--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/19

PC更新

2ヶ月ほど前に、PCの更新に関するエントリを書きましたが、自宅用メインPCを更新。

昔買ったNLXという規格?のPCケース。
今から10年ぐらい前、職場で使っていたもので愛着があった。
NLX_FRONT.jpg
当時のデスク。
DSCN0012.jpg

いわばPCの青春号です。
これにmini-ITXのマザーボードを入れて使っていた。

でも、最近のPCはCPUとチップセットの発熱が増えているので、PCケース内の排熱にFANの増設が必要。
これがうるさかった。

近頃、息継ぎのようなフリーズが多発。
なんの前触れもなく文字入力中に10秒ぐらいPCが固まる。
これはかなりのストレス。

blog更新中のデスクトップ。
全画面キャプチャ 20101219 163000
twitterクライアント、IEブラウザは4画面ぐらい、iTunesで音楽かけっぱなし。
こんなんで重いわけない。

PCの構成は、
CPU: AMD Phenom 9350e
RAM: 4GB
チップセット: nVidia 6100
SSD: Intel MLC 80GB

CPUは遅くないが、マザーボードが旧世代のローエンド。
そこで、、PCを組みなおすことに。

近頃はすっかりAMDのCPU対応マザーボードはAM3に移行してしまっていて、AM2なPhenom対応のマザーボードは新品での入手が困難、というか見つからない。mini-ITXとなるとなおさら。
そこで、CPUは先日Hyper-V検証機からはずした Cpre2Duo E8500を使う。
時代はCore iだということはわかっているけどね。
Intelでもmini-ITXは選択肢が少ないので、microATXに回帰。
ASUS P5QPL-AMを選択。
P_500.jpg


ケースはmicroATX対応静音キューブケースの定番?
Antec NSK-1380も気になったが、特殊形状の電源が故障しやすいと知ったのでこちらを採用。
SilverStone SG02F
4997401140168_02l.jpg
ケースのいたるところメッシュ上でスカスカなので、埃フィルタと遮音のための目張りをする。
前面のアクリル製パネルは作業しただけで小キズだらけになってしまった。

ケースFANにSANYOの8センチ800rpmをひとつ追加。
OSはWindows7 Ultimate。
枯れた部品構成なので安定している。
3Dゲーミング以外の用途なら十分。
DSCN1965.jpg
本体はほとんど無音。
一番左のRAID-1な外付けHDDの音だけが聞こえる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あれ?管理者だけチェックを入れちゃったw
他意はなくsageチェックと勘違い・・・すみません

>うーたろさん
プティフリのような挙動がイカ娘の侵略ならPC変えても直らないかもしれないでゲソ。それじゃ困るでゲソ。

顧問はPCにもこだわりがあるんだなぁ

しんき

銀石の同じケース使ってました。
ケース内のケーブルの取り回しが悪く、HDDがすぐにアッチッチになってしまうため、
現在は机の下で足を乗せる台として活躍しています。
プラグインタイプの電源にすればもう少し幸せになれたのでは、と思い返す今日この頃…。

>はまちくん
小型静音低発熱にはこだわるね。
写真のNLXケースは電源FAN交換に防振加工、10年前の静音PCなんて言葉が無いころからやってますので。

>しんきさん
電源はプラグインタイプですが、まず低発熱パーツの選択が重要でしょうね。
HDDは2.5インチです。3.5インチはもう何年も使ってません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。