2010/11/11

33回転のブレーキングで疲れた理由、判明?

最近、自転車弄りネタばかり。

富士見パノラマと山で「ブレーキがしんどい」ので油圧ディスク導入を決めたりしたんだけど、オーバーホールしてたら、ディスクブレーキのパッドが、レジンだった。

33回転のブレーキ油圧化はしばらくかかりそうなので、まずはメタルパッドにして凌ぎます。


AVID BB7のパッド。
左 33回転につけてたやつ、オーガニックパッド(レジンパッド)
右 黒炭号王滝で使っていた、メタルパッド
DSCN1947.jpg
ベースプレートの色でわかるのだ

レジンパッド:ニュートラルな効き、コントロールしやすい
メタルパッド:強力、高耐久性
だったよね

王滝ではレジンパッドすぐなくなっちゃうから、メタルと取り替えたんだったよなー

AVIDのオーガニックパッドは高いくせに減りがものすごく速いので、ダスティーな環境やハードブレーキングするコースではもったいなくて使えません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント