2010/11/21

東京都最高点

jobeさんに企画していただいたライドについて行った。
ここは昨年の今頃にプランしたが天気が悪くていけなかった山。

朝、集合。
スタート地点気温7℃。それほど寒くない。
山頂の予想最高気温5℃。
標高差1500m。
何を着ていけばいいかわからない。
IMGP2124.jpg

兵(つわもの)揃いのパーティー。登りはオイラがビリだった。
IMGP2126.jpg
人数が多くて、今回初めてお会いした方の名前は覚えられませんでした。
すんません。

新しい油圧ディスクブレーキ。
blogでいろいろ騒いでいたので、見せて回る。

初山だけど大丈夫か?
大丈夫だ、問題ない。
IMGP2125.jpg
組み付けには細心の注意を払っているし、油圧ディスクブレーキの構造はほぼ理解した。

ウィンタージャケットに長袖アンダーは暑過ぎ。
ジャケットを脱ぐと寒い。
パーティーのなかには、気温一桁でも半袖vs半ズボンの対決?もあったぐらいなので、もっと薄着でも良かった。

「割と乗車して登れる」と言われていたルートだったが、おいらには無理。殆どバイクを押していた。
IMGP2131.jpg
山ラーするぞとコンロと水を持っていたが、そんな余裕は無かった。もっと荷物は減らすべきだった。

IMGP2132.jpg

高度を上げていくと、日陰には雪。
下山してくるハイカーの中には、アイゼンを携行している人もいたな。
IMGP2133.jpg

尾根。
防火帯になっているので大きく開けている、初めて見る景色。
「いよいよきたな」と感慨に浸るが、山頂まではまだ500mもある。
IMGP2135.jpg

ちょうどお昼頃、山頂に到着。
天気は割と良い。
IMGP2146.jpg

下山は、40分ぐらいかけて上った尾根をあっという間に下り、尾根の横のトラバース気味な道を走る。
IMGP2147.jpg
標高1500~1200mあたりを走るが、なかなか標高が落ちない。

下りに入ると、アクシデント発生。

登山道に鎮座する岩にアタックしたjobeさんがパンク。

オイラは「*」のように倒木が重なったところに突っ込んで転倒。
落ち葉の量がすごくて、回避ラインが見えなかった。
転倒時に力が入って、両足とも攣ってしまった。
特に左腿の筋肉が硬直&打撲が痛い。
・・・でもまだ駐車場まで標高差500mもあるんだが。

侍ジャイアンツさんは転倒して木に衝突。
いつも高度なライディングテク&体力で強面で余裕の面白トークなサムライさんが「記憶がない」と虚ろなので心配になるが、しばらくしたら落ち着いた。
下山後、病院へ(>外傷だけのようだったけど、大丈夫かな・・・)

転倒で痛めた左足をかばって右足荷重で下ると、疲労もあって右足・右腕・右手が全部攣りそうになる。
無理せずに休憩しつつ下山すると、だいぶ日が傾いていた。
IMGP2148.jpg
下山して、こんなにホッとしたのは久しぶり。
まさに「生還」

しんがりの山下さんにも終始ついていただいたり、
jobeさんショップ仲間の方が、下り坂最後の階段トラップのところで待っていてくれたり、
いろいろお世話になりました。
己の力量を知る良い機会になりました。
ありがとうございます。

バイク反省編
落ち葉が深かったので、下りのことを考えたらタイヤは太い方(ARDENT 2.25)の方が良かったかも。
シマノ油圧ディスク、下りでパッドのあたりが出始めた。
ブレーキタッチは良くも悪くも評判で聞いたとおりだった。
これならAVIDの方がいいかも、と思ったが、もうしばらく乗ってみる。

Time.9:04:34
HR Ave.--%
HR Max.--%
Cal.----KCal
Dist.39.7km
Spd.Ave.4.4km/h
Spd.Max.--.-km/h
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様でした。
噂通りのタフなコースでしたね。
初なので先が読めないのもキツかった。
次回はもうちょい楽ができるようお互い頑張ろう。

ずいぶん紅葉がきれいですね~。

サムライさんは大丈夫かなあ。

テクが上達したら私も行ってみたい。
ニューマシンは来年夏ぐらいかな。

無事生還ヨカッタですねぇ。いいなぁ~ ツワモノたちの山遊び。こういう時、男に生まれたかったなぁなんて思います。

お疲れ様でした~
次回は山頂で富士山見ましょう!!

壮絶な走りだったんですねぇ
とりま帰還おめでとうございます

>やましたさん
登りでいちいち遅れるオイラについてくださってありがとうございました。
確かに前知識もイメージが少なかったのも精神的に堪えましたね。
コースの様相は全然違いますが、王滝などに通じるものを感じました。
改善の余地はたくさんあります。
またチャレンジしたいです。

>S澤さん
山奥なので広葉樹が多く、標高差があるのでいろいろな紅葉が楽します。
テクというより、テクと注意力を切らさない体力が大前提になるのだと思います。なのでS澤さんは大丈夫。

>ショウさん
ショウさんは大丈夫なんじゃないかな。
ハイカーは女性もかなりいるような山でしたし。

>ツカカツさん
山頂で富士山みたいですね。
何回登れば見えるのかな?歩きでもいいかな。
MTBで山に行って、登山でも来てみたいと思ったのは今回が初めてです。

>うーたろさん
準備面の失敗が大きい気がしますが、まあ大変でした。

御疲れさまでした。
自分もここ初めて走ったときは転倒→手の指脱臼で、こてんぱんにやっつけられました。
ほんと、ヘビーな山だと思いますヨ。

あと、痛恨のパンクのパンク。申し訳なかったデス。
これがなければ、山ラーできたか?
次回は、山ラーご一緒しましょう♪

M755の新品のキャリパーと左レバーが出てきちゃいました
予備として良かったら使ってやって下さい
ブログのコメじゃないな

>jobeさん
この手のビッグなライドとして、王滝や大弛・三国峠なんてのもやってたんですが、何回か挑戦を繰り返すうちに、注意点やコツを覚える。まさに攻略。
だから、最初からスイスイ走れるわけないと思っています。
山ラーはあと2回ぐらい後だと思います。
あと、もっと低い山で山ラー自体の練習も必要です。

>こうたさん
えっと、買い取りご希望ですか?w

いやいや。クリスマスプレゼントです(^^)