--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/07

高い買い物になりつつあるorz

nodasyuさんに助けてもらいながら、M755をオーバーホール。

先にオイルを抜いてしまったので、こんなことをやってピストンを出す。
DSCN1940.jpg

DSCN1942.jpg
ピストンの動きが正常なフロント側は、一発で全部のピストンが出る。
ピストンの動きが渋いリア側は、エアポンプでぐいぐい圧をかけないとピストンが出てこない。
ピストンの出方もバラバラ。

ピストンが出たら、キャリパーを殻割りして、ピストンを引っこ抜く。
フロント側は手でつまめばとれる。
リア側はプライヤーなんかで掴まないと抜けない。
(直に掴むと傷を入れてしまうので、布などを噛ませるてるが、激しく非推奨)
DSCN1943.jpg

分解後
DSCN1938.jpg

正規品はUパッキンだが、
動きが渋いリア側は、ゴムシールに溝が入ってない。
どうもHOPEのシールを使ってるっぽい。
DSCN1944.jpg
左がニセモノ(?)、右が純正

純正品のUパッキン、市販品をカタログなどで探してもサイズが見つからない。
大ピストン用シール=外径19.6mm、内径15.5mm、厚さ1.9mm
小ピストン用シール=外径17.6mm、内径13.5mm、厚さ1.9mm
・・・実測値。精度に自信ない。

シールはスモールパーツ取り寄せできない。
シマノにオーバーホール頼むと1万円かかるらしい。
サイクリーの中古は保証がないので、改造品だと文句を言っても始まらない。

そういうことを言うやつはそもそも中古商品を買ってはいけない。これはお約束。

ホース・アダプタ・パッドなど合わせて、トータル30000円Over出資するも進展なし。
「毒を食らわば皿まで」などというには金がかかりすぎ。

パッキン一つ手に入れば解決なんだけど、それがとってもハードルが高い。
しかも、純正部品でないパッキンでスムーズに動くかどうかは出たとこ勝負。

どうしよう・・・
部品鳥ってことにして、もう一個キャリパー買うか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シゲピンの機械の分解組立はオイラの仕事にスカウトしたいよ! 間違いなくやっていける! 

>guttsuan
スカウトキター
仕事と料理と女性の扱い以外は器用にこなすオイラですwww

ええっ!

 それが部品で取れないって、信じられない!ひどいなシマノ。

の゛ー!
すいません.茨の道に誘い込んでしまいました.(汗)
パッキンはこっちでも調べてみます.
1つ教えていただきたいのですが,
ピストン外径はいくつです?

シールが部品で取れないっていうのは本当に驚きですね。良心的に解釈すれば、安全を大きく左右する部品なので他所の人間は絶対に手を出すなということなのかもしれないけど、要は修理なんがするくらいなら新品に買い換えろが本音かな。いろいろな意味で。

>Inagaki.Mさん
>ななしさん
このモデルはシマノ初の油圧ディスクブレーキなので、いろいろ事情があるのでしょう。まあ、他のシマノのスモールパーツ入手性と比べると困った感じですけど、そのあたりは事前の調べてわかってたことなので。

>nodasyuさん
ほんとに世話になってます。
てか、お互いめんどくさいメカ好きなんでしょうかwww
(「同じにおいがする」って言われた気がするんですけど、こういうことか)

DIYやる人は苦労を楽しめる人だと思います.(苦笑)
そんなわけで,特注シール見積もりだけ試しに取ってみようかとw

>nodasyuさん
と、特注・・・レベルタケェ
ゲットできるなら、おねがいします

キャリパーのオイルシールは渇いた状態で動かすと痛むよ~。
動きが渋くても、オイルラインを繋げた状態でマスターシリンダを動かして、0.1ミリでもピストンを引けば問題ないかと。
むしろ緩いと心配。

>やまさん
乾いた状態では動かしてないよ。
ていうか、それでは摩擦でピストンが組み込めない。
レーキフルードでシールを湿らせてから組み付けてます。

MTB用ブレーキレバー内のマスターシリンダーはゴムの弾性と弱いバネで戻すのだけど、キャリパー側の抵抗が強いので、マスターシリンダー側が負けちゃってピストンは0.1mmも動きません。
ずっとブレーキ引きずったままになります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。