2010/11/13

K尾根

S澤さんが「SNGN尾根しか行ったことがない」というので、別の尾根にお連れする約束をしていた。
今週行くよ、とメールしたら、アメリカ帰りのS澤さんから「あしたでおねがいします」との返事。
翌日はやましたさんが行くけど、一日早くいってきた。
「声かけてくんなきゃ~(笑)」という侍ジャイアンツさんと3人で出発。

腰は相変わらず痛いけど、赤や黄色に色づいたお山がボクを癒してくれるでしょう。

川沿いは里の紅葉という風情。
IMGP2103.jpg

Nしまの速い人たちなので、登りがきつくなると「アッ」という間に(・・・いやいう間もなく)置いて行かれる。
IMGP2104.jpg
一人で冬支度を始めつつある林の中を走るのは、侘び寂びな雰囲気が好きかも。
前回は暑い盛りに来たのでしんどかったけど、涼しい今日はとっても楽しく登れた。

峠の頂上で、ほかのMTBライダーと雑談。
みんなMTBといっても、昔のカーボンレーサー、今風のXCクロカン、鉄バイク、最新フルリジ29er、いろんな性格のバイクが集まっていて面白い。
IMGP2105.jpg

押したり担いだり。
MAH00195_s.jpg
この後、登山者で大賑わいの山頂で昼食。

山頂の近くの、もみじがきれいな中庭のような場所。
IMGP2110.jpg

下りスタート。
流石に紅葉の時期とあって、普段は人っ子一人いない尾根にもハイカーさんがいる。
今日は「S澤さんになるべく乗ってもらう」「腰痛治りかけでどのくらい走れるか」なんてこともあり、スピードはなるべく抑えてじっくり道を見て走る。

最初はおっかなびっくりだったS澤さんだったが、「体を大きく引いて、ブレーキはなるべく前を使って」とアドバイスしたらあっさりモノにする。
MAH00201b.jpg
途中からh余裕の笑みを浮かべながら楽しそうにドロップオフを降りていた。

侍ジャイアンツさんは先日やましたさんと来たばっかりだったけど、超特急だったらしかったので、今回みたいに確かめるようにじっくり走るのも楽しんでいた。
MAR00203c.jpg

休憩も多め。
IMGP2115.jpg
向こうの方で枝が落ちてガサガサって音がしたので、
「熊いるかな」
「熊って前足が短いから下りは遅いらしい(と、はじめの一歩、猫田さんがいってた)
「コーナーも苦手なんだろう」
「どうしよう、下りで追いつかれたら」
「自信を無くす」
「どうしよう、コーナーでイン刺されたら」
「絶望する」

あまり眺望のない尾根だけど、紅葉の季節なのでいいものは見れます。
IMGP2114.jpg
いい時期に来たね。じつにいい。

今回は2人ともタイヤがKENDA KARMA。
IMGP2113.jpg
タイヤに横荷重がかかりやすい険しい道では、タイヤの柔らかさがちょっと頼りなかった。
空気圧が低すぎたのかもしれないが。

最初の山までは押しや担ぎが多かったけど、足元はこれで安心だった。
IMGP2116.jpg
靴の中で足が遊んで少し不安定なので、インソールと靴下で調整するともっといいかもしれない。

走り終わって体が冷えるとやっぱり腰は痛くなったけど、走ってる間は大丈夫だった。

Time.2:49.32
HR Ave.--%
HR Max.--%
Cal.----KCal
Dist.24.6km
Spd.Ave.5.2km/h
Spd.Max.--.-km/h

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今日同じコースへ行ってきました。
紅葉がいい感じでしたね~。
山頂は同じく大混雑でしたが、
尾根道はほとんど人がいなくて快適でした。
次回は一緒に行きましょう。

有難うございます。

お誘い有難うございました。
とてもとても楽しかったです。

今回はゆっくりレクチャー受けながら下ったので、
非常にためになりました。

またシゲピンさんのアドバイスのおかげで、
不安定な腰高ドロップオフが改善されたので、
今は怖いものなしです。。(爆

またいろいろな尾根行きたいです。

土曜はお疲れ様でした!

ピューっと走るのも楽しいけど、
なめるように、じっくり走るのもまたたのし!

ハイカー多かったけど、楽しめたね!
最後に発見したプチオプションコースも
楽しくて今後の定番コースになりそう。
また行きましょう!!

>やましたさん
紅葉はもうしばらく楽しめそうですね。
また行きましょう

>S澤さん
木の根やドロップオフはそれなりにあったけど、楽しく乗って貰えて何よりでした。
レクチャーというか、少しアドバイスしただけですけどね。
九十九折りと岩場も走れれば、山道もほとんどいける。
あと、Nしまジャージじゃないウェア買おうね。ユニクロでいいから。

>侍ジャイアンツさん
あの尾根は難易度低い分、木の根の一本、石の一個も逃さず、避けたり超えたりしながら走れば、ゆっくりでも相当楽しめますね。

今回、案外近いことが体感できたので、もっとリピートしてもいいかな、と思いました。

楽しい週末を過ごされたみたいですネ。
クマトーク 最高です!!暫く笑いが止まりませんでした!!!

>ショウさん
バカトークなら任せてください