いびき?は耳栓で防御できるが、廊下を人が歩く振動は如何ともしがたい。
ともあれ、寝不足でない程度には寝られた。

9/20
3:30 起床
4:00 宿を出発
4:20 自転車整列。時間は同じぐらい、5月よりもやや後ろ。 

IMGP1793.jpg

準備していたらあっという間にスタートの時間。

6:00 スタート

ペースの遅さが気になる。
でも、今回は前にガンガン行ける脚がない。体が重い。
山下さんはスイスイと前へ。
IMGP1794.jpg

不可止さんに声をかけられる。
IMGP1795.jpg
途中までは割と近くを走る。

2007年5月は背筋が痛くて最初の休憩をとった場所。
止まるほどではないが、早くも背筋の痛みを感じ始めている。
IMGP1797.jpg

20km地点付近。
伝上川へのダウンヒルの途中で、ショウさんがベソをかいて止まっていた。
「サドルバッグが壊れちゃったー」
サドルバッグのマウント部分が捥げてます。
数日前にやまゆきさんのblogに書いてあったこと、そのまんま。
相変わらず真面目にやっててネタを拾ってしまうショウさんは引き強すぎ。

実はオイラ、サドルバッグなくても行けたんだけど、外すのめんどくさくってそのまんまつけてきた。
中にはウィンドブレーカーと2本目のチューブ。
バックパックに全部入るので、中身を抜いてショウさんに貸してあげた。

ショウさんを見送って、タイムロスを挽回じゃ!と思ったらこの景色。
おおおおお、今回は空気の透明度が高いんじゃない?
むしなんかできない。いちいち止まります。
IMGP1800.jpg

IMGP1802.jpg
伝上川を渡る橋では二人ほど撮影もしてあげました。

伝上川からちょっと進むと、今度は濁川を渡る。
ここから見える御嶽山は、地獄谷が見えてまた違う荒々しい姿をしている。
IMGP1804.jpg

林の中のダブルトラックになってから、
ペースが遅いなぁ、
でもおいらもペースあげられないなぁ、
と思いながら走る。
IMGP1805.jpg

9:19 第2CP
IMGP1807.jpg
とりあえず、7時間台はないな、と認識。

第2CPの先でまた不可止さんと会い、湖あたりまで一緒に走る。
湖までの下りが調子が良いことに気が付く。
不可止さんいわく、オイラの後ろについてた人はコーナーでコケてたらしい。
いやー、全然攻めてないんだけどな。悪いことしたな。
(何気に自慢かよ感じ悪ぃな俺)

それを見ながらついてくる不可止さんもなかなか速いんですけどね。

湖畔の50km地点で4時間15分。
後半ノントラブルなら8時間台で行けるだろう。
と話をした後、やる気の不可止さんについていけなくなり、湖畔の平坦路で見送る。

湖から登り始めのところで、やまゆきさんLiLiSukeさんに遭遇。
IMGP1808.jpg
登りで声なんてかけてしまったものだから、あちらもこちらも余裕がなくてトークどころではない。
平らになったら話そう・・・と思っていたら、置いて行かれました
orz

そろそろ日差しが強くなって暑さを感じたので、休憩。
IMGP1809.jpg
ちょうど皆さんきつくなってくる頃なので、頭にかけたり、顔を洗ったり、疲労した筋肉を冷やしたりしている。

無限坂で蛇がぐったりしてました。
IMGP1816.jpg
まあしょうがないよ無限坂だからね。

とにかく空気が澄んでいて景色が良いので、休憩しまくり。
IMGP1810.jpg

IMGP1817.jpg

IMGP1819.jpg

IMGP1820.jpg
うーん、御嶽山の山頂には雲がかかってるなぁ、惜しい。

無限坂からひどいガレ道を下るあたりから、下りで腕が上がってしまうようになる。

下って42kmとの合流点に第2CPが・・・ない。
IMGP1821.jpg
「え?なんで??」
「聞いてる?」「聞いてない」
「ちょっと先にあるよね?まさか計測終わりなんてないよね?」
「ダメだー心折れた」
なんて声がwww

ありました。
IMGP1824.jpg
広いスペースに移設というのはナイスな改善だけど、ドエムなリピーターには味な演出ですなwww。

一桁ゼッケンの人がいたので、
「すごい番号ですねー」
「目立って大変です」
そりゃーそうだろう、でもおいしいだろ

係りの人が水タンクをよいしょよいしょと持ってきたので
「ご苦労様です」と言ったら
「あ・・・はい、みなさんもご苦労様です」
「あー、お互いご苦労様ですよねー」
なんで和みの会話をしてみたり。

あなごいぬさんに声をかけられる
「えらいくつろいでまんなぁ」
「ちがうちがう、腰が痛くて動けないのよ」
「んじゃ先行きますわ、後から抜かしてください」
「あー、どーぞ、ゆっくりねー」
・・・結局、抜かせなかったようです。

12時を回ったころにいは御嶽山の雲も晴れ、絶景キタコレ。
IMGP1827.jpg
8~9時間台で走るとこんなにイイことがあるのだよハッハッハ・・・

この写真が撮れた瞬間、オイラの王滝はめでたく終わりそうになりました。
まだ20kmぐらい残ってるんだけどね。

IMGP1829.jpg

IMGP1831.jpg

第3CP手前の黒っぽい砂利は楽しく下る。
なんだかフロントフォークのフィーリングがすごくいい。

第3CPの後、登りは背筋がつらくて超ゆっくり。
8時間半を過ぎている。
過去に7時間台と9時間台で走っているので、どうせなら8時間台のリザルトがほしいよね。
(なんか純粋に9時間切りたいといって走っている人には申し訳のない動機だな)

14:40に下り始めて、14:58にゴール。
IMGP1832.jpg
最後の下り、瞬間最大でも40km/hは出してないので安全運転です。
たくさん抜かしたけど。

背筋は痛かったけど、脚はちゃんと使えて疲労度MAX。
表彰式が終わるまでダラダラ片づけてたら、こんな夕焼けが見れました。
IMGP1833.jpg
スローな王滝を満喫しましたよー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様

ある意味 特殊な状況下の中で仲間を助けてあげたり ブログ最後の言葉
スローな王滝 なんてでるほど王滝を楽しんだ シゲピンにこちらも 何か王滝の素晴らしさを感じることができました! お疲れ様。

毎回、シゲピンさんの大滝ブログを読むと行けそうな気にさせられるんだよな~。レースより楽しんだのが全面にでていて。

景色良かったですよね~。
私はいろんなことがあって泣きながら走ってましたけど、景色に癒されました。
楽しかったなあー。
来年は7時間切りたい。

高温の王滝おつかれさまでした。
タイムだけが王滝じゃない の王道ですね。
来年はいよいよアレやりますか。

おつかれさまでした。
今回のシゲピンさんの様な、いろんな人と触れながら絶景を楽しみながら走るのが、いちばん王滝堪能してますねー♪
って思います。

早速ネタ提供できて、ネタ師として本領発揮できました!ホントにナイスアシスト感謝です。シゲピンさんちに向かって、毎朝二礼、二拍手、一礼をしています(笑)
そうそうあのぐったりしてたヘビ、私も見ました。

ありがとうございました

王滝お疲れさまでした。

初めての王滝で不安な面もあったのですが、シゲピンさんとお話しながら走れたので、完走できました。

王滝お疲れ様でした。

初参加でしたが、楽しかった。
また走りたいと思いましたよ。

大して景色見る余裕も無かったけど
それでも、雄大さや絶景を感じました。

もう少し、ファスト?な王滝を楽しんだら、
スローな王滝に転向したいです。(笑)

すごく良い天気に恵まれましたね~
シゲピンさんのブログを読んで
楽しむことがホントは一番なんだなぁ~
って強く感じました^^

お疲れさまでした~
私も心に余裕が出来たら、いつかスローな王滝を楽しみたいです。
そして駐車場で食べていた焼きそばが美味そうでした(笑)
来年は俺も準備して行こうと心に決めましたよ!!

来年5月は富士見ですね^^

おつかれ様でしたー

とうとう現地でお逢い出来ませなんだw

渋滞にハマりまくりのリアルタイム書き込みに笑いました
丁度コチラもハマってましたし

反省会(呑み会)は無いのかな?

お疲れ様でした。
おなじお宿でしたのに、お会いできず残念でしたー。我々は新館に泊まってました。
そうそうこんな景色あったよなーって思い出しながら愉しく写真見させていただきました。
私もカメラ持って行きましたが、結局一枚しか取りませんでした。

kei

お疲れ様でした!

王滝か~、王滝か~~。一度は出ようかな~。でもキツそうだな~。

遅くなりましたがお疲れ様でした!
背後からシゲピンさんが来ているはずなのに見えてこないので、パンク修理中に何度も出くわすN峰さんとどうしたのか???と話したりしてました。。

写真取りまくりだったのですね~。
シゲピンさんにトレイルご案内頂いたおかげで、怪我せずに完走できました。有難うございます!

これだけコメントをもらえる仲間がいる。
これも王滝を楽しめた理由ですね。
みなさんありがとう

>guttsuan
はい、毎回思っていますが、今回は今までで一番楽しみました。
王滝の自然と、オフィシャルの皆さんと、同じゴールに向かって走る仲間(参加者)のおかげだなって、思います。

>koutaさん
100kmは確かにきついけど、42kmは行けちゃうと思いますよ。
行ける体力があるなら、一度は体験してみることをお勧めします。本当は2度目ぐらいからが面白いのだけど。

>S澤さん
今回は本当に景色の良さと、コースの難しさで走り甲斐があったと思います。
あーもう来年の参加表明ですか。
次回以降も出るたびに王滝は表情を変えるはずですので、また新たな気持ちで楽しめると思いますよ。

>jobeさん
耐久系イベントって多かれ少なかれこういう楽しみ方があると思うんですけど、王滝は場所も参加者も濃いんですよね。だから楽しいです。

>ショウさん
入賞おめでとうございます
死なない程度にネタ提供してください。
ただしココロがキビシクなっちゃうのは見ててかわいそうなので、ほどほどに

>不可止さん
50kmあたりから腰いたそうでしたが、よくぞ乾燥されました。8時間台、おめでとうございます。
ロングライドの経験があまりないということで、すごいですよ

>侍ジャイアンツさん
惜しくも6時間切れなかったとのことですので、まずは6時間切り、そのあとスローに転向でしょうか

>ツカカツさん
普通は完走とかタイムとかが一番、が本流ですよねきっとw
オイラは亜流ですが、楽しそうなのが一番って思わせれば俺大勝利です

>まるちさん
楽しく走るために体を鍛えるのですー
ガチで勝負しないときの竹谷さん選手なんかがまさにこういう感じで、とってもかっこいいのです。
焼きそばはショウさんのアドバイス?ですが、旨いです。
SDA完走後のお約束にしようと思っています。

>ましらさん
さくっと完走おめでとうございますー
走ってる間はスローでしたが、前後は結構バタバタしていて、こちらからあいさつ回りが全然できませんでした。
反省会はどこぞで企画されているようです
上映用の動画を整理せねば!

>ベロロ軍曹さん
過去に3回ぐらい泊まりましたが、新館はいいですよね。
blogには全部貼れていませんが、写真は46枚撮っています・・・なにに挑戦しているのだか>俺

>keiさん
29erも多いです。真面目なレーサーから、フルリジッド&シングルスピードまで、スタイルもさまざま。
「フルリジSSきついでしょ?」って尋ねると「下りはきついけど、全体的にはそうでもない」という答えが返ってくることも多いです。

>ヤマさん
最初の方、ヤマさんのLEGONジャージが見えてましたが、どーせ追いつけないと思って追いかけませんでした。追いかけたら終わってしまう・・・。
SDA王滝前にご一緒させていただいたときにメカトラがありましたけど、本番は何事もなくてよかったですね